カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2019年8月 5日 (月曜日)

あまりにヒド過ぎるので、緊急更新。「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」感想(ネタバレ)。これを「作品」と呼ぶのは汚らわしい。山崎貴に「監督」を名乗る資格はない。生涯最低の、映画だった

 「反ステマ」をしなければならない、クズ。上映終わって「ゴミクズだ!」と他人様がいる劇場で叫んだの、初めての経験だよ。それほどヒドい。
 独善的だと、ヘイトスピーチと言われても、構わない。皆さん、特にドラクエを愛してるファンの皆さん、この映画を絶対に、観ないで下さい。

 まずもっとも肝心なネタバレ、ラスボスのミルドラースが主人公の前に現れる。ドラクエ5プレイヤーが知っていた姿ではなく、フリーザもどき。彼が語るの、
 「この世界も人物も物語も、お前の家族も、お前がプレイしていた、ただのゲームに過ぎなかった。大人になれ。現実に帰れ」
 …エヴァの旧劇場版や、ダンロンV3を許せた私も、これは許せなかった。しかもミルドラース、「このゲームはかつてヒットした、『ドラゴンクエスト5』を、最新技術でリメイクしたものだ」。
 バーチャル世界に入り込める夢のゲームなんて、現代に実現していない。今現在、ドラクエ5の最新リメイクはスマホ。なんとリアリティのない「現実に戻れ」なのか。
 大体この映画の演出、ドラクエ5はスーファミのゲームなのに、ファミコン的演出を連発する。なんというこだわりのなさ。つか山崎、お前絶対PS2以降のゲーム、プレイしてないだろ。PS2版やDS版を微塵も、反映してない。俺より10歳以上年上の、ファミコン世代のセンスでしかない。
 音楽の「使い道」がなってない。何度も連発すべきでない「序曲」をやたら使う。5なのに、4や6どころか、天空シリーズではない作品の楽曲、平気で使う。シーンとのマッチしてなさも、異常。エンディングに「そして伝説へ」を流すんじゃあない!なにを勘違いしてる!
 ギャグセンスがなさすぎ、滑りまくっている。山崎には「ドラクエはギャグ」って認識、私と同じくあるのだと思うが、自分にどんだけギャグセンスがないか、気づいていない。
 「ユア・ストーリー」と題してるが、微塵も「物語」を語っていない。5の名シーンを、過程をすっ飛ばして結果だけ集め、切り張りしているだけだ。総集編と呼ぶのもおこがましい。
 特に主人公が過去へ渡り、昔の自分と会うシーン。原作ではこの後、主人公とパパスが会話するの、劇中で屈指の、名シーンだった。それをアッサリ削除している。思い出をなんだと思ってる。
 主人公とビアンカの間に、勇者の双子の妹である娘が生まれないのも、わかってないとかなんとか言う次元ではない。
 そもそも結婚イベントでの主人公、クズ男。フローラとの結婚が決まってたのに、容易く翻心して裏切り、ビアンカと結婚した。それは主人公の心がビアンカにあると思い込んだフローラの計らいだとの脚本だけど、ビアンカ派もフローラ派も、ナメ切っている。
 主人公が天空人の血を引いてるのも、ふざけんなだ。天空人の血を引くのは本来、ビアンカとフローラ、そしてデボラ。彼女たちのどれかと結婚したから、息子が勇者となれた。「誰と結婚しても勇者が生まれる」って原作のご都合主義には、呆れたが、映画は更に劣化させた。もうなんと言っていいのか。
 最終決戦で、ヘンリー王子率いるラインハット軍が助太刀にくるのも、呆れる他なかった。しかもラインハット軍に圧倒される魔王軍!そんな情けない魔王軍がいるか!大体、この映画にヘンリーは必要ない!削って主人公の娘を出せよ!
 主人公がグランバニア王でないのも、ふざけ過ぎている!だのにフルネームが「リュカ・エル・ケル・グランバニア」と付けられた!なんの意味がある!久美沙織先生が訴えた理由、よーくわかった!

 要するに、「ファンサービス」を根本の根本から、勘違いに勘違いを、し過ぎてし過ぎていた。愛やリスペクトが、なにもない。「反ファンサービス商品」というべき。
 「ドラゴンクエスト5」という素晴らしい作品を、侮辱し、冒涜しまくっている。こんな糞尿を売って、何万という人間がめしを食ってるのが、我慢ならない。
 これを公式のメディアミックス商品として売ったスクエニ、どうしたのだ。これを絶賛した堀井さん、ご自分の立場より、お客さんのことを考えてほしかった。不可能に近いとは、理解してますが…。

 山崎、そしてスクエニ、それから…。堀井雄二さん。お前たちを、かつてクリエイターを目指していた者として、決して許さない。

| | コメント (2)

2019年3月 9日 (土曜日)

「アリータ:バトル・エンジェル」感想(ネタバレ)。日本マンガのハリウッド映画化で最高の成功例!某埼玉映画なんかに負けてはいけません!w

 原作マンガ「銃夢(ガンム)」のファンを30年(!)近く続けた読者として、大満足の映画でした。原作者の木城ゆきと先生も本気で喜んでおられるの、伝わります。心してレビュー書きます。

 アリータ、公式サイト公式ツイッター公式フェイスブック公式インスタグラム20世紀フォックス映画YouTubeチャンネル
 原作者、木城ゆきと先生公式サイト木城先生YouTubeチャンネル。原作掲載誌、イブニング編集部による、銃夢火星戦記公式ツイッター

 映画化の背景・経緯

 日本がSF冬の時代、と言われて何年経つかわからない程(苦笑)、SFが廃れて久しいこの国、マンガでもそうだった30年前、木城先生がよりによってw宇宙モノSF「気怪」でマンガ界に殴り込みかけ、デビューしたのが全ての始まりです。
 それから作品を描きまくり、版元とも色々あって、そしてビジネスジャンプで「銃夢」がヒットした。もう旧時代の遺物になったwメディアミックスが流行っていて、OVA化、ゲーム化、ノベライズが為された。そのOVAを、当時既にハリウッドの巨匠だったジェムーズ・キャメロンが見初めた、そこから映画化のプロジェクトが始まりました。

 ところがキャメロンさん、自分からオファーしたくせにw、「タイタニック」や「アバター」にかまけて全然話進まず、それでもコツコツ脚本は書いてくれてましたが、マズいことにw、アバターが映画の歴史で最大のヒットを飛ばしてしまったので、続編作らざるを得なくなり、監督を断念。自身はプロデュース・脚本を務め、監督をロバート・ロドリゲスさんに任せた。それでやっと、動きました。

 正直、「キャメロンが監督から降りた」と聞いてガッカリしました。ジェームズは特別な監督の1人だったので。また動画で公開されたトレーラー第一弾も、不安になりました。今でも言われる、アリータの目のデカさが。本音では、「大丈夫か!?」と思っていました。
 だけど、蓋を開けると、全然問題なく、むしろ期待を遥かに超える大名作でした。キャラ紹介で書きますが、アリータの目は、アレで正解でした。キャメロンさんが監督してたら、これ程の傑作になってなかった。ロドリゲス監督!甘く見ててすみませんでした!ありがとうございました!

20190224_093520950_ios

 アメリカ映画の写真をブログで扱うの、初めてなのでちょっとドキドキ(弁護士の友人がいるので、そゆ事に敏感)。幸い権利表記がめんどくないので助かります。最近の米映画って、そうなの?w
 (C)2018 Twentieth Century Fox

 本題へ入る前に。

 4D映画の醍醐味

 劇場行って初めて、「ただの3Dではなく4Dだ」と知り、チケットの高さに驚いた。でも4D映画を楽しむいい機会と考え、大枚はたいた。

 正直、「演出がシーンとマッチしてない」「演出過剰」と思った。しかし私、遊園地のアトラクションなどにほとんど乗ったことないから、座席の振動、水飛沫、風、スモーク、どれも新鮮でした!発展途上の技術と思え、演出の問題はノウハウ積んで、洗練されればずっとよくなるはずと、可能性感じました。あれに1000円余計に払う価値あるかと言われれば微妙ですけどw、私は投資を惜しまない消費者だから、OKです!監督始め映画業界の皆さん!がんばって!(でももう、3D上映すらどんどん終わってるらしいですね…(´;ω;`)。世の中、あくせくし過ぎ)

 以下ネタバレ。キャラクターで語ります。原作と名前が違うキャラ、かなりいるので(主人公からして)、括弧で注を付けます。

続きを読む "「アリータ:バトル・エンジェル」感想(ネタバレ)。日本マンガのハリウッド映画化で最高の成功例!某埼玉映画なんかに負けてはいけません!w"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土曜日)

「レディ・プレイヤー1」感想(ネタバレ)。映画界の"キング"はなんてモノを撮ってくれたのだ!MMO、VR好きならハマらないはずないではないか!w

 タイトルの通り、スクエニMMOにハマり、PSVRも大好きな私にはたまらん映画です。スピルバーグ映画を劇場で観るの、「シンドラーのリスト」以来ですが、いやはや御見それしました。公式サイト公式ツイッター。参考に、スピルバーグ映画「ミュンヘン」感想

続きを読む "「レディ・プレイヤー1」感想(ネタバレ)。映画界の"キング"はなんてモノを撮ってくれたのだ!MMO、VR好きならハマらないはずないではないか!w"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土曜日)

「スター・ウォーズ/(エピソード8)最後のジェダイ」感想(ネタバレ)。ルーク・スカイウォーカーがどうしようもない駄目師匠なのが、むしろ素敵過ぎる

 酷評されてて、売れなかったそうです。でも、個人的に、素晴らしい「スター・ウォーズ」。前作の不満を見事に払拭してくれた。いやいやライアン監督、あなた間違ってない(つか、あんなに酷かったEP7が大絶賛で、こんなに面白いEP8が大不評て、ワケわからん…orz)。キャラを語ります。SWってキャラクターを売って成功した初の実写映画なので。EP7感想公式サイト

続きを読む "「スター・ウォーズ/(エピソード8)最後のジェダイ」感想(ネタバレ)。ルーク・スカイウォーカーがどうしようもない駄目師匠なのが、むしろ素敵過ぎる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日曜日)

今年も始まりました

 あけましておめでとうございます。元日もブログ書くと決めてる。正月の予定でも。

 ゲームは、FF15は小休止して、FF14に力入れるつもり。久しぶりの14もやっぱ面白いし、ネトゲには力入れたいと常に思ってる。セブリバはチクチク進める。
 でもそれ以上に、溜まったビデオ(アニメ多いけどそれだけでもない)の消化に忙殺されそうです。年末のドラクエ特番も、明石家サンタもまだ観てないのよね~。魔法少女まどか☆マギカとゲームセンターCXの一挙放送が年末年始にあったのは嬉しい悲鳴。

 今年も「Ivanはゲームの話しか出来ない」をよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日曜日)

「キングスグレイブ ファイナルファンタジー15」感想(ネタバレ)(辛目)

 映像、演出は素晴らしく、ハリウッドのお株を奪っており、邦画の最高峰と感じました。しかし、シナリオとキャラクター、特に主演2人の演技は残念でした。
 そして、ファンサービスは満点でした。

 FFの映画は15年前のも、7アドベントチルドレンもその印象ありましたが、今回も「アニメとも実写とも違う」映画でした。厳密に言うならCGアニメーションなのでしょうが、FF映画をアニメと言うのは初代作から抵抗ありました。
 と同時に、初代ともアドチルとも違う、今までにないタイプの映画とも思った。

 まず、FFは1からすでに映像美を売りにしてて、それが7からポリゴンによる「リアルで映画的な映像」路線を採ることにしたのが、そもそもFFが映画になるきっかけです。
 「FFとリアル」の問題はあまりに難しく、私の頭では語れないのでこの記事を参考としてほしいですが、私に言わせれば、FFが映画を目指したのは全く正しかったし、今でも正しいと確信してます。
 FF生みの親、坂口さんは「映画的な面白さではゲームは映画にかないません」と過去にゲーム雑誌で発言したのを、よく「嘘つき」「自分で言ったことを忘れてる」と揶揄されますが、坂口さんがそれ言ったのはファミコンの頃であり、技術的にポリゴンやムービーなど到底考えられない時代。それがPS1になって「映画的面白さ」がゲームでも可能かもと思えた、その変化を考慮に入れずに発言のみをもって坂口さんをDisるのはアンフェアだし、そこをつつく人を軽蔑します。

 ここからネタバレ。

続きを読む "「キングスグレイブ ファイナルファンタジー15」感想(ネタバレ)(辛目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水曜日)

スター・ウォーズ/(エピソード7)フォースの覚醒 感想(ネタバレ)

 良くも悪くも、「ドラゴンボール」のような映画でした。まあそんなことはわかっていたのですが。

続きを読む "スター・ウォーズ/(エピソード7)フォースの覚醒 感想(ネタバレ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水曜日)

「思い出のマーニー」感想(ネタバレ)

 他人の評判よりずっと面白い映画でした。そして、宮崎駿監督には作れない映画だと思いました。

続きを読む "「思い出のマーニー」感想(ネタバレ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水曜日)

アニメ映画2本感想(どちらもレンタル)少々ネタバレ

 「ドラゴンボールZ 神と神」観ました。想像よりずっと面白い作品でした!

 悟空が5人のサイヤ人(うち1人がビーデルが身ごもってた子供とは見当ついてました)の力を借りて超サイヤ人ゴッドになってもビルス様に勝てなかった!
 ビルス様が結局勝てない強敵なんだけど悪人ではない!(スタッフが震災に配慮して、建物や関係ない人間を傷つけないキャラにしたのが、ちゃんと彼の人格的魅力になってる)
 ベジータは人間丸くなったなあ。ビンゴ大会の彼最高。しかしブルマをビルスに傷つけられたのに激怒して、悟空を超えたのがカッコいい!(それに引き換え自分の失態で身重の妻を傷つけた悟飯は…)

 悟空がブルマに往復ビンタ食らうラストもいい。全体的に鳥山明テイストあふるる傑作で(最近の鳥山作品ぽいので、DB連載時の作風を期待するとハズレかも)、先生自身がガチで制作に参加すると、アニメはここまで良くなるのかと、今までのアニメDBのレベルに疑問を抱いてたのは、正しかったと納得しました(我ながらやたら微妙な話してますねw)。
 GTの設定と一応矛盾してませんが、鳥山先生的にGTの話はあまり考えずに作ったと思う。邪推かな。

 劇場版Zガンダム、第一部「機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-」観賞。

 私は大きな誤解をしてた!カツ・レツ・キッカを養子として引き取ったのはブライト・ミライ夫妻じゃなくハヤト・フラウ夫妻だったんだ!そもそもフラウがハヤトと結婚してたのも知らんかったよ。設定を知らなかったってレベルじゃねえぞ!wwwアムロが軟禁されてたのは聞いてた通り。
 ティターンズVSエゥーゴVS地球連邦の三つ巴との予備知識ありましたがいざ観てみると何が何だかw。この後アクシズが加わるとなるとますますややこしく…。

 ガンダムUCのが面白いな、今のところはまだ(UC最終巻借りたので近々観ます)。まあ、ぶっちゃけちゃうと私は1stガンダムも娯楽としてはあんまり楽しめなかった。アニメ史に残る恐るべき作品とは理解できましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木曜日)

「風立ちぬ」感想(ネタバレ)

 イデオロギッシュでナンセンスな批判があまりにも多すぎる!

続きを読む "「風立ちぬ」感想(ネタバレ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)