« ファイナルファンタジー15 ジャッジメント ディスク ファーストインプレッション(未クリア、プレイタイム4時間、バレなし)。今日は2記事更新 | トップページ | 2016年、Ivan的ゲーム・オブ・ザ・イヤー、ベスト3(こういう企画は意外とやってなかった) »

2016年12月13日 (火曜日)

「ゆうべはお楽しみでしたね」3巻感想(ネタバレ)

 なぜかモチベーションが恐ろしく落ちてましたが、気合入れて書きます。1・2巻感想(作品のあらまし)公式サイト。3巻は表紙のゴローさんがかわいくセクシーで嬉しい。

 サーバー20(20話という意味。「サーバーに番号」はDQ10で普通に触れる用語)

 ドラゴンクエスト10には「ドルボード」というアイテムのシステムがあります。ファイナルファンタジー14・11で言う「マウント」で、つまりフィールドを高速移動できる乗り物。速い上、モンスターとのエンカウントを回避しやすいので、ほぼ必須のアイテムです。
 3巻冒頭の話題がそれなんですが、ドルボードは見た目を変えられます。最初は超古代文明のオーバーテクノロジーで開発された機械だったんですけど、今ではなんでもありになってますw。

 で、ゲーム中のパウダー、ゴローの仲間(チーム「ヘブンスライム」のメンバー)であるオーガ女子のドリップさんが、
 ドリップ「みんなーーー ドルボードでプクリポとあいのりが出来る様になったぞーーー!!!」
 とテンション高く叫ぶ。
 パウダー「あいのりってプクリポ限定じゃないよね?」
 タミイ「ドリさんの中ではプクリポ限定なんだよ……」
 あいのりはその日実装されたばかりで、なのにもう持ってるドリさんに驚くパウさんたち。その種明かし、
 ドリップ「ショップで買った 即決リアルマネー!!」
 …個人的には、ドラクエ10やFF14でリアルマネーでアイテムが買える仕様、どうかと思ってましたが、私もアイテム課金や有料ダウンロードコンテンツ、ソシャゲの課金ガチャにお金を注ぎ込んでるので、もうなにも言えませんw。リアルマネートレードを禁止してるゲームとしてどうかと思ってたんですが、それはDLCやガチャでもほとんど同じことですから…。

 そしてリアルでのパウダーの中の人、さつきたくみくんとゴローの中の人、おかもとみやこさんが夕食の会話で、
 みやこ「しかし二人乗りとか懐かしいよね~ 学生時代思いだしたわ」
 たくみ「え…」
 みやこ「パウさんも彼女と二人乗りとかしなかった?」
 たくみ「ふ 二人乗りは……したことないかな~~……」
 みやこ「あ そうなの?」
 たくみ(……助けて! なんか流れで 俺に昔 彼女いたみたいな感じになってる……!! いた事ないよ! 告白された事も告白した事もないんだよ……!!)
 みやこ「……てかさ パウさんに彼女いたんだね」
 たくみ(ひぃ)
 こ、これは居たたまれない!みやこさん、彼氏彼女いて当たり前だと考えるんじゃないよ!私?…人並みの青春はあったと言える。ちと変わったシチュエーションでしたが。
 たくみ(つうか俺の元カノとかゴローさん的には興味ないよな…… へへへ)
 みやこ(…… 別に興味ないけど ちょっとだけ気になる)
 おやおやおや~?w男と女の気持ちが食い違うのはラブコメの基本。

 サーバー21

 冒頭でモンハンらしきゲームを同僚としてるたくみくん。
 みやこ「てかパウさんさぁ コミュ障ぶってるくせに 普通にバイト仲間と仲いんじゃん」
 たくみ「いやいやいやゲームのおかげだからね?」
 ネト友が「ゲームをみんなでプレイできる人はコミュ障じゃない」と言ってました。全くだ!wさらに私に言わせればネトゲで普通にチャットができる人はコミュ障でもなんでもないよ!(ぼっち系ネトゲプレイヤーのIvan)

 たくみ「俺はゲームがないと会話が出来ない」
 みやこ「そんな情けない事を断言するなよ」
 あ、それはわかる。私もリア友ともネト友ともほぼゲームの話。つかこのブログの名前がw。
 たくみ「ちょっと聞いてよ!ホミロンの声くぎゅなんだよ! 完璧かよ!」
 みやこ「はいはい(くぎゅ?)」
 やっぱりみやこさんは声優に興味ないんだw。ホミロンとはドラクエヒーローズのホイミスライムで、マスコットキャラ。近年のスクエニは声優選びも使うのも上手くなって嬉しい。

 この回、どう読んでも他社製ゲームの話を(このマンガはスクウェア・エニックス刊)してますが、ハイスコアガールの件で懲りたのか、実名出してません。かといってパロディ的な名前を出すのでなく、会話の内容でなんのゲームかわかります。
 「三国志系」コエテクの可能性高し。「神や悪魔を仲魔にしたり」メガテンですな。「アイドルゲーム」アイマス。「裁判ゲーム」逆転裁判!「キノコの探偵助手」小沢里奈(アレはなめこゲームのが有名になっちゃったw)。
 みやこさんはオタクじゃないけど、ゲーム経験はたくみくんより豊富そう。なので「ゴローさんが知らないであろうオススメゲームが思い付かな……い」ここでたくみくん、ものすごくトンデモないコト思い付く。

 18 禁 エ ロ ゲ (もちろん男性向け)。

 コラコラコラ!たくみキサマーッ!ドラクエとルームシェアでそれなりに育んできた愛wを、そんな気の迷いで根本から崩壊させるつもりかーッッ!!wwwww なんとか思いとどまったけど、たくみくん、それは「危険な賭け」なんていうマトモなモノではないからな?w
 ギャル的な雰囲気のせいか、昔からあまりゲーム友達ができないみやこさん。なのでたくみくんへ素直に感謝します。それにたくみくんは「俺ほんとゲームなかったらなにも喋れないから」と自嘲しますが、「パウさんゲーム以外の話も出来てるよ?」と指摘し、「そろそろ自分で思ってるほどコミュ障じゃないって気付きなよ」と励ますみやこさん。しかしたくみくん、(……そんなの初めて言われた)と思い、過去の周囲の発言を思い出す。
 「なんか言えよー」「そこで黙るなよ」「何考えてるかわかんないから怖いぞ」「は? なんて?」「お前声小さいよ」
 つ、辛い少年時代を送ってたのか…。みやこさんが来てくれてよかったな。

 みやこ(話しやすいし意外とたくさん喋ってくれるよ?)
 たくみ(それはきっとゴローさんが相手だからだ ゴローさんが話しやすいから ゴローさんが笑ってくれるから 俺が ゴローさんの事が…)
 みやこ(友達なんだから遠慮せず!)
 たくみ(友達としてとても好きだからだ きっとそうだそうに違いない…………)
 見事な自己欺瞞。心の中でも自分の好意を認めない気持ちは、ちょっと経験ないですが、今の関係を壊したくないのは理解できる。

 サーバー22

 みやこ「あのエルフくんは(パウダーさんの)中の人がこんな可愛さのかけらもない やたらデカい成人男性だなんて思いもしないわけじゃん?」
 3巻で気付いたけど、たくみくんって背はけっこう高いんだなあ。でも「かわいさのかけらもない」とまでは思わないな。プクリポ女子演じるだけあって、フェミニンなとこあるし、童顔だし。しかしこのエピソードの発言、
 たくみ「俺はゴローさんの中の人が実際にどんな人か知れてよかったって思ってるよ」これと、
 みやこ「意外と居心地よかったからダラダラここに住んでたけどさ アタシっていつまでここにいていいの?」
 たくみ「いつまでって…… いつまででもいいよ」
 みやこ「適当なこと言うなよ」
 パウさん、自分の言葉がなに意味してるか理解してるのか。あとみやこさんも、
 みやこ(……そういえば 元カレの事 全然思い出さなくなったな…… 本当に……意外と居心地いいんだよね いつまでいようかな……)
 まんざらでもない様子だけど、彼女は口に出さない(ましてたくみくんの前で)ぶん大人。

 サーバー23

 街中で偶然目が合ったみやこさんの待ち合わせに付き合わされるたくみくん。
 たくみ(なんかすごいな…… この俺がオシャレなコーヒー店で可愛い女子とお茶してる……)
 待ち合わせの相手が来てそそくさと帰ろうとするたくみくん。しかし!
 たくみ(やだなんか自然に紹介されてる)
 ここからしばらく、コミュ障パウさんの針のムシロタイムはじまりはじまり~www。いやわかるわ~。私もこういう場は苦手で苦手で…。でも酒飲んでごまかせる身体はちょっとうらやましい。

 話の流れでゴローさんの友だちのバーベキューパーティーに誘われてしまうたくみくん。
 みやこ「そんな…… そんな顔から血の気が失せるほどびっくりしなくても」わかり過ぎる!w
 たくみ「なんなの?一度会ったら友達で毎日会ったら兄弟なの???」
 たくみくんとみやこさん、多分「ドレミファ・どーなっつ!」世代w。私は「ブンブンたいむ」世代。内容ロクに覚えてないが。妹が観てた「にこにこぷん」の方がよっぽど記憶にあるww。
 たくみ(ひ~~恐ろしい目に遭った 早くアストルティアで癒されたい)
 たくみくんのホラータイムは次回に続きますw。それにしても金田一先生、コミュ障オタ男子の気持ちがここまでわかってるとは…w(作者は「金田一蓮十郎」というペンネームですが女性です)。

 あやの「ふふふなんか新鮮でいいな~~ バーベキューたくみくんマジで連れて来てよ♪」
 みやこさんの友達のこの台詞、たくみくんに好意を持ったと考えるのが自然ですが、深読みすると、あやのさんはみやこさんとたくみくんの微妙な距離感の関係に気付いて、この2人をちょっと見たい、あわよくばくっつけたい、もっと穿って見れば2人の仲をひっかき回したい、と企みを持ったという解釈も可能www。ていうか私はそう思った。ストレートにw。

 サーバー24

 あやのさんの誘いにビビりまくるたくみくん。
 たくみ「俺は例えるならスライムなの 中でも最弱のぶちスライムなんだよ! 対してこの間のあやのさんは例えるなら ネルゲルなの」
 みやこ「ラスボスかよ つうかナンバリング混ざってるじゃねえかぶちスライム出すなら6で統一しろよ」
 この台詞、最初「え、金田一先生は10をナンバリングと見做してないの?ショック!」とリアルに動揺しましたが(世間には10をナンバリングから平気で外す自称ドラクエファンがうじゃうじゃいるものなので…)、考えれば「10と6のモンスターが混じってるじゃないか」という意味だったんですね。金田一先生失礼しました(ぶちスライムはナンバリングドラクエで6にしか登場してない、シリーズ的にレアモンスター)。

 みやこ「なんでそんな意味不明な事すんの????」
 あー、ゲーム好きって他人には理解しがたいプレイスタイル取ること、よくありますよねー。私も他人から見たらずいぶん意味不明なことしてるw。

 たくみ・みやこ「ドラゴンクエスト30thおめでとうございます!」
 版元に媚び売ってらっしゃる…!wwwでも私もドラクエ30周年記念エントリ書こうとしてほったらかしにしてあるなー。…まだ間に合う。最悪でも2017年の5月26日までは(ドラクエ1が発売されたのが1986年5月27日。つまり来年のその前日まではドラクエはギリギリ30周年)。

 さて24話が本当に面白いのはここから。
 みやこ「元カレがちょうどこっちに来る用事あるから~って(バーベキューに)参加するんだって」
 たくみ「えっ …… ……えーと ……それは……なかなか 気まずいね…? い……行こうか……?バーベキュー ……」
 みやこ「フフッ そんな真っ青な顔で言われてお願いします は言えないわ―― あっはっは」
 たくみ「ええぇ……」(うぅ情けない……)
 みやこ「でもありがとね その気持ちだけでもうれしいよ」
 勇気を振り絞った、たくみくんは偉いけど、付いて行ってもあんまり意味は無かったろうなー。なぜなら、
 【後日】
 みやこ「バーベキュー楽しかった!元カレちょっと太ってたわ ワハハ!」
 【たくみの心配を他所に普通のテンションで帰ってきたみやこを見てリア充ってやっぱり強い……と怯えるたくみであった】
 というオチがつくからw。リア充とはそういう世界なのか…。じ、次元が違い過ぎる…!www

 そのオチの前に、
 みやこ((たくみとあやのを)ちょっと会わせたくないんだよなぁ……)あれあれ?w

 サーバー25

 個人的に見どころが少ない回。
 みやこ「なんかチームって集まり秘密基地感ない?」
 子供のころ友達と秘密基地を作ってたゴローさん。女子も普通に作っていたのだ。
 みやこ「アタシ大人になったら自然と遊ばなくなるもんだと思ってた」
 傑作ゲーム業界マンガ「東京トイボックス」のうめ先生も「ゲームって大人になったらやらなくなるものだと思ってました」言うてた。
 みやこ「まぁ先の事はわかんないけどさ じいちゃんばあちゃんになってもパウさん一緒に遊ぼーね」
 ゴローさんも天然でこういうコト言うからな~!

 サーバー26

 女の子をお出かけに誘う相談を、ドラクエ10仲間にするパウダー。お目当ての相手はもちろん!でもヘブンスライムのメンバーはゴローさんが女性だと知らないので、「そう」だとは気付きません。
 たくみ(ネトゲ繋がりの顔が見えてないのを不安に思う人もいるかもしれないけど 人と面と向かってコミュニケーション取るのが苦手な人種としては こういうネット中心の繋がりってありがたいなあ リアルの俺だとこんな相談絶対無理だぞ)
 わかるが、それを「コミュ障」と呼べるかははなはだ疑問。

 DQ仲間からパウさんがそういう相談をしてると聞いたゴローさん。
 みやこ「……相談乗るって言ったのに……」
 以前たくみに「職場で気になる子でも出来たんでしょ!いつでも相談乗るよ~~友達なんだから遠慮せず!」と言ってたみやこさん。たくみくんの想い人が「誰」なのかわかってないみやこさんは、それでたくみくんが傷ついたのに気付いてない。

 たくみくんから信用されてないと思って腹を立てるみやこさんですが、当然たくみくんは訳がわかってない。ただそのことはあまり気にせず、勇気を出してみやこさんに、
 たくみ「ド…ドラゴンクエストミュージアムに一緒に行かない?……かな?」
 当時渋谷で、現在大阪でも開催してるイベント。私も行きたかったんだけど、体調不良が相当根深くて…。
 簡単に承諾するみやこさんと、大喜びするたくみくん。温度差もこの2人の持ち味。

 みやこ「もしかしてパウさんアタシを誘う相談をしてたの?」
 たくみ「えっ?えぇっ???」
 みやこ「マリオさんとクラさんがパウさんの事気にしてたよ ちゃんと女の子をデートに誘えたかな~って」
 待てたくみ、お前ヘブスラのメンバーがゴローさんに言うかもと、思ってなかったのかw。口止めをした様子もなかったし。相変わらず想定の甘い男だなあ…。
 たくみ「……っ あの…… それは…… えっと……」(カ――)
 マジテレするたくみくん、男から見てもかわいい。人生初めての行動だもんな…。女子から見たら萌えるだろな~。
 みやこ「ちゃんと誘えたって報告しなきゃね」
 余裕しゃくしゃくのみやこさん。それほどトシは違わないはずなのに、たくみくんよりどれだけ大人なんだ。

 さて問題なくドラクエミュージアムでデートの2人。
 みやこ「ここにいる人みんなゲーム好きなんだな~ってうれしくてなんか感動するんだよね 知らない人だし会話をするでもないんだけどさ 誰かと同じ気持ちを共有してるっていいよね」
 ゲームイベントの醍醐味だよな~。そして、MMOの醍醐味でもある。私がぼっちでもMMOにこだわるのって、そういう意味でもある。ドラクエやFFを選んでるのもFF、DQ好きと世界を共有したいのが大きな動機。
 たくみ(ゴローさんも俺と同じ気持ちだったらいいな 俺はここにはなんとしてもゴローさんと一緒に来たい って思ったんだ)
 これでLOVEの自覚がないのはラブコメの定番。

 サーバー27

 家族でプレイしてる人も多いDQ10。
 たくみ「親子でドラクエもステキだけど夫婦でドラクエもステキだね~~」
 ちょっと女性っぽい目線の台詞。金田一先生、地が入っちゃった?
 みやこ「趣味が同じだと色々理解あっていいかもね」
 たくみ「中には理解してもらえなくてうまくいかないってのも聞くもんね 離婚に発展したケースもあるとか」
 え、パウさん、それ失言。
 みやこ「そだね」
 たくみ(あ しまったゴローさんて元彼とは趣味(ドラクエ10)が原因で別れてるんだった……)
 みやこ「ま パートナー選びは慎重にした方がいいよね~~」

 たくみ(趣味が原因でうまくいかない……か)
 ここから3巻で一番面白かった心の声。
 たくみ(俺だったら 俺だったらゴローさんを悲しませたりしないのにな……)
 一瞬「スゴい自信だ!」と思っちゃったwww。
 あまりに大きなこと考えちゃった自分を叩くたくみ。
 たくみ(何が俺だったら……だ! 俺とゴローさんじゃ釣り合いが取れるわけがないだろ!)
 布団で悶絶するたくみ。ここの「ゴロンゴロン」のかわいく"なさ"、異常であるww。
 たくみ(最近はえ? こんな人がオタクなの?って人がいるから 俺みたいなオタクらしいオタクの肩身が狭いんだよな)
 ゴメンたくみ、そんな経験はあんまりない。

 たくみ(いっそ真面目にシミュレートした方が 合わないって現実が 具体的に見えていいんじゃないか? ……よし もしゴローさんとけ……結婚したら?をシミュレートするぞ?)
 シミュレーションの内容、あえて書きません。なぜなら馬鹿馬鹿しいほどラブコメマンガにありがちなラブラブ新婚生活の描写でしかないからw。特に最後のくだり、男の願望丸出しすぐる。むしろここまで男子の気持ちがわかる金田一先生に脱帽したww。
 たくみ(ちょっと待ってこれただの妄想じゃねえ???)
 流石にこれはパウさんも間違いだと気づく。
 たくみ(クッ……!長年培われたオタク特有の妄想力のせいで あまりにも自然に……!息をする様に! ゴローさんとの温かい夫婦生活を想像してしまった!)
 オタクあるある!
 たくみ(現実的に考えるんだ!現実的に……!)
 本当のシミュレーション開始!
 たくみ「ゴローさん…」
 みやこ「何?パウさんなれなれしいな 気安く触らないでよ気持ち悪い」
 シミュレーション終了w。

 ところでその頃ゴローさんは、
 みやこ(パウさんが相手だったら楽そうだな~~ ははは)
 と思ってた。あれえっ!?www パウさんがこれを知ってたら…wwww。

 サーバー28

 現時点でアストルティア(DQ10の世界)最強の2大ボス、レグナードとダークキングに挑むパウさん。エンジョイ勢を自称するがちゃんとキャラレベルもプレイヤースキルも上がっている。私には真似できんw。
 一方リアルではアニメイトに勤めているが、前店長のおおにたさんから変わってしばらくした、たなか店長から契約社員の話を持ち掛けられた。おお、リアルでもレベルアップのチャンス!

 しかしたくみくんはこの話を若干ためらう。なぜならば、契約社員になれば転勤の可能性が生まれ、つまり引っ越すかもしれないのであり、そうなると、要するにみやこさんとのルームシェア解消だから。
 なのですが、ゴローさんはまだパウさんに恋愛感情を抱いておらず、パウさんが自分のせいで転勤を迷うなら、「そんなの全然うれしくないから」とたくみくんに告げます。そして、
 みやこ「いつかは社員になるんでしょ!しっかり頑張れよ!」
 とたくみくんを励ます。それはありがたいことだし、たくみくんも嬉しい。
 …なんだけど、ゴローさん、パウさんのお荷物になりたくないと考え始めたようで、不動産屋の門をくぐる…。
 みやこさん、そうじゃないんだよおぉぉ!ここで3巻の本編END。のちの展開に波乱を予感させる幕引きとなった。

 特別篇

 ドラクエ10自体のプレイヤー投稿企画と連動した挿話なんだけど…。ゴメンなさい金田一先生、投稿者の皆さん、面白くなかった。触れないほうがいいのかもだけど、それは私のポリシーに反するので。

 …つーか、気合、入れすぎたあっ!wwwww。愛を込めないと書けない自分の体質を何度再確認するのだ!?軽いエントリ書こうなど、諦めるべきだな。

|

« ファイナルファンタジー15 ジャッジメント ディスク ファーストインプレッション(未クリア、プレイタイム4時間、バレなし)。今日は2記事更新 | トップページ | 2016年、Ivan的ゲーム・オブ・ザ・イヤー、ベスト3(こういう企画は意外とやってなかった) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆうべはお楽しみでしたね」3巻感想(ネタバレ):

« ファイナルファンタジー15 ジャッジメント ディスク ファーストインプレッション(未クリア、プレイタイム4時間、バレなし)。今日は2記事更新 | トップページ | 2016年、Ivan的ゲーム・オブ・ザ・イヤー、ベスト3(こういう企画は意外とやってなかった) »