« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想(ネタバレアリ) | トップページ | 残念です。 »

2012年12月16日 (日)

Wii U ファーストインプレッション

 任天堂信者(妊娠という言葉は嫌い)にはちと厳しい内容。

 まず言いたいのは、本体にLANポートを標準装備しなかった担当者は海より深く反省しろっ!いまさらWii専用LANアダプタなんて使いたかねえんだよっ!
 ソフトを開いたり,、WiiUモードとWiiモードを切り替える読み込み時に、10秒かかるのもイラッとさせられる。読み込み時間の短縮はゲーム機の基本なのだがな。
 WiiからWiiUへの引っ越しが出来るのだが、コレもかなり不便でこれなら引っ越さない方が良かったと思うほどだ。
 大体、WiiUモードからWiiモードへ切り替える(切り替えなければ使えないのもなんだか。同じ画面で操作できるように出来なかったのか?)際、2タッチ操作を必要とするのは堪らないめんどくささだ。1タッチで切り替えられるようにせんかい!
 とまあ、細かい不満を言いだせば切りがない。こんなに欠点だらけのハードを見るとどうも私には、任天堂は「どうせあとでネットを介したバージョンアップ(更新)で修正するからいいや」と見切り発車をしたとしか思えない。どうしてこうなった!?

 誤解してほしくないし、任天堂の名誉のためにも言うのだがソフトはすごくいいのだ!
 NewマリオUもニンテンドーランドも欠点らしい欠点は無く、高いレベルで面白い。また内蔵ソフトのMiiverse(ゲームを楽しむために最適化されたSNS、と言えばわかるか)は「こんなサービスが欲しかったんだ!」と言えるほど素晴らしく、任天堂のソフト開発力は未だ世界トップクラスと誇っていい。

 つまり問題なのはハード開発力(そう言えば3DSも不満が多かった)。近年日本の産業は元気がないと言われるが、その競争力の低下は円高のせいばかりでなく、産業そのものに設備投資や研究開発するだけの力が無くなっている点で極めて深刻なのだ(ってごめんなさい、ここ全部高村薫さんが言ったことのパクリ)。ま、まあこれはゲーム業界も同じことが言えるはずで、日本のゲーム会社で唯一元気だと言われていた任天堂も例外ではなかったというコト。

 日本のゲームが元気になればいいとは、日本のゲーム好きなら誰しも望むことであるが、どんなジャンルであれ「黄金時代(ゲームなら90年代か)」といえる時代は長続きするものではなく、後で人為的に復活させることなど不可能、という事は例えばマンガ業界を見ればわかることだ(「マンガ家に投資すればマンガが元気になる」などというナンセンスな話は誰もしないでしょ)。日本ゲームの復活はそれこそ「天」に「任」せるしかない。

 今回任天堂は最初つまづいたが、日本コンシューマーゲームの代表選手として今後の施策で成功してもらいたい。希望はあるのだ。

|

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想(ネタバレアリ) | トップページ | 残念です。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

うわ、今どきLANポート外付けはないわー。
引越システムの悪さはあちこちで酷評されていましたね。やろうとしたことはわからなくはないんだけど、なんでこんなややこしい方法にしちゃったんでしょう。WiiUの方だけタブコンで操作できるようにしておけば良かったのではないかと。

とはいえ、ソフトの優秀さはさすがですね。僕も今のところこれと言ってやりたいソフトがないので購入は控えていますが、いつかグッとくるソフトが出たら買おうと思います。3DSもそう言って1年経っちゃったけど…

投稿: yukkun20 | 2012年12月16日 (日) 22時16分

>今どきLANポート外付けはないわー
 やっぱり時代遅れの仕様なんですね。ですよねー。

>いつかグッとくるソフトが出たら買おうと思います
 そのうちテイルズ出るでしょうね。ゲームパッドをテイルズでどう使うか空想して待ってるといいかも。

投稿: Ivan | 2012年12月17日 (月) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535592/56330737

この記事へのトラックバック一覧です: Wii U ファーストインプレッション:

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想(ネタバレアリ) | トップページ | 残念です。 »