« テラバトル、メビウスFFのコラボクエスト | トップページ | スクエニMMOネタ »

2015年10月14日 (水)

「思い出のマーニー」感想(ネタバレ)

 他人の評判よりずっと面白い映画でした。そして、宮崎駿監督には作れない映画だと思いました。

 まず、主人公の杏奈は人付き合いが苦手で、周りに馴染めず、養親である親にもわだかまりを持っている、ジブリでは珍しい内向的な主人公で、そこが宮崎さんには作れないと思いました。
 自分の容姿をかわいくないと思いこんでるのも今までになく(まあ、エンタメのヒロインが本当にかわいくないことは珍しいですが…)、要するに自分が嫌いで劣等感を持っている、屈折してひねくれた主人公。そこは私も近いので、親近感を持てました。

 観るまでマーニーの正体を誤解してましたが、放送の後日ビデオで本腰を入れて観てる途中、当日観てた妹から「正体は○○」とネタバレ喰らったのでw、マーニーの行動は意味がわかった上で観てました(それで逆に楽しめたのかも)。
 脚本はセンスによる思い付きだけで書いてるとしか思えない(笑 言い過ぎw)、宮さんとは違って、米林監督初め脚本家は理詰めでシナリオを考えており、好感持てました。

 これは触れねばならないと思うのが、杏奈が療養のために赴いた田舎町が「北海道にはこんな素晴らしい土地があるのか!?」と思わされるほど美しく、美術監督に力を入れた成果は出ていると感じます。
 人物の造形も良く、この点も作画監督をテコ入れした意義は大きいと感じました(今回も飯テロ見事でしたし)。

 あと、杏奈は人間不信のきらいがありますが、マーニーとの友情のみならず、大岩夫妻の善良さに心溶かされて、母とも和解する、ハッピーエンドになってます。杏奈は節介焼きの知人に、「ふとっちょブタ」と暴言吐いてしまう問題児ですが、それを知人の親から抗議されても、咎めなかった大岩夫妻は偉かった。「子供の問題に親は口出さない」考え方は今ではアナクロですが、好きになれる描写でした。杏奈はラストでその知人に謝罪してます。つまり素直になったんです。

 それと問題の演技ですが、宮さんや高畑監督ほど問題外ではなく、それなりの演出だと思いました。それでもアニメの一般的水準には及びませんが(汗)。

 最後は杏奈に人として一つ説教。君、自分を残して逝った両親と祖母を恨んでるけど、残した方も無念で辛かったんだぞ。

|

« テラバトル、メビウスFFのコラボクエスト | トップページ | スクエニMMOネタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なかなか好意的なコメントですね。

僕の感想は以前ブログに書いたとおりなんですが、僕が映画に求めるものが「明るさ」であることと、Ivanさんと違って主人公にほとんど感情移入出来なかったのが、評価に大きな違いを生んでいるような気がします。(でも最近のジブリ映画の中では評価高い方ですが…

でも周囲の人達に恵まれていたというのは僕もすごく感じました。杏奈が素直になれたのが、マーニーとの友情だけがその理由だとすると、結局自己完結しただけじゃん!ということになると思いますので…そういう意味で、全体的には暗いのですが、見終わったあとは爽やかな気持ちになれたと思います。

投稿: yukkun20 | 2015年10月14日 (水) 22時18分

>なかなか好意的なコメントですね
 私は高く評価しました。

>僕が映画に求めるものが「明るさ」であることと、Ivanさんと違って主人公にほとんど感情移入出来なかったのが、評価に大きな違いを生んでいるような気がします
 主人公に「明るさ」を求めてるならFFファンはやってませんよ!www(エヴァのシンジの気持ちも、ある程度わかりますからwww)。自己評価が低い人間には共感しやすい主人公と思います。

>周囲の人達に恵まれていたというのは僕もすごく感じました
 彩香もなかなかの友人ですし。「全体的には暗いのですが」と言うほど暗いかな、アレwwwww。だいたい宮崎アニメの主人公みんながみんな、明るすぎるんじゃい!wwwww(冗談抜きで大笑いしてます)。

投稿: Ivan | 2015年10月14日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535592/62472646

この記事へのトラックバック一覧です: 「思い出のマーニー」感想(ネタバレ):

« テラバトル、メビウスFFのコラボクエスト | トップページ | スクエニMMOネタ »