« 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」8巻感想(ネタバレ) | トップページ | 「背すじをピン!と」が最終回を迎えました(´;ω;`)(感想ではありません。最終回以外のネタバレ) »

2017年1月21日 (土)

ニンテンドースイッチ予約出来ました!先週発表された仕様の感想

 ソフトはゼルダブレワイ、ドラクエヒーローズ1・2、セツナ。後の2本は予約する気なかったんですが、スクエニファンだし、完全版に弱いし。夢心地です。色は赤青版。公式サイト

 先週の発表会の感想、まず、任天堂の「ゲームは玩具である」基本思想はいささかも揺らいでないとわかりました。それから、本体は任天堂自身が言うように任ハード集大成だと感じました。
 任天堂は引き算でハードを作る傾向で、今回もそうなのですが、スイッチは足してる面も多い。「ダブルスクリーン」「十字ボタン」は捨てましたが、「タッチスクリーン(タッチペンをやめたのは大きい!)」「モーションコントローラ」は捨ててなかった。そして「2コン」を蘇らせた。

 モーションコントローラ路線はWii、成功した様で失敗してるので、Wii Uではかなり後退してしまいました。スイッチでは相当高度な技術を(Wiiリモコンの技術は原始的だった)使ってるので、今度こそ期待です。
 PS MoveやKinectの失敗で、「モーコンはユーザーに求められてない」などという声もありますが、私は「モーコンを使いこなせなければ、ゲームハードに未来などない」とまで考えており、受け入れられないとすればそれはユーザーが悪い(特にヘビー、コアゲーマー)と思うので、スイッチの奮闘に期待(ちなみにPS、箱が進めるVR技術もモーコン復権の鍵である)。

 スクリーンショット、動画撮影機能も装備。スイッチは珍しく同業他社から多くを学んだ任ハード。任天堂もSNSや動画サイトを無視できない時代です。
 個人的に納得したのが、ネットサービスの有料化。これは退化ではなく仕方のない進化。Xbox LiveやPS Plusの有料化からそうなるのは目に見えてた。箱やPSが最低限の無料サービスを維持してるように、任もそうするのが公式サイトでわかる。
 リージョンロックからリージョンフリーに転換したのは大英断。ここも箱やPSに倣ってる。

 今回も、ハードディスクは付かず、32GBの内部メモリー。時代遅れですけど、安価にするのと、頑丈さにこだわる任として譲れなかった。メディアインストールの容量を気にしなくていいのはグッド。そこも考えてソフトはカートリッジ。
 映像は最大フルHDで60フレーム。近年のハードではロースペックですが仕方ない。
 スマートデバイスとの連動は予想通り。それやらないと意味ないと思ってた。この点マイクロソフトやソニーに先んじたと評価できます(PSや箱のスマホアプリはあるけど、スイッチのはもっとずっと踏み込んだものになる)。
 「みまもりSwitch」、いかにも任天堂な機能。子供が遊ぶのをとても重視して考えてる。イメージアップ戦略でもあるのだろう。
 値段は、もっと高くなるのも覚悟してたので、3万強は妥当。これだけ豪勢ならむしろ安い。
 ネットでは、「あらゆるプレイスタイルに対応した全方位型のゲーム機」という評価が目立つ。納得。

 「任天堂おなじみのソフトラインナップ」「全く新しい意外性がある仕様」ここまではいい。しかし「ファーストのみならずセカンド、サードパーティから豊富なソフトが出る」ことを打ち出してますが、それが任天堂には一番難しい。
 なるほどPS4や箱1に性能を近づけ、マルチプラットフォーム戦略に組み込んでほしいのでしょうが、それ、Wii Uでやろうとして失敗してんだよね。今のところWii Uよりはたくさんの会社が参入してる感じ出せてますが、ハード発売後に軌道に乗るかが問題。
 スクエニが本気に見えるのが希望。ドラクエってPSより任天堂のイメージあるし(異論は大いに認めます)。
 もっとも、なにより驚いたソフトは「ウルトラストリートファイター2」だったりw。

 誤解してましたが、本体はスクリーンがある方で、ドックはあくまでテレビにつなげるためと、電源のためにある機体なのね。まあ電波で親機と子機を外出中につなぐのは難しいと思ってたからそれはわかる。でもそれってホントに"据置機"?w(メーカーの位置づけでは「携帯できる据置機」)

 ゲームの未来に希望が持てる、任天堂らしい良ハードの予感です。任信がプライドを回復できること期待してますよ!

 関係ないけど、箱1の高性能版「Scorpio」はモンスターマシンになりそうな気がする。ひょっとしたら買うかも。

 追記・知らなかった!欧米で3DSやPSVはスマホに完敗して壊滅状態なんだ!それで携帯機は諦めちゃったのか…orz。でもだからこそ、任ソ両社とも、「スマホでは絶対できないゲーム体験」をユーザーに与えるべく、任はミニファミコンやスイッチ、ソニーはPS VRやPS4 Proを作ったんだ!

|

« 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」8巻感想(ネタバレ) | トップページ | 「背すじをピン!と」が最終回を迎えました(´;ω;`)(感想ではありません。最終回以外のネタバレ) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

> 色は赤青版。
いかにも任天堂らしいカラー。ただ部屋に置くことを考えるとちょっと派手な感じがします…がグレーはちょっとおもしろみがないか。

> スクリーンショット、動画撮影機能も装備。スイッチは珍しく同業他社から多くを学んだ任ハード。任天堂もSNSや動画サイトを無視できない時代です。
昔はゲーム動画撮影といえばそれなりの設備が必要でしたが、PS3や4の人気が出たのは、簡単にそれができるからという一面もありますよね。

> 値段は、もっと高くなるのも覚悟してたので、3万強は妥当。これだけ豪勢ならむしろ安い。
同感。こういうところはさすが任天堂。

というわけで、僕も購入する方向で検討中です。あとは僕の心を射止めるソフトですね。

投稿: yukkun20 | 2017年1月29日 (日) 23時41分

>部屋に置くことを考えるとちょっと派手な感じがします…がグレーはちょっとおもしろみがないか
 それもありますが、いちおう友人や家族と遊ぶ(わずかな)可能性を想定して1コンと2コン違う色にしたんです。つーか地味な色にしても、1・2コンの色は分けた方が、2コンを付けた意味がわかりやすくてベターだと思うんですけどね?w

>ゲーム動画撮影といえばそれなりの設備が必要でしたが、PS3や4の人気が出たのは、簡単にそれができるからという一面もありますよね
 私もミーバースでスクショ投稿の面白さに目覚めましたし、PS4でLiveはよく観てるので、任天堂の気持ちはわかるつもり。

>こういうところはさすが任天堂
 多少性能は犠牲になっても、安価路線は捨ててほしくない任のよさです。

>僕も購入する方向で検討中です。あとは僕の心を射止めるソフトですね
 第一候補はゼノブレ2?

投稿: Ivan | 2017年1月30日 (月) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535592/64790086

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドースイッチ予約出来ました!先週発表された仕様の感想:

« 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」8巻感想(ネタバレ) | トップページ | 「背すじをピン!と」が最終回を迎えました(´;ω;`)(感想ではありません。最終回以外のネタバレ) »