« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月25日 (火)

「キン肉マン」(続編)206話、感想。最強超人決定戦、決着!(ネタバレ)

 悪魔将軍VS超人閻魔の頂上決戦、制したのは…!

続きを読む "「キン肉マン」(続編)206話、感想。最強超人決定戦、決着!(ネタバレ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

「ニンテンドー スイッチ」ファーストインプレッション

 不安はありましたが、蓋を開けるとこれからが楽しみなハードです。公式サイト。拙文ですが、初発表時の印象ソニーとの比較予約成功と新発表の感想。参考に、Wii U感想PS4感想箱1感想

 まず、「快適さ」にとても気を配って作られてるゲーム機です。コントローラ、画面のインターフェース、効果音、読み込みの速さ…。快適さではPS4を超えたと言っていい。Wii Uが快適とは言えないゲーム機だった(特にロンチから半年はひど過ぎた)ので、任天堂は真摯に反省したのだなと。洗練されてて、「見切り発車」な印象は全然ない。
 セットアップもめっさ楽でした。今回パーツの数が多くないのでそこが色々よかったです。ただ…。三たび(Wii、Wii Uと同じく)、有線LANポートが標準装備されてなく、別売りアダプタ頼みなのは呆れてしまった。相変わらずの、「任天堂はネットに弱い」仕様その一。ただし、ネットとの接続は有線、無線どちらもスムーズに済みました。

 PS4や箱1と違って、極めて機能が少なく、シンプル。ロンチソフトも含めて、コンテンツが少ない。箱1みたいに「マルチメディア」(死語w)志向じゃなく「ゲーム機」に特化してる。子供が扱うのを気にしてるのがよくわかる。アチーブメント仕様がないのは良し悪しですが、任天堂らしい判断です。
 ソフトが現状少ないのは、でも、任天堂の悪しき「少数精鋭主義」とは違って、「拡張される面白さ」を狙ってると期待してます。任は「更新で機能が増えてく」のを予告してるので、ソフトが増えるのを演出にするつもりだと。

 任天堂なのにw、おしゃれ。見た目なかなかスタイリッシュですし、「Switch」(「スウィッチ」と呼んじゃうよね)というネーミングも任天堂らしくなくてGood。
 しかし、ジョイコンが青赤分けのモデルはいいのですが(私もそれを買った)、なぜ両方グレーの型を出した?デザイン上の問題以前に、皆で遊ぶ(変わらぬ任のコンセプト)のを推奨するなら、コントローラは色分けされた方がベターのはずで、地味な色にしたいなら白黒がよかったと思う。…好意的に考えるなら、「任天堂はシングルプレイも否定してませんよ」と、マルチプレイを前提としないコントローラを出したのか。

 「ジョイコン充電グリップ」が標準装備じゃないのもマイナスポイントでしたが、慣れるとそれほどの問題じゃないと気づきました。本体からジョイコン外すの確かにめんどいですが、通常のグリップでもバッテリー長く保つんだよねw。充電こまめにしておけば、それ程困らない。むしろ私が試してない、長時間本体を外に持って行くプレイの方が不安ある。
 操作性には文句の付けようがない。ボタンのキーレスポンス完璧ですし、ジャイロセンサーも使いやすい。十字ボタンがないのは全くマイナスじゃない。試してない機能いくつかありますが(特にHD振動は甚だ経験不足)、コントローラに関しては任を全面的に信用した。

 ミーバースに対応してないのは残念無念。「任天堂はネットに弱い」仕様その二。以前ミバスを批判したように、問題が多いサービスだと今でも考えてますが、「任天堂ハード専用のSNS」そのものは間違っておらず、ミバスで親しい方、何人も出来たので、サービスを根本から改善してスイッチで運営する、としてほしかった。これでミバスが遠くないうちに終わってしまうのがわかってしまいましたし…。
 でも、代わりとしてスクショ機能が使いやすいのはよかったです。私はSNS投稿してませんが、フィーリングではPS4より便利との感想持った。動画投稿機能の追加も楽しみです。

 ソフトをカートリッジに戻したのは大英断。ので、読み込みが速く、メディアインストールの必要がないのはいいのですが、メモリーの容量少なすぎるから、ダウンロード購入には向かない。「安価で、頑丈でなければならない」任天堂イズムで、ハードディスクを採用できないのはわかります。しかし、何か容量を増やす名案はなかったかと思います。技術革新に期待するしか、ないのでしょうか。外付けHDDへの対応、早めに頼みますよ。
 「なければ困る」と思ってた、レジューム機能があるのは安心しました。今のゲーム機でこれなかったらとんでもない手抜かりだと見做してたところです。そもそも基本、電源を切らずにスリープさせて使うハードであり、起動のスムーズさがPS4や箱1とは比較になりません。携帯機並みに立ち上がりが快適です。
 起動させたらTVが自動で付く(テレビの機種によりますが)のもありがたい。それはPS4や箱1にもある機能で、同業他社から謙虚に学んでるのがわかります。

 「テレビ放送との親和性」という、近年の据置ゲームハードが取り組んでた問題、スイッチは諦めた模様。でもこれ、テレビ局にはそのつもりがないようですし、PS4、Xbox Oneも最近熱心ではないし、どうやら業界全体が失敗したらしい。多分放送局がゲームを軽視してるからです。これだからTVは若者に見離されるんだよ…。
 バーチャルコンソールもなくなるのかもしれませんね。PS4もゲームアーカイブスやめてるし、時代なのか。でもだから、ミニファミコンを出したのだとも考えられる。

 ここからはスイッチの核である機能について。

 スイッチは「据置機にして携帯機」と考えてましたが、任天堂がなぜ「携帯も出来る据置機」と位置付けてるのか、触ってみてわかりました。

 「TVモード」「テーブルモード」「携帯モード」とプレイスタイルが三種あるハードなのは存じてる方、多いでしょうが、これはプレイヤーが三つのプレイスタイルを使いこなす、のではなく、「プレイヤーによってプレイスタイルが変わる」そして「ソフトによってプレイスタイルを変える」ハードだと、やってみるとわかります。
 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は私にとってHDTVの大画面で遊びたいゲームですし、「いけにえと雪のセツナ」は携帯モードで遊びたいゲームです。触る前は「ゼルダも手元の画面で寝っ転がりながらダラダラプレイするのでは?」とWii Uと同じ発想してたんですが、始めると大画面でこそ映える作品でした。私はスイッチに「Wii Uみたいに携帯画面のだらけプレイが主流になるのでは、Wii Uと変わらない」という懸念を抱いたんですが、杞憂でした。

 しかも、すれちがい機能なし、万歩計機能なし、カメラ・マイクなしと、意外と携帯機の仕様を採り入れてないんですね。むしろ任天堂は携帯機も普通に出すつもりなのでは、と思ったり(携帯機が世界的に任天堂・ソニー共スマホに完敗してるので、考えにくいですが)。
 見込み通り、性能ではPS4、箱1に負けてますが、そこを逆手に取ってます。

 ソフトウェアインプレッション(ソフトを語るのが目的のエントリではないので、簡単に)

 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 ネットなどで評判広まってますが、超名作です。「時のオカリナ」を超えたかも。
 オープンワールドはゲームデザインがクエストに依存しがちなのですが、ブレワイほどクエストに頼ってないオープンワールドゲームを初めて見ました。その代わりフィールドで起こる自然現象や、パワーアップのために寄る「祠」の仕掛けが楽しい。
 傾斜90度以上の絶壁を登れるのは、大きなパラダイムシフトで、「Z注目」に匹敵する発明に思えます。これからのゲームのスタンダードになるのか。

 いけにえと雪のセツナ

 やっぱスイッチってスペックでPS4に劣るんだな、とハッキリわかってしまったゲーム。しかし、スイッチ向けのゲームだと感じました。
 テレビ画面でやるより、携帯画面でプレイするのが適しているソフトです。このソフトのおかげで、「スイッチはゲームソフトによってプレイスタイルを『Switch』するゲーム機なのだ」と気づきました。操作性、ロード時間は快適で、PS4版より細かく改良されてます。
 DLCの対戦モードはまだ配信されてませんが、非同期でオートバトルなのは安心しました。私にはそのくらいヌルいのが丁度いいw。

 ドラゴンクエストヒーローズ1・2体験版

 本当はコレの製品版買ってからスイッチのレビューするつもりでしたが、もっと大きな買い物の予定できてしまった。なのでドラクエはお預け。
 「スイッチはPS4に性能で劣る」ことがこの体験版で、初めて実感できました。雑誌の解説などで、一応それはわかってましたが。
 ただこれも操作性などは快適そのものです。製品版はPS4版から細部が改善されてると聞いてます。特にHD振動を使いこなしてると。どちらかというとテレビ画面でプレイするのが向いてる作品。
 だが…杉田ライアンは、なんだかな…(ひど過ぎる冗談)。

 4/26追記・ドラゴンクエストヒーローズ1・2製品版

 臨時収入があり、思ったより早く買えた。
 ファミ通のレビューは的確でした。PS4版から、各所がきめ細やかに改善されており、特に操作性は抜群。また振動は「これがHD振動か!」と感じられた初のゲーム(ゼルダは意外と振動にこだわってなかった)。
 スイッチパワーを見せ付けられた作品。買ってよかった(ドラクエ2主人公の衣装も無事ゲット)。

 売れ行きは順調で品薄だそう。Wii Uとは熱気がまるで違います。任信の誇りを蘇らせてほしいと期待してます!(相変わらず構成が整理整頓できてない文章ですみません…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »