« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月に作成された記事

2019年8月 5日 (月曜日)

あまりにヒド過ぎるので、緊急更新。「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」感想(ネタバレ)。これを「作品」と呼ぶのは汚らわしい。山崎貴に「監督」を名乗る資格はない。生涯最低の、映画だった

 「反ステマ」をしなければならない、クズ。上映終わって「ゴミクズだ!」と他人様がいる劇場で叫んだの、初めての経験だよ。それほどヒドい。
 独善的だと、ヘイトスピーチと言われても、構わない。皆さん、特にドラクエを愛してるファンの皆さん、この映画を絶対に、観ないで下さい。

 まずもっとも肝心なネタバレ、ラスボスのミルドラースが主人公の前に現れる。ドラクエ5プレイヤーが知っていた姿ではなく、フリーザもどき。彼が語るの、
 「この世界も人物も物語も、お前の家族も、お前がプレイしていた、ただのゲームに過ぎなかった。大人になれ。現実に帰れ」
 …エヴァの旧劇場版や、ダンロンV3を許せた私も、これは許せなかった。しかもミルドラース、「このゲームはかつてヒットした、『ドラゴンクエスト5』を、最新技術でリメイクしたものだ」。
 バーチャル世界に入り込める夢のゲームなんて、現代に実現していない。今現在、ドラクエ5の最新リメイクはスマホ。なんとリアリティのない「現実に戻れ」なのか。
 大体この映画の演出、ドラクエ5はスーファミのゲームなのに、ファミコン的演出を連発する。なんというこだわりのなさ。つか山崎、お前絶対PS2以降のゲーム、プレイしてないだろ。PS2版やDS版を微塵も、反映してない。俺より10歳以上年上の、ファミコン世代のセンスでしかない。
 音楽の「使い道」がなってない。何度も連発すべきでない「序曲」をやたら使う。5なのに、4や6どころか、天空シリーズではない作品の楽曲、平気で使う。シーンとのマッチしてなさも、異常。エンディングに「そして伝説へ」を流すんじゃあない!なにを勘違いしてる!
 ギャグセンスがなさすぎ、滑りまくっている。山崎には「ドラクエはギャグ」って認識、私と同じくあるのだと思うが、自分にどんだけギャグセンスがないか、気づいていない。
 「ユア・ストーリー」と題してるが、微塵も「物語」を語っていない。5の名シーンを、過程をすっ飛ばして結果だけ集め、切り張りしているだけだ。総集編と呼ぶのもおこがましい。
 特に主人公が過去へ渡り、昔の自分と会うシーン。原作ではこの後、主人公とパパスが会話するの、劇中で屈指の、名シーンだった。それをアッサリ削除している。思い出をなんだと思ってる。
 主人公とビアンカの間に、勇者の双子の妹である娘が生まれないのも、わかってないとかなんとか言う次元ではない。
 そもそも結婚イベントでの主人公、クズ男。フローラとの結婚が決まってたのに、容易く翻心して裏切り、ビアンカと結婚した。それは主人公の心がビアンカにあると思い込んだフローラの計らいだとの脚本だけど、ビアンカ派もフローラ派も、ナメ切っている。
 主人公が天空人の血を引いてるのも、ふざけんなだ。天空人の血を引くのは本来、ビアンカとフローラ、そしてデボラ。彼女たちのどれかと結婚したから、息子が勇者となれた。「誰と結婚しても勇者が生まれる」って原作のご都合主義には、呆れたが、映画は更に劣化させた。もうなんと言っていいのか。
 最終決戦で、ヘンリー王子率いるラインハット軍が助太刀にくるのも、呆れる他なかった。しかもラインハット軍に圧倒される魔王軍!そんな情けない魔王軍がいるか!大体、この映画にヘンリーは必要ない!削って主人公の娘を出せよ!
 主人公がグランバニア王でないのも、ふざけ過ぎている!だのにフルネームが「リュカ・エル・ケル・グランバニア」と付けられた!なんの意味がある!久美沙織先生が訴えた理由、よーくわかった!

 要するに、「ファンサービス」を根本の根本から、勘違いに勘違いを、し過ぎてし過ぎていた。愛やリスペクトが、なにもない。「反ファンサービス商品」というべき。
 「ドラゴンクエスト5」という素晴らしい作品を、侮辱し、冒涜しまくっている。こんな糞尿を売って、何万という人間がめしを食ってるのが、我慢ならない。
 これを公式のメディアミックス商品として売ったスクエニ、どうしたのだ。これを絶賛した堀井さん、ご自分の立場より、お客さんのことを考えてほしかった。不可能に近いとは、理解してますが…。

 山崎、そしてスクエニ、それから…。堀井雄二さん。お前たちを、かつてクリエイターを目指していた者として、決して許さない。

| | コメント (2)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »