« 「シュタインズ・ゲート比翼恋理のだーりん」感想(ネタバレ注意) | トップページ | 「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」発表 »

2011年9月 2日 (金)

「コクリコ坂から」感想(ネタバレ、激辛注意)

 特に宮崎駿氏をボロクソにけなしているので、駿信者は読まない方がいいです…。

 まず、いい所を最初に挙げると、カルチェラタンの造形は流石は腐ってもジブリだと。
 ジブリはやはり「建築」ってもんがわかってるな。色気のない建築が多い日本に住んでるとなおさらそう思います。コクリコ荘もいいですね。

 で、ここから毒吐きます。

 演技のレベルがこれだけ低い映画を観るのは初めてでした。
 元々ジブリは本職の声優を使わず、俳優を起用する方針を「もののけ姫」あたりから採っていましたが、それがここまで裏目に出ることは今までなかった。
 吾朗氏や鈴木氏の責任は重いですが、何より俳優陣とアフレコ演出の方は猛省して下さい。

 オープニングで海がご飯の支度をする場面は最初観た時は「いいな」と思ってましたが、全部観た後で考えると、これは「ジブリらしさ」を演出するために、意図的に入れられたシーンだ、とにらむのは穿ちすぎなのでしょうか?

 討論会の場面で、俊が「ワ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ!」と笑うのには「吾朗さんは駿さんの悪いところを受け継いでないか?」と。

 「兄妹で恋してもいいの?」という話が展開しているのに「兄妹じゃなかった」ってオチはなんというご都合主義。「いかにもマンネリな安直なモチーフなので慎重なとりあつかいが必要である」と駿さん言ってましたが、ちっとも慎重じゃないですよ。

 何より一番イヤだったのは「当時の学生ってあんなに暑苦しくて、鬱陶しくて、面倒臭かったの!?」ってこと。
 フィクションではないのか、と思ったのですが一緒に観たアラカンの父(学生運動に参加していた)曰く、「本当にああだったのだ」とのことで、私はハッキリ言って「あの時代に生まれなくてよかった」とさえ思った。でもこの映画はそう思わせては敗北なのでは?
 そもそも吾朗監督はあの時代の空気なんてほとんど知らないはずの歳です。駿パパが介入したことで当時のイヤな空気が再現されてしまった。

 もともと大した作品にならない映画ですが、駿氏が介入することでさらに台無しになっている。
 例えば海が俊に告白するのは「耳をすませば」のラストの「結婚しよう」と並ぶほどの薄ら寒さを感じました。特に今回はファンタジー要素がないので、もう少しリアルな脚本書いてほしかった。
 そもそも駿さんは作品を発表する時、なんでいつも「理念」を口にするのでしょうか?10行、100行の理念では語れないから、長い作品を作るのではないでしょうか?「観に来てくれたお客さんに心底楽しんでもらおう」という精神さえあれば娯楽映画作りはそれでいいのではないでしょうか?

 何より、アリエッティやコクリコのプロジェクトはジブリが駿氏から一人立ちするための企画であったはず。それに駿氏が介入するのは本末転倒だと思いますが。介入を許すジブリもジブリですが、駿氏もいい加減老害です。
 ジブリはむしろ、「猫の恩返し」をモデルケースとすべきです。あれにも駿さんは関わってますが、あの作品には「駿カラーをなるべく脱臭しよう」との制作陣の意志を感じました。少なくとも、もう他人の映画の脚本を書かせてはいけないです。

 ジブリの未来はこのままでは暗い…。

|

« 「シュタインズ・ゲート比翼恋理のだーりん」感想(ネタバレ注意) | トップページ | 「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」発表 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

僕の感想と違って的確な批評だと思います。
>オープニングで海がご飯の支度をする場面は最初観た時は「いいな」と思ってましたが、全部観た後で考えると、これは「ジブリらしさ」を演出するために、意図的に入れられたシーンだ、とにらむのは穿ちすぎなのでしょうか?
これ僕も感じました。確かにいかにもジブリらしいシーンなんですけど、全体から見ると浮いていたような気がしてなりません。
あとこのシーンの音楽ははっきり言って合っているとは言い難かった。
>「兄妹で恋してもいいの?」という話が展開しているのに「兄妹じゃなかった」ってオチはなんというご都合主義。
同感です。これって原作ではどう扱われているんでしょ。今度読んでみないと。

興行的にもあまり振るってはいないようですね。ジブリの明日はどっちだ。

投稿: yukkun20 | 2011年9月 4日 (日) 22時29分

 yukkun20さんジブリファンなのに評価していただけるとは、恐縮です。

>このシーンの音楽ははっきり言って合っているとは言い難かった。
 それって献立の歌ですよね?私は好きでした。

>これって原作ではどう扱われているんでしょ。
 少女マンガでこういう話は結構あるので原作でも同じかも。
 ジブリは原作ものでは本来の作品とはまるで別物の映画しか作らない。ナウシカやもののけのような宮崎氏原作でさえ別物になる。

>ジブリの明日はどっちだ。
 これからの日本のアニメ文化を守る担い手はジブリではないかもですね。カラーかな?京アニやシャフトではないと思う。

 ちなみに、シュタゲだーりん感想エントリでのyukkun20さんのコメントにレス付けなかったのは、いいリアクションが考えつかなかったからです。結構考えたんだけど、ゴメン。

投稿: Ivan | 2011年9月 6日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535592/52626870

この記事へのトラックバック一覧です: 「コクリコ坂から」感想(ネタバレ、激辛注意):

« 「シュタインズ・ゲート比翼恋理のだーりん」感想(ネタバレ注意) | トップページ | 「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」発表 »