第3回、Ivan的ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018(対象作品の微ネタバレ)。全くもって、PSVRの年だった

 今年もやります。毎年恒例にするつもりです。

 世間ではPSVR、盛り上がってないみたいですが、個人的にはどハマりしてます。
 今までとは少し趣旨を変えます。今年発売された、購入した、遊び始めた、にはこだわらず、「今年楽しんだ」ソフトやハードを挙げます。ただし今までのIvan的GOTYで扱った作品・商品は取り上げません。それやっちゃうとドラクエ11が、1位になってしまうのでw(書いてる途中にスイッチ版の発表ありましたが、色々衝撃の内容ですねw)。

 私のGOTY、2016年第1回2017年第2回

 第1位・V!勇者のくせになまいきだR(PS4)ソニー・インタラクティブエンタテインメント 公式サイト私のレビュー

 今年のベスト1はVなまでした。現時点で最高のVRコンテンツとも認定してます。 FF15VRを差し置いて買った、最初の高額VRゲーム(FF15VRは正直、イマイチ)。

 一番の魅力は、ヒロインたる魔王のムスメに決まってるでしょう。かわい過ぎです。

Dd9zmonv0aaufts

 ムスメにおさわりすると、トロフィー取れます!w誰もが取ってるトロフィーです!ww女子プレイヤーだって、そうするでしょ!?www「ふっ、これもいきもののサガか…」wwwww
 
 ボケの魔王とツッコミのムスメによる漫才が楽しすぎる。ムスメはツンデレでもあり、プレイヤー男子のハートを容赦なくブレイクしにかかる。間近で女子に「信じてる」言われるのがあんなに嬉しいとはw。「ハコメガネ」って罵倒もかわい過ぎる。しかし小清水亜美さん、まだお若いのに、芸の幅が広がりましたねえ…(「明日のナージャ」を観てから幾星霜w)。

 私はVRに萌えを求めてる口ですが、Vなまとはそれだけが売りの作品ではなく、リアルタイムストラテジーとしてとても面白いゲームでした。個人的に、RTSを長いこと遊んでなかったんですけど(最後に遊んだの、「フロントミッション オルタナティヴ」かな?)、VRでここまでレベル高いの遊べるとは。2位のゲームと併せて、「VRにジャンルの固定観念持ったらいかんな」と学びました(他にも無料、安価の色んな、ゲーム、アプリを味わいましたから)。

 ムスメは俺の嫁。

 第2位・星の欠片の物語、ひとかけら版(PS4、PC)自転車操業 公式サイト私のレビュー

 ベスト2もVRゲームです。

 一番の魅力はヒロインである…実は、名前が明らかになりません。名前がないのではなく、忘れてるだけの印象です。

Dk8smnmxoaabq9d

 エルフ耳、銀髪、巨乳と、あざといデザイン。所謂「のじゃロリ」なのも、とてもおわかりw。プレイヤーの視点ポインタが赤いほくろみたいに、彼女に映るのも、もおw。阿部里果さんの演技も、大変いい!(スターダムにのし上がるべき人です!)

 ゲームシステムとシナリオ、なによりプレイヤーとヒロインの関係性が、VRゲームってジャンルを恐ろしく深く理解して作られてるの、プレイすればわかります。「VRでノベルゲームってどんなもん?」なんて固定観念、吹き飛ばしてくれます。リリース当初はヒントが書かれたメモが読みにくいとか、操作性などに難があったそうですが、私が遊んだのは幾度ものアプデを経た後だったからか、スムーズに遊べました。

 「ひとかけら版」というタイトルは、このソフトがプロローグでしかないことを表しており、本編が出るかどうかはひとかけら版の売り上げによって決まります。先日Steam版がリリースされたので、皆さん買ってください。海外版も出ます。日本語で言っても効果はないでしょうが、海外の皆さん、よろしくお願いします!

 名前わからんヒロインは俺の嫁。

 第3位・Fate/Grand Order(iOS、Android)TYPE-MOON 公式サイト

 究極のアルティメットなwソーシャルゲームに出会えました。

 最後までクリアしてなく、3章に当たるカリブ海編をクリアしたまでです。しかしそれだけで、「これほどのソシャゲはない!」と思えました。
 コンセプトは、ノベルゲーム。私はまたしても、「ソシャゲでノベルってどんなもん?」と思っちゃったんですが(いい加減にしろよですよねw)、とにかくシナリオのレベルが極上で、物語が面白いゲームに飢えてる私を満足させてくれてます。

 ハマったきっかけは、今年夏のサマーバカンスイベントで、「ここまで本気でシーズナルイベントをやるゲームがあったとは!」と驚きました。FGOどころか、フェイトを全然知らない私が思いっ切り楽しめたので、ハードル低いです。

Img_0514_2_2

 プレイヤーがヒロインにこんなこと言えてしまうイベントだったのだ!え、どちらを選んだか?愚問!ww…え、どういう意味なのか?愚問愚問愚問!www(でも漱石さんが、この表現を考えたかは疑問。もしそうなら、作品で使ってるはずじゃん?w)

 で、本編に取り掛かってさらに驚いたのが、「歴史をおふざけで、冒涜しまくったゲームだと思ってたが、意外と、歴史の真実を語ってるぞ…。偉人リスペクトだぞ…」で、各キャラクターが大変魅力的な、そして歴史へ誠実に描かれてます。
 …まあアーサー王やネロ皇帝や海賊ドレイクがかわいい女の子になってるのは、あんまり庇えないんですけどw。コエテクとは違う形で歴史を真摯に扱ってます。ていうか某C社の「戦国BASARA」がヒド過ぎたんだけどさw。

 マシュは俺の嫁。

 特別部門・ディシディア ファイナルファンタジー NT(PS4)スクウェア・エニックス 公式サイト

 VRでもソシャゲでもない、「フツーのゲーム」(「それの定義は?」なんて聞くなよ!w)がベスト3にないので、特別枠組みます。

13089af706ab5880e853505720cbc6b5_2

 ティナをここまで大喜びで操作したコト、今までなかったw。これ程かわいいとは、流石「デッド・オア・アライブ」のスタッフ。また、ティナの顔を汚したの、格ゲーメーカーのコエテクらしい。スクエニだけで開発してたらやらない。

 そう、今回開発はスクエニ主導でなくコエテクがメインです。テクモのTeam Ninjaは格ゲーのプロ集団でしたし、またコーエーの無双のノウハウも活かされてる。バトルが格闘だけでなく、シミュレーション臭い。コエテクってシナジー効果もあって、ゲーム業界の裏番長となっているw。
 実はプレイし始めたの、先月配信された無料版からで、ごく最近です。それでも特別部門に入れるほど気に入ったの、FFファンへのサービス、というか若いスクエニ、コエテクスタッフのFF愛があふれるほど伝わったからでありまして。

 そもそもFFって、昔はファンサービスが苦手なシリーズで、それが「FF7アドベントチルドレン」から出来るようになって、今ではしっかりファンサービスするブランドとなってます。FF14も15も、ファンサービス…と言うか、吉田さんも田畑さんも大のFFファンに違いないんだよねw。だからファンの気持ちをわかってる。私は気に入ったあまり製品版買っちゃいましたが、FFファンを自認する人なら、無料版プレイして損はないです。

 ティナは俺の嫁。

 ハード部門・Xbox one X 日本マイクロソフト 公式サイト私のレビュー(PS4Proとセットのレビュー)

 一昨年から去年は、ハードの当たり年でしたけど、今年もでした。順に挙げると、

 7/7、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」(正式名称がこれ程クソ長いハードも珍しいw)発売(6/28には通常のミニファミコンも再版)、7/24、「ネオジオミニ」、通常版とインターナショナル版発売(12/24にクリスマス限定版も発売予定)、12/3、「プレイステーション クラシック」発売。

 …ゲーム業界、どしたのw(いい意味で)。

 それはそうと、このチョイスは驚いた人いると思います。ふっふっふ、箱は日本において希少価値で、ステータスなのです!

20180216_030046659_ios

 店でパッケージを拝んだ人すら少ないだろう。存分にご覧あれ。

 「現世代で最高の性能」を常に売りとしてる箱ですけど、ネットを有効活用、悪く言えばネットに依存してるのもXboxの持ち味。で、箱1に至って、箱はネットにとことん強いハードとなった。
 驚くほど多くのゲーム、アプリがDL可能となった。無料のやつも多い。パッケージソフト、まだ一つしか持ってないw。でもそれがあまり問題にならない。ストアの仕様も、とっても便利。
 他のプレイヤーのスクショ、動画、更に生放送が驚くほど簡単に閲覧できる。撮影すると自動でネットにアップされる。見られたくないなら、アカウントを非公開設定にしないといけない…と思う。やったコトないので。
 コミュニティの要素が完全にSNS。いいねやコメントもつけられる。PS4にも似た仕様はあるんですが、ここまでネットに特化してない。スイッチもSNSや動画要素は搭載してますけど、箱1Xと比べてお話にならない(スイッチはむしろそこを強みとしてますが)。

 箱で忘れてはならないの、キネクトです。とは言うもののマイクロソフトさん、キネクトはすっかり諦めてて、生産終了した上に、箱1Xでは専用アダプタを介しなければ使えないんですが(箱1Xが出た初め、アダプタの価格が暴騰した時は絶望しましたけどw、今ではサードパーティが発売してくれてることもあり、値段は正常化してます)、久しぶりに使ったキネクト、実に楽しく、任天堂やソニーとの技術力の差を見せつけてくれます。私の様な客は、箱フリークの中でも少数でしょうがw。「Windows Mixed Reality」、箱で遊びたかったがなー。

 キネクトの繊細なセンサーと、PSVRのヘッドセットと、ジョイコンのセンサーとHD振動を組み合わせれば、最高のVRシステムが出来ますね!wwwそしてバーチャル女子のおっぱいをもみもみしたいー!wwwwwおや、誰か来たようだ。

 箱1Xには…嫁に出来る女子が居ませんがなにか?w(それが最大のネックwwwww)

 ゲームはまだまだ終わりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

2019年、スタート!

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今年の抱負は、しつこいですがPSVRに、こだわります。ギャルゲー買いますw。まず狙ってるのが「サマーレッスン」。店で安いパッケージ版の「宮本ひかり コレクション」から買います。
 それから、「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」買って、「初音ミク VRフューチャーライブ」までとりあえず。サマレスとアイマスVRはDLCも重要なので、追って購入。…我ながら、煩悩が深いw(特にアイマスは、「アイマス商法」なんて言葉があるほど、DLCの沼が深いので、程々にしないとね…w)。

 元々アイマスやセガの初音ミクは、「音ゲーが苦手だから」って理由で敬遠してたんですが、VRなら「手元が見られない」ことには、配慮してるので(○×△□ボタンを分けて押すの、とても苦手)、なんとかなるはずです。ここで、PSMoveを2本買ったのも活きます。モーションコントローラは、リズムゲームにうってつけですからね(だからスクエニの「シアトリズム」シリーズは、大変助かる音ゲーだった)。
 アイマスVRは、YouTubeで「Rit 60fps」というチャンネルさんが、VR動画を熱心にビルドして、配信されてるので、参考になります。VR機器持ってる方は一見の価値アリ。バンナムにとって良き広告塔(言い方w)に違いないw。

 あと今年やりたいのは、PCを買い替えます。長年お世話になってる富士通製買います。富士通は信頼しているメーカーです。今のPCはオーダーメイドでしたが、今度は富士通が用意したセットを買うつもり。18年度から収入が減ったので、あまり贅沢できませんが、なるべく待つのを心掛け、それなりにいい型落ちのを買います。上手く行ったらPCのVRも買いたい。「WindowsMR」を狙っています(同じ年に買うのは、無理かも)。

 あくまで自己満足を目的としてるブログですが、ご覧いただいてる方がそれなりにいるの、感謝しています。ご愛顧、応援これからもお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

2018年も終わります

 今年最後の更新です。

 何度も言ってますが、今年は去年買ったPSVRが本領を発揮した年でした。

Img_0248_2

 ゲームは「Vなま」「星欠け」「ワンピースVR」、また、YouTubeのMMD動画と、DMMのアダルト動画(すみません)にどハマり。それらで思ったのは、
 「女の子って、こんなにも、かわいい存在だったんですね…」
 ああっ、そんな目で見ないで!(-_-;)でもさ、世の中、いい年してそれに気づいてない男子、結構いますよ!?それに女子だって、男の子をカッコいいと思う機会、そんなにないんじゃないですか!?ましてリアルでは!!

 締め括りに醜態を晒してしまいました~www。ではでは皆さん、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

「ハイスコアガール」9巻感想(ネタバレ)。ついに…ついにハルオと大野さんが!

 最終10巻の発売日は決まってたと思い込んでたんですが、押切先生のツイッター見ても、アニメ公式のツイッター読んでも、載ってない。つまり決まっていない。なんで思い込んだんだろorz。ネタバレ読まずに済んで幸運の一語に尽きる。8巻感想のエントリの題に「ネタバレ」表記入れ忘れてしまってゴメンなさい!m(__)mハイスコ公式サイト押切先生公式サイト押切先生ツイッターアニメ公式サイトアニメ公式ツイッター

 当ブログ今までの記事。初の紹介記事4巻とファンブックの感想晶のかわいさについて私見ハルオのカッコよさについて私見5巻感想晶を最萌ヒロインに認定(笑)例の件解決の短文6巻とコンティニューの感想7巻感想。そして、8巻感想。9巻感想は今年中に済ませたかった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

今更ながら、「ハイスコアガール」8巻感想(ネタバレ)。この巻の話ではないが、アニメの小春があまりにもかわい過ぎて、私の小春株が大いに上がったw。それと25万アクセス達成ありがとうございます

 250000ヒット、ご愛顧して下さる皆さんと、名も知らぬ通りすがりの皆さんのおかげです。自己満足を第一に書いてるブログがここまで行けたの、自信につながります。

 さっき通しでハイスコ8巻、改めて読みましたが、マンガでも小春のかわいさが昔とは比較にならん程際立っとります。押切先生ご自身、小春の成長には驚いたそうです。先生もアニメスタッフも、「"サブヒロイン"なんて言わせない!」との気迫を感じます。でも私はあくまで晶派ですよ!wハイスコ公式サイト押切先生公式サイト押切先生ツイッターアニメ公式サイトアニメ公式ツイッター

 参考までに、当ブログ初の紹介記事4巻とファンブックの感想晶のかわいさについて私見ハルオのカッコよさについて私見5巻感想晶を最萌ヒロインに認定(笑)例の件解決の短文6巻とコンティニューの感想7巻感想
 …ざっと一通り読み返したけど、我が事ながら、濃いエントリ書いてたねw。ご安心下さい、今回は特濃ですwww。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

41歳の誕生日です

 未だ精神年齢17歳程度の子供大人ですけど、ここ2年ほどで目立った進歩、成長、大規模バージョンアップ(笑)を確実に感じてます。人として当たり前のことにようやく目覚めてる。大きなきっかけとして、「ポケモンGO」で体力ついたのは目覚ましかった。体は資本。一番大事なコトです。
 40歳を振り返って、一年間のゲーム、アニメ、マンガ、ラノベの雑感書きます。

 ゲーム

 40歳の誕生日直後である去年の10/14、「プレイステーションVR」を買いました。それ以来、VRの虜です。
 ゲームよりむしろ、動画にドハマりしてます。「YouTube」のMMD動画、「360Channel」のグラドル動画、「DMM.com」のアダルト動画(すみません(-_-;))。萌えとエロに染まってしまい、特にMMD動画へのハマりは、今でも毎日観ており、異常ですw。こんなに動画を貪ってるの、人生で初めてですw。
 またゲームでも、「V!勇者のくせになまいきだR」、「ワンピース グランドクルーズ」、「星の欠片の物語」など、萌えゲーばかりで…w。PSVRで最初に触れたコンテンツが「サイバーダンガンロンパVR」で、朝日奈さんのおっぱいおしりに衝撃受けまくりw、「フェイト/グランドオーダーVR」でもおっぱいおしりのインパクト大きすぎた、それが運の尽きでしたw。
 これからも「サマーレッスン」や「アイドルマスター シンデレラガルーズVR」や「初音ミク VRフューチャーライブ」など、萌えゲーばっか買う気満々でありw、スクエニモノや任天堂モノより優先順位高いです。今月も環境をよくするため、「プレイステーションMove」のツインパックを買うと決めてます。あ、「モンスターズディープFF15」は正直イマイチです。あれもおっぱいおしり(しつこいw)がスゴいゲームなんですが、それが売りではないw。要するに私はVRにそういうモノ求めてますwww。

 あとは「フェイト/グランドオーダー」を始めたのも大きかったです。あまりの面白さに、今まで遊んだソシャゲが全て色褪せました。完璧にして究極のソシャゲ。物語があれだけ面白いの奇跡。第1部クリアしたらネタにします(もちろん、萌え要素もスゴいのです!w)。
 ソシャゲでは、「テラバトル2」が失敗してしまったのは無念です。でも、坂口さんは今までも数多くの失敗を重ね、乗り越えた人なので、あんまり心配してません。むしろ「テラウォーズ」や「FF15」や「テラバトル(1)」とのコラボで、氏が全然諦めてないのわかって頼もしく思いました。ファンの期待に応えてくれる人です。

 それと、一昨年去年もハードの年でしたが、今年もそうでした。「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」再販、それの「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」発売、「ネオジオミニ」発売、「プレイステーションクラシック」発売予定。私も来月にはネオジオミニ、12月にはPSCを買うつもりです。しっかしあからさまなミニファミコンの後追い商法、SNKもSIEも、メガドラミニ出す予定のセガも、恥ずかしくないんかねえ?w

 アニメ

 私の40歳、つまり去年の10月から今までにかけての個人的覇権アニメは、「シュタインズ・ゲート ゼロ」に決まっています。ありがとう川村監督。脚本の花田さん。千代丸?はいはいせんきう(ウソウソ、心から感謝しておりますw)。
 特に花田さんの功績は限りなく大きいと考えてます。だって、大きく2本のルートに分岐し、更に5本のエンディングに分かれ、そしてトゥルーエンドに収束される、そんな原作のシナリオを、オムニバスではなく一本の物語にまとめてくれた、しかもドラマCDの展開まで盛り込んで下さった(最終回の「無限遠点のアークライト」には皆さん驚いたと思われますが、実は「哀心迷図のバベル」の伏線まで回収している)、こんな離れ業が出来る脚本家なんて、そうはいませんよ。2年の準備期間を必要としたの、当たり前です。それでも足りない。
 特に紅莉栖がまゆりとオカリンのために再び身をなげうった8話、ついに"鳳凰院凶真"が復活した21話、この2つは神ってました(死語w)。あれに感動せず何に泣けというのか。まさに神アニメでした。

 また個人的なお気に入りをいうと、「カードキャプターさくら クリアカード編」は大好きでした。アレのために日曜朝7時前に起きるの、何の苦でもありませんでしたw。
 そもそもあれは、実時間で20年前の(!)前作から、妹の影響で原作も読んでた作品で、クリアカード編原作も読んでます。妹のおかげで当時流行りの少女マンガを、父のおかげで古典的少女マンガを共に読めたの、幸運の一語に尽きます。マンガ読むのに家族の影響ってデカいですよね。私の友人にも、姉がいたので少女マンガ読んでた奴、何人かいます。
 劇中の時間で前作の3年後なので、キャラの人物像がかなり変わってたのですけど(特にさくらちゃんがあんなにも「女」になってたwのは新鮮な驚きだった)、声優の加齢もまた強く感じた作品。丹下桜さんなんか、かなり変わってました。でも彼女の場合、キャラも変わってたので違和感少なかったですが、緒方恵美さんの変わりようには驚いた。彼女が担当した雪兎さん(月)はそんなに変わってなかったので、時の重みを思い知りました。ケロちゃんと知世はキャラも中の人も全然変わってないw。くまいさんがさくらちゃんへの愛情、小狼と完全に同化してたのがまたw。

 世間的な覇権アニメは、まあ「ポプテピピック」で決まりですよねw。コレは"近年のテレビアニメはクオリティ高すぎるので、我々はあえて低くして勝負しよう""声優ブームなので、こういう使い方はどうだろうか?"と今までにない発想した、エポックメイキングだと認められるアニメです。個人的な好みではないんですがw。

 あと今年から「アマゾンプライムビデオ」を利用し始めました。お試しのつもりが、課金を決断してしまいました。なんと至れり尽くせりなサービスなのだw。

 マンガ

 「背すじをピン!と」から引き続き、横田卓馬先生に魅入られております。
 40の誕生日前から「シューダン!」が始まって至福の日々でしたが、すぐに終わってしまいドン底に落ちましたorz。これで私、少年ジャンプを見限りました。

 …そうなのです。今年度から雑誌の毎週・毎月購読を一切打ち切りました。少年ジャンプ、週刊ファミ通、りぼん(読んでたんですw)。全てやめた。18年度から収入が減るのは決まっていたので、何かを切り捨てる必要あったのですが、自分自身ここまでバッサリジャンプやファミ通を切り捨てるとは思わなかった。
 そしたら、お金が大いに浮いて、自由時間も大幅に増えました!それまで雑誌がこんなにも生活の負担になってたとは、思わなかった。正直、横田先生がどこかの雑誌で(私が求めてる)青春路線マンガの連載を始めたとして、その雑誌買うかは大変疑問です(-_-;)。

 まあそれはともかく、シューダン終了後すぐ、「ダンゲロス1969」の連載開始が発表されたのは、実はげんなりしましたw。横田先生にああいうの求めてなかったので。でもそのくらいの違った側面を見せられた程度で見限るなんて、私の横田愛そこまで浅くない。つかそんなのは愛でもなんでもない。むしろ辛くても追っかけるのが愛w。で、ダンゲロス新作の単行本買ったら、前作より面白かったので安堵しました。私がそれなりに求めてる面白さであったのも。
 それに、電子書籍版の「オナニーマスター黒沢」(ヒドいタイトルですが、読後感は第一印象と180度違います)、「獣の女王」、あとは"マジック:ザ・ギャザリング"(実は全然遊んでない(-_-;))モノである「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」が載った少年エース、喜んで買いました。特にMTGのやつ、"全ての30代に捧ぐ"なんてアオリついてましたが、「ゼノギアス」や「新機動戦記ガンダムW」、「YAT安心!宇宙旅行」は私にとっても青春でしたよ!www微塵もジェネレーションギャップを感じませんよ、伊勢先生、横田先生!wwwww(横田先生が以前、"「聖剣伝説2」は青春だった"と言ってたのも、全く同時代の香りw)無論、先生の女子イラストが載ったジャンプ、特別に買いましたよ!

 これからも横田先生を追い続けます。

 追記・書き忘れてましたが、「キン肉マン」続編がこの上なく素晴らし過ぎた一年でもありました。
 完璧超人始祖編が終わって、"これに劣らない展開描けるのかな"と思いましたが、全くの杞憂!新しい謎の敵、オメガの民。どうもそれほどの悪党たちではないらしい。正義五本槍、まさかの面子。カナディアンマンの名誉回復を賭けた健闘と敗北。ウルフマンまさかのw37年ぶり白星!
 そして運命の王子たちの助力!マリポーサの勝利に感動。ビッグボディの「見ているか、ペンチマン、レオパルドン、ゴーレムマン、キャノン・ボーラー!」(!!!!!)から幻の技、"メイプルリーフクラッチ"での勝利には本当に落涙。
 「キン肉マン2世」で問題視された点を全て修正して描かれた、見事な続編。ゆでたまご先生らしくなくw、伏線を周到に張って、過去作の展開も思い出して描いてる。"ゆでがこんなに頭よかったとは!"と超失礼に思ってしまうほどw、知恵絞って描いてます。御見逸れしました。

 ラノベ

 近年退化してる点に、小説を全然読まなくなったことが。「グイン・サーガ」続編も買ってはいますが、積んでます。別に栗本先生が書いてないのは認めんなんてつもり、微塵もありませんが。
 なので「星界の戦旗6」では、久しぶりに小説読む醍醐味を味わいました。ゲームやVR動画とは、使う脳味噌の箇所が全然違う。たまには小説読まないと、と痛感しました。森岡浩之先生!戦旗7をすぐに出すの難しくても、「星界の断章4」なら割とすぐに出せるんじゃないですか!?(勝手なコト言うなw)

 …ただの18年オタク総括になってしまったw。秋は家族の誕生日が集中してるのでケーキ三昧です。どんなに歳食っても、誕生日祝える家族なのは誇りです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

「星界の戦旗6 帝国の雷鳴」感想(ネタバレ)。熟年夫婦レベルの愛を育んでたラフィール殿下とジント!そして2人が与り知らぬところでドゥヒールの苦労w

 エントリの題からしてなかなかのネタバレですがw、星界シリーズ5年ぶりの新作です。これを「割と早かったな」思てしまった私はよく調教されたファンw(4から5は9年待ちましたから)。戦旗5感想公式サイト「星界の紋章」のコミカライズもよろしく!キャラを語るスタイルで(人名が長い作品なので大変だw)。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

「星の欠片の物語、ひとかけら版」感想(ネタバレ中程度)。VRコンテンツに飢えてる人、買う価値大いにありますよ!

 ネト友がおススメしてたので、手を出しましたが、傑作でした!ファミ通やようつべの評価を信じてはいけません!公式サイト

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

「ダンゲロス1969」1巻感想(ネタバレ)。…こらぁ!架神ぃ!横田ぁ!また感想に困るマンガ描くなや!w

 面白いマンガでした。いちいち伏せ字を入れなければ私のプライドが傷つくw。でもなんとか書きます。作風が作風なので、あまり愛は込められませんがw。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

「ファイナルファンタジー15」感想(ネタバレ)。"はじめてFINAL FANTASYをプレイする方と、すべてのファンの為に――"は、断じて嘘やお為ごかしではない!

 前提として、全てのDLCを落とし、最新のバージョンにアップデートしてます。クリアをそこまで待って得したのではある。FF13第一印象FF14暫定感想。FF15体験版、エピソードダスカ感想ジャッジメントディスク感想。FF15映画、キングスグレイブ感想(FFについては当ブログたくさん語ったので、まさぐって下さいw)。公式サイト

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«「ゆうべはお楽しみでしたね」4巻感想(ネタバレ)。なぜ今更w。それはそうと、ついに言えたね、パウさん!