« かつて、大野晶ほどかわいいヒロインが存在しただろうか(ハイスコアガール談議) | トップページ | ラブコメもの、ギャルゲーのカッコいい主人公とは »

2013年7月 4日 (木曜日)

ヒロインとしての(シュタインズ・ゲート談義)

 まゆりの魅力がだんだんわかってきました。
 「いままでわかってなかったんかい!」と言われそうですが、わかってたつもりなんですけど、「まだまだ紅莉栖の方が役者が上だな」と思ってたんです。
 でも劇場版観たあたりから思ったのが「これでまゆりの恋路が終わるのは納得できない…!」感覚。
 そしてフェノグラムの「悠遠不変のポラリス」でのまゆりのカッコかわいさに触れて「まゆりと紅莉栖はオカリンをめぐるライバルであらねばならない…っ!」との思いが生まれました。

 しかしそう思ってもこれは、今後もシュタゲがシリーズとして展開しなければあまり意味がない思いなんだよね。ならば続いてほしいと思いつつ、あまりダラダラ続けると作品のレベルが落ちる危惧がある。
 期待するとすれば、シュタゲは科学アドベンチャーシリーズの一つなのだから、そのシリーズ新作でまゆり、紅莉栖の再登場が在る可能性でしょうが…。それだと彼女らのライバル関係に決着がついてるだろうなと思っちゃうんですよね。

 何とか上手い展開考えて下さいませんか、志倉社長!

|

« かつて、大野晶ほどかわいいヒロインが存在しただろうか(ハイスコアガール談議) | トップページ | ラブコメもの、ギャルゲーのカッコいい主人公とは »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒロインとしての(シュタインズ・ゲート談義):

« かつて、大野晶ほどかわいいヒロインが存在しただろうか(ハイスコアガール談議) | トップページ | ラブコメもの、ギャルゲーのカッコいい主人公とは »