« シリコンスタジオのフォトリアルゲームエンジン(動画紹介) | トップページ | やっぱ嘘をつかれていた? »

2014年5月 2日 (金)

スーパーダンガンロンパ2感想(1・2リロード版、ネタバレ)

 最も重要なキャラから触れます。最重点から語るのが私の手法になってしまった。参考までに、ダンガンロンパ1感想

 狛枝凪斗
 今回モノクマよりこいつの方が怖かった。
 最初苗木くんと同一人物かなと思ってたら1話の裁判パートでマッド過ぎる「希望」に絶句。「苗木くんどうしちゃったんだよ!」と一話ではまだ苗木なのだろうと考えてました。
 しかし中盤から「これほど狂ったキャラが苗木くんなどありえない、でも名前がアナグラム(「なえぎまこと」と「こまえだなぎと」)なので何らかのつながりが…」となったのですが…。
 まさか、苗木くんとは全く何の関係も無い、赤の他人だったとは!orzひどすぎるミスリードだよスパチュンさん!(褒めてません!)

 台詞をほとんど忘れてるので彼がどう狂ってたか例を挙げるのが難しいですが、
 狛枝「仲間の死を糧にして乗り越えて生き延びるって素晴らしい最高の希望だよね!」(緒方恵美さんの声で読んで!)
 上手く再現出来てませんけど、狂いっぷりはある程度伝わるかと。

 彼の狂気が極限まで達するエピソードは何と言っても5話かと。
 「あれほどの存在感を示していた狛枝があっさり殺されるとは!」「何?自殺!?しかしこの自殺は実際には他殺…誰が殺ったのかを証明できない!」「なにい!七海が真犯人!ああ、彼女がおしおき(処刑)されてしまった!」
 最終話ではないのに、ゲームでは稀に見る最狂のライバルキャラと、ダンロン2最愛のヒロインが同時に死ぬという、ショッキングな回でした。

 あと、彼の高人気を腐女子の仕業とする見解を散見しますが、まあ私は腐女子に偏見ないですが、狛枝って断じて女性のみに評価されるキャラではないですよ!?ていうか彼の狂気無きダンロン2のなにがオモロイの!?

 七海千秋
 霧切さんを超えたヒロインかも。彼女の「超高校級」が「ゲーマー」なのは狙ってますねスパチュンさん。花澤さんマジエンジェルボイス…(最近起用され過ぎではあります)。

 彼女は人間ではなく希望更生プログラムの一部なので、生徒の中でただ一人絶望に取り憑かれた経験はないんです。それが希望に繋がって行く…。のが未来機関のシナリオの一つなのでしょうが、カムクライズル(日向創)のプログラム改編によって生徒たちを以前とは違う意味で深い絶望につき落とす。
 しかし七海はモノミ同様あくまで希望更生プログラムとして機能するので「うん…大丈夫、大丈夫」とみんなの支えになってくれる(「…と思うよ」の多さは脱力するけど共感する。私も断言できない人だから)。

 彼女が「裏切り者」だったのだって七海はプログラムなのだからそれに反した行動は出来ないってだけだし。
 5章で一見死んだあともバックアップは残っていたのか、6章の虚無空間で日向に道を示しているので、希望から書き換えられた絶望更生プログラムを終わらせ、希望更生の役割は果たしてます。本望だったのではないでしょうか。

 更生プログラムをシャットダウンしたとしても、プログラムって消したと思っても消えてないことあるので、更生プログラムを再生させれば、彼女の復活はありえなくはない。しかしそうすると江ノ島アルターエゴの復活もありうるので未来機関はそうはしないでしょう。復活したとして七海と日向が結ばれるのはありえないし。日向と共に「二代目超高校級の夫婦」と呼ばれてますが切ない夫婦です(5/2追記・初代超高校級の夫婦は通称「苗霧(ナエギリ)」w。二代目を呼ぶ時は「ヒナナミ」w)。

 最後に重要なこと。2話で彼女の白ビキニに見惚れたのでイベントギャラリーで何度も何度も再生してしまいましたww。「水着がまぶしい」という言葉の意味が初めて感覚としてわかったよwww。貧乳はいいけど巨乳もいいよね(普通は逆だとリア友に言われましたw)。

 モノクマ(江ノ島盾子アルターエゴ)
 「あれ?この流れなら日向じゃないの?」と思われるでしょうが、今だから言っちゃいますけど彼は主人公としての魅力に欠ける(ごめんなさい)。

 今回ものぶ代さんの声で悪の限りを尽くしてくれますが、今回の彼(女)はパロディ多すぎwww(というよりダンロン2全体が)。5/2追記・高齢の大山さんと貴家さんはついて行くの大変だったろうな…。でもちゃんとパロディになってるのが正に“さすが”。
 特に少年ジャンプ率が異常に高く、流星拳だの九頭龍閃だのオラオラだのやりたい放題。全キャラがお笑い成分高くなってますが、モノクマってこんなに笑えたっけwww。
 あと下ネタも増えたなw。こんなんでいいのかコロシアイ修学旅行!(笑)

 彼の正体がまた江ノ島(の分身)だったのはハッキリ言って期待外れ(すみません)。もっと意外な正体を期待してたし、彼女の人類最悪の絶望も人類最悪の希望である狛枝くんのあとでは霞んでしまう…。

 モノミ(ウサミ)
 彼女も希望更生プログラムの一部なので日向たちの味方なんですが、見た目と第一印象がアレだったのと声に感情がこもってない事から生徒たちから信用されない。あとモノクマとの漫才がハマりすぎてるのも不信の一因ww。

 見た目がモノクマに似てる(モノクマの改造前から)理由は私が見落としてるのかわからなかったです。感情が伝わらないのはプログラムだからかと。七海に感情あるのは生徒の一人として接する必要あったからか。

 モノミ「あちしがあんたに勝てないと…みんなが安心して暮らせないんでちゅ!」
 どう見ても「さようならドラえもん」でののび太です本当にありがとうございました!wwwww

 言わせてもらいますが、彼女が主人公の「魔法少女ミラクル★モノミ」、つまんなかったっス!(ごめんなさい)アクションゲームがこうだと「絶対絶望少女」不安になる(すみません)。

 日向創(カムクライズル)
 ああ、やっと主人公が来た(笑)。
 声が高山みなみさんなので懸念してましたが、ちゃんと「名探偵コナン」と演じ分けられてて安心。高山さんたまにコナンと区別がつかない演技ありますが(例えば鬼太郎)、ダンロン2は推理物なので気をつけたんでしょう。

 「主人公としての魅力に欠ける」と言っちゃいましたが、苗木くん以上の普通人として作ったのはどうかと(汗)。苗木くんは一見は「かわいい系男子、草食系」実質は「真犯人を憎まない、鉄の意志力の持ち主」と控えめに見えて確固たる個性のキャラだったので日向にもそのくらいのキャラ立ちがほしかった(「カムクライズル」は個性と言えるけど、彼のダークサイドだから魅力に繋がらない…)。
 せめて「七海に愛の告白をする」ぐらいやってれば印象深かったんですが、結ばれ得ない二人の関係にそれ持ち込んじゃかわいそうとスタッフは考えたのかな。

 以下ざっくりと。

 終里赤音
 女サイヤ人(笑)。「あんたは悟空かっ!?」と何度も思わされたww。

 十神白夜(超高校級の詐欺師)
 ハイ、まんまと騙されました。本物の十神(と苗木と霧切)が出て来たシーンは歓声を上げた。

 ソニア・ネヴァーマインド
 彼女の80年代バブル期のネタがわかってしまう自分が幾分カナシイ。www

 田中眼蛇夢
 シュタゲのオカリンとは違うタイプの厨ニ病キャラ。実は存外マトモな価値観と感性を持つ人間。最後まで生き残ってほしかった。

 西園寺日寄子
 前作にいなかったロリ担当。初プレイ時では観られなかった彼女と小泉の「洗いっこ」楽しみにしてました…(ハイハイ、ゲスゲス)。イベントギャラリーではボイスが再生されるのが心憎い。

 左右田和一
 私的にはどうでもいいキャラですが…(前作の葉隠のポジション)。1よりは各キャラの「超高校級」設定は活かされてる。彼もメカニックとして軍事施設には興味津々(アイランドモード)。

 小泉真昼
 エキセントリックな女子が多い中、彼女の普通さには癒される。「それほど美人ではない」(公式発言)のがむしろかわいい。でも早目に殺されちゃうんだよね…。

 花村輝々
 最初の真犯人で、下ネタ担当。でも彼の「料理人」スキルはとてつもなく役に立つので、彼の早期退場は残った生徒全員にとって痛かった。

 罪木蜜柑
 男に媚びすぎか。七海を除く生徒皆の正体である、「超高校級の絶望」としての本性にいち早く目覚めたのにはビビる。

 弐大猫丸
 あれだけの身体スペックを誇りながら裏方に徹する彼の姿勢は好感持てる。メカにされてもめげないメンタルは見習うべきだが、生き残れなくて残念。

 澪田唯吹
 今作一番よくわからないのはこの人。いわゆるバカキャラだが、彼女の音楽性(トンデモないシロモノ)を理解して組むバンドのメンバーっているんだろうか?

 九頭龍冬彦
 彼は辺古山に救われ、西園寺に許された命をもう粗末にはしないだろうと私は考えたので、最後まで生き残ると予想してた。当たりました。

 辺古山ペコ
 生徒の中ではマトモな方でしたが、九頭龍をかばって手を汚すのが切ない。主従じゃなく、一介の少年少女としての辺古山と九頭龍が見たかった。5/2追記・「キラキラちゃん」になった時は訳がわからなかったけど、なるほど…。

 散々絶望させられる(面白いのが不思議)ゲームですが希望を一つ。彼ら彼女らの「コロシアイ」は絶望更生プログラムの中で行われた仮想の殺人であり、物理的に完全に死んだのではないのです。誰かか「蘇生はほぼ不可能」と言った覚えありますが、希望は残されてます。ガンバレ日向。

 あれ、アイランドモードが印象に残ってない…。

 5/2追記・表現を多数修正・追加しました。

|

« シリコンスタジオのフォトリアルゲームエンジン(動画紹介) | トップページ | やっぱ嘘をつかれていた? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

これまた読み応えのあるレビューですね…
そろそろ記憶が薄れてきたのでコメントは薄口で申し訳ない。

> 狛枝
モノクマこそがダンロン1なら、彼こそダンロン2といってもいいキャラでしたね。5話の展開はぼくにも衝撃的すぎました。そのあとにもっと衝撃的なことが起きましたけど…

> 七海
水着については完全同意。

> モノクマ
とはいえあれほどのキャラの中の人が変わっていた…という展開だったらちょっと納得いかなかったかも。そういう意味で僕は江ノ島だったことに安心しました。

> モノミ
ミラクル☆モノミを見ても分かるとおり彼女は彼女なりにがんばっていたんですけどねぇ。アイランドモードの無双っぷりに笑いました。

> ソニア
僕も普通に笑ってましたけど、あれメインの客層には通じないネタ多かったですね…。

> 小泉
意外といろんな人に気を遣っているような感じがしていい子でした。カメラ持ちという時点で生存は諦めてましたけど…(推理ものでは死亡フラグですよね)

> 罪木
お仕置きの内容が意味深すぎる。と思う。

個人的には1よりも2の方がキャラが立っていてよかったと思います。Ivanさんのおっしゃるとおり、超高校級の設定も結構生かされてましたし…。

投稿: yukkun20 | 2014年5月12日 (月) 23時46分

 今日は不眠じゃなく早起きです。

>これまた読み応えのあるレビューですね…
 むしろ1のレビューが力入ってなかったと反省。特に十神について、もっと書ける事あったなと。
>コメントは薄口で申し訳ない
 こちらこそ気の利いたレスは返せませぬ。

>モノクマこそがダンロン1なら、彼こそダンロン2といってもいいキャラでしたね
 ダンロンはのぶ代さんとオガちゃんの凄さを味わうゲームです(笑)。大山さんは3にも出演確定に決まってますが、緒方さんもまた出てきてくれ。

>水着については完全同意
 オタにありがちな嗜好としてスク水に萌えるのが多いのですが(笑)、七海はスク水じゃなくてよかった…。ビキニにここまで萌えたのは初めてか。

>とはいえあれほどのキャラの中の人が変わっていた…という展開だったらちょっと納得いかなかったかも
 3ではさすがに違うんじゃないすか?

>アイランドモードの無双っぷりに笑いました
 「メニョー」「キャプチュー」オノマトペは荒木飛呂彦レベルwww。

>あれメインの客層には通じないネタ多かったですね…
 十代終盤から二十代がメインターゲットかな。女性ファンが多いはず。

>推理ものでは死亡フラグですよね
 推理物に詳しくないんで、カメラマンが死にやすいと知りませんでした。逆転裁判ではそんなことなかったし…。

>お仕置きの内容が意味深すぎる
 性的な意味でですなわかります(最低)。

>個人的には1よりも2の方がキャラが立っていてよかったと思います
 あんまり立ちすぎても共感しにくいのでこのぐらいがベターかと。3はトンガリ過ぎないでほしい。

投稿: Ivan | 2014年5月13日 (火) 05時33分

すいません・・・
ニヨニヨしながら拝見しましたbleah
そうか・・・やはりあっちではだいぶ抑えておられますね(笑)

投稿: りふ | 2014年10月10日 (金) 17時29分

 そりゃそうです。ミバスは私のモノではないですから。このブログは私のモノなので自分の好きに書いてます。

投稿: Ivan | 2014年10月10日 (金) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535592/59567791

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーダンガンロンパ2感想(1・2リロード版、ネタバレ):

« シリコンスタジオのフォトリアルゲームエンジン(動画紹介) | トップページ | やっぱ嘘をつかれていた? »