カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2018年9月26日 (水曜日)

「星界の戦旗6 帝国の雷鳴」感想(ネタバレ)。熟年夫婦レベルの愛を育んでたラフィール殿下とジント!そして2人が与り知らぬところでドゥヒールの苦労w

 エントリの題からしてなかなかのネタバレですがw、星界シリーズ5年ぶりの新作です。これを「割と早かったな」思てしまった私はよく調教されたファンw(4から5は9年待ちましたから)。戦旗5感想公式サイト「星界の紋章」のコミカライズもよろしく!キャラを語るスタイルで(人名が長い作品なので大変だw)。

続きを読む "「星界の戦旗6 帝国の雷鳴」感想(ネタバレ)。熟年夫婦レベルの愛を育んでたラフィール殿下とジント!そして2人が与り知らぬところでドゥヒールの苦労w"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日曜日)

「ダンゲロス1969」1巻感想(ネタバレ)。…こらぁ!架神ぃ!横田ぁ!また感想に困るマンガ描くなや!w

 面白いマンガでした。いちいち伏せ字を入れなければ私のプライドが傷つくw。でもなんとか書きます。作風が作風なので、あまり愛は込められませんがw。

続きを読む "「ダンゲロス1969」1巻感想(ネタバレ)。…こらぁ!架神ぃ!横田ぁ!また感想に困るマンガ描くなや!w"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土曜日)

マンガ版「戦闘破壊学園ダンゲロス」全8巻、感想(ネタバレ)。こらぁ!横田ぁ!書けない内容多すぎるわ!w

 衝撃作でしたが、横田先生の知らなかった一面が拝め、読んでよかったと思えたマンガです。原作公式サイトマンガ版公式サイト横田先生公式サイト横田公式ツイッター

 追記・原作者の架神恭介先生、取り上げなくてすみません!マンガ版は横田卓馬作品という印象が強かったので、あえて架神先生の名を挙げませんでしたが、ツイッターで取り上げて下さった以上、紹介します。架神先生公式サイト架神先生ツイッター

続きを読む "マンガ版「戦闘破壊学園ダンゲロス」全8巻、感想(ネタバレ)。こらぁ!横田ぁ!書けない内容多すぎるわ!w"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火曜日)

年を取るごとにこだわりがなくなり、寛容になる(私だけか?人によるな)

 昔、評論家の呉智英(くれともふさ、あるいは、ごちえい)氏の本を愛読してたのですが、彼から学んだことに「言葉を大切に」があります。
 呉氏の場合、若者の言葉が乱れてるのがけしからんと言うより、偉そうな学者や大新聞、政治家が語るに落ちる言葉の勘違いをしてるのをあげつらって攻撃してました。特に嫌ったのは自分を本来よりカッコよく、正しく見せようとの意図がある誤用で、「すべからく」がまさにいい例。そういう卑しい間違いを嫌う人です。

 さて私の大好きなゲーム業界を見ると、これは相当言葉遣いがおかし過ぎる世界(笑)、神様ではないのに「クリエイター」、目次でもないのに「コンテンツ」。「IP」って「シリーズ」と言えば済むんじゃね?とか、任天堂の岩田前社長は「ハードルが高い」を「敷居が高い」と勘違いしてた始末。
 呉氏の教えもあってゲーム業界のそういうところを嫌っていて、かたくなに「クリエイター」を使ってなかった私ですが…。あら、今では平気で使っている(笑)。

 なんでなのか理屈で説明出来んのですが、記事のタイトル通り、トシ食うとこだわりがなくなるもんかも…と言いたいのですけど、私に知の何たるかを吹き込んだ呉氏はこだわりが増して今ではかなりの偏屈になってます(笑)。
 私の方は心境が「どーでもいいや!」となってしまって「コンテンツ」「クリエイター」は平気で使ってます。「IP」はまだ使いたくない。
 そう言えば好きなマンガの「じゃリン子チエ」に「わからん言葉つこてる時はだまそとしてる時やぞ」という名言がありまして、それも言葉へのこだわりを強くしてた一因ですが、私、もしかしたら、「だまされても構わないんじゃね?」と思い始めたのかもしれません(笑)。

 一応、エントリの趣旨上草を生やさないように気をつけました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水曜日)

不眠症ですが、それに乗じて(グイン・サーガのネタバレあり)

 グイン・サーガ続編をついに読み始めました。

 まずは外伝23「星降る草原」から。著者は久美沙織さんです(続編グインには作者が何人もいて、久美先生はその一人)。読む前はスカールが主人公かと思ってましたが、どうやらスカール誕生秘話ですね。100頁ほど読みました。
 久美先生はゲーマー読者として「小説ドラクエ」「MOTHER」ノベライズの印象が強いですが、やはりその頃の雰囲気あって、栗本大先生との違和感は否めません。しかし充分面白い小説になってます。続編だからって栗本さんのコピーでは駄目なので、これはこれでいい。

 あと正編136「イリスの炎」買ったのですが、拾い読みしたらまたとんでもない展開で…。ネタバレなので続きを読むで。

 追記・グインやFF11のおかげでファンタジーへの興味(情熱?)が少し蘇ってるかも。奇想天外で幻想的な美しい風景を表現出来てこそのファンタジーなのだよ!

続きを読む "不眠症ですが、それに乗じて(グイン・サーガのネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水曜日)

テラバトルのアイテムコード目当てに

 ファミ通AppとVジャンプ買ってしまいました(坂口さんに魂売ってます)。
 で、ただそれだけではつまらないので一応読む。

 ファミ通Appは…自分が如何にスマゲに疎いか思い知りました(とっくにわかってましたが)。私がプレイするなら、スクエニものとセガゲになるだろう(すでにいくつか落としてはいる)。

 Vジャンプ…思ったより楽しめました。TDQですぎやま先生のお話が聞けたし(ドラクエの紹介はしっかりしてるな…)、DB復活のFとDQ10のマンガよかったし、石塚さんとえのきどさんの連載はやはり面白い。TBの記事も役に立つ。DQ10とDQ無双のアイテムコードも付いてるし、これは当たりでした。

 あと、DQ6のオケサントラとグルグル2の既刊3巻をポチりました。あさってが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水曜日)

電撃App美少女キャラ総選挙

 なるムックを買ってしまいました…(こちら)。

 理由は、信じてくんなくてもいいですが、テラバトルのDLCが付録にあったからと、TBのアマゾンたんが総選挙にエントリーしてて、17位に入ったから。17位はちと微妙ですが、並み居る萌えキャラの皆さんが51人いる中から選ばれたのは大健闘かと。

 「かわいいおにゃのこに見惚れるのは男の性!」と自分に言いきかせて、他のキャラも見ましたが…。うーん、どれもこれもそれほどフックしない…クロエ・ルメールはちょっとキますが。
 キャラというモノは見た目や台詞だけで出来てるのではなく、バックボーンがあってこそなので、それを理解できないと萌えようがないんだお。そしてゲーキャラの背骨を知るにはプレイをするのが一番で、そうでなければ予備知識をかなり仕入れないといけないわけで。
 この本はそれを仕入れるための本だろうって?しかし51人分の記事を読む根性が今の俺にはない…(汗)。ランキング上位キャラの記事だけ読むのもなんだかなだし。

 アマゾンたんの記事が読めたので、これでいいのだ!(まさかのバカボンパパオチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日曜日)

【近況】久々の電プレ

 電撃プレイステーションを買いました。目当てはテラバトルのDLCですが、数年ぶりに読むとなかなか面白い。
 ただ、私には記事にも読者投稿にもおふざけが少なすぎるのが普段買わない理由。「そこがいいのだ」と以前言われましたけど。
 特にここがよかったのは、「一番『コイツ悪だな』と思ったキャラクター」アンケート。5位までの結果を言うと、

 1位・「幻水2」のルカ・ブライト
 2位・「FF6」のケフカ 3位・「TOD2」のバルバトス・ゲーティア
 4位・「バイオ」シリーズのアルバート・ウェスカー 5位・「ダンロン」シリーズのモノクマ

 ケフカはFF6を最初に出したハードがPSなら1位になったと思う。それほど極悪。バルバトスってそこまでワルだったか。モノクマも悪そのものですなー。
 圏外に「FFT」のアルガスが入ってたのに吹いた。コイツを仲間にしてなければラムザとディリータが仲違いしなくて済んだのにwww。本来2位の「ネタバレが過ぎるので載せられなかったキャラ」が気になる(PSオンリーだからブレデフォのあれではない)。
 「『悪役』には大体3パターンがいるよね。悪なりの正義を持つのと、破壊と無を望むのと、快楽で殺人とかするのと」
 悪なりの正義がテーマのタクティクスオウガという傑作もあるけど、カタルシスがほしいなら快楽型の絶対悪をぶちのめすのがスカッとします。FFは世界を支配したいヤツと無にしたいヤツと、ラスボスに2派閥があります。

 ポリタンのマンガも面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火曜日)

【近況】グインサーガ続編は(135巻のネタバレ)(これから近況はエントリに書きます)

 激動の展開になってそうです。

続きを読む "【近況】グインサーガ続編は(135巻のネタバレ)(これから近況はエントリに書きます)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金曜日)

我が心のベストヒロインTOP3ノベル部門(各作品のネタバレ多少)

 ようやくお届けできます。

 私「ライトノベル」との言葉が嫌いなのですが、なぜかと、「ジュニア小説」「ヤングアダルト」で通じてたのに新語を作ったのにはよくない商魂を感じるからです。私が挙げたのだと子供向けの意味?この手の小説読む大人なんて「でっかい子供」でしょw。なのでなるべく使わずに。

 第1位 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール(星界シリーズ 作品の詳細は紋章戦旗  、断章 )(アーヴは名字が先で名前が後です)

 新作が長いこと出てなかったので盛り下がってましたが、「戦旗5」「断章3」「再マンガ化」でファンのテンション上がりました(でも続刊また待たされるんだろうな…)。

 アニメ版から入りましたが、まず印象に残ったのは独特の喋り方。
 「そなた」「であろ」「がよい」といかにもやんごとなきお方の言葉…。と思ってたら全ての皇族がこういう喋り方ではないんですよね。ラフィール(通称「殿下」)がこうなったのはドゥビュース(父親)の教育のせいか。
 一見尊大に見えますが、本来の性格は素直。嘘がつけない性格でもあります。

 殿下の魅力は1にジントへの一途な想い、2に部下や戦友への信頼と思いやりだと捉えてます。
 戦旗5の感想 で書いたとおり、殿下とジントのラブラブ振りが目立つ作品ですが、特色はその愛情があまたの命の危険を乗り越えてく過程で育まれてること(ん、つーことは殿下たちの恋愛って吊り橋効果によるものが大きい?ww)。
 メインテーマはジントたちの愛ですが、アーヴ帝国の興亡もちゃんとテーマとして成り立っていて、現在殿下は帝国No.2の皇太女の地位に、望んだのではないけど就いている。

 「信頼と思いやり」と書いたとおり、ラフィールはエクリュアやソバーシュやサムソンも大切にしていて、仕事でジントを特別扱いするなどと馬鹿な真似はしません(お互い名前で呼び合うのは大目に見てあげて)。サムソンの命を守るためにジントを見捨てる決断(戦旗2)をしたのは偉かったし、重かった。
 元上官のアトスリュアのことも尊敬してたので、結構良い皇太女になるのではと期待。これは盛岡先生の腹の内次第ですが。

 彼女の入浴シーンがシリーズ通じて2回もあるのはただのファンサービスかと思ってましたが、アーヴが日本の風呂文化を継承している(アーヴは日本人の間接的子孫との設定。日本の入浴文化が豊かなのは「テルマエ・ロマエ」で自覚させられた)ことの表現だとホントに思えてきた。戦旗1でネレースが風呂に入ってたし、殿下の二回目はラマージュ先帝も一緒だったし。アニメでもエクリュアやソバーシュが…いやこれはただのサービスだなw。

 初登場時16歳の少女だった殿下も戦旗5現在23歳で一人前の女性になってます。今後の彼女の成熟(ちとエロい言い方?w8/09追記・でもこの作品には「成熟期」との概念があるので)に注目しています。

 第2位 ディードリット(ロードス島戦記 作品紹介

 記憶がおぼろげなので詳しく語れないのはご容赦。

 日本のファンタジーでの「エルフ」のイメージを確定したキャラクターと言っても過言ではないです。
 元はTRPGが原作ですがあんまり意識してないな…。パーン編、オルソン編、スパーク編それぞれのパーティー編成がウィザードリィっぽいとは感じてましたが。ディードのプレイヤー山本弘さんの本は一冊だけ読んでます。「エルフは魔法が得意で力が弱い」との設定はD&Dが始まり?(確認できず。指輪物語では力も十分強かった)

 ディードの魅力は「孤高だったのが変わっていく」でしょうか。
 「エルフ」や「ハーフエルフ」「ダークエルフ」と色々エルフが出てきますが、彼女の「ハイエルフ」は物語でも設定でもレアで、それ故プライド高いです。そんな彼女が差別的に思っていた人間やドワーフに対し理解や親愛を示していき打ち解けるのが、彼女のテーマと言えます(特定のキャラにそうなるのじゃないので、ツンデレとは違うと思う)。
 「御年160歳」なのが物議をかもしました。我々人間には「160年生きる」のが想像を絶している生態なので、表現として無理あるのでは。SFやファンタジーにはなぜか超高齢キャラいっぱいいますがw。まあ長生きは人物を神秘的に見せますね(私には101歳まで生きた曾祖母がいましたが、ある意味「カミ」でした)。

 第3位 エクリュア・ウェフ=トリュズ・ノール(星界シリーズ「戦旗」以降。作品の詳細は戦旗  、断章 )(アーヴは名字が先で名前が後)

 一つの作品から二人採用していいのか散々悩みましたが(「ヒロイン」の意味からかなり外れてますし)、かわいいのでそれが第一(笑)と判断しベスト3に。

 無口で無表情で、いわゆる「綾波系」かと目してましたが、ノールはそんな生易しいキャラではない(笑)。
 彼女は平面宇宙(星界における「超空間」)航行中に船の中で生まれたと、変わった生い立ちの持ち主で、そのせいか相当の変人です。絶対音感を持ってるアーヴなのに音痴だとか、口が悪いとか。あと、スピード狂で高加速大好き。
 パイロットとしての腕は高くて、そういう面では重用されますが、指揮官には向いてないです。ただ戦旗5の最後では帝国が存亡の危機に直面してるので、彼女もそれなりの地位に就いてます。

 「エクリュア」との名字には女性的響きがあって、一時名前だと誤解してましたw(「ソバーシュ」も女性的ですがあくまで名字。原作で男性なのがアニメでは女性なので混乱に拍車をかけた)。最近では断章の効果もあって「ノール」と呼ぶの多いです(本当は「えくえくたん」と呼びたいのですが…www)。

 あのかわいさで22歳(初登場時。戦旗5時点26歳)なのは少し驚きましたがアーヴの歳の取り方は緩やかですから。ラフィール同様成熟が気になるキャラクターです。

 ちなみに最後までノベル部門3位を争ったキャラは「グイン・サーガ」のリンダ。結婚してから(笑)面白みのないキャラになっちゃったのが…。

 ベストヒロイン4つエントリ立てて思うのは、私はとことん貧乳好きなのだな…。ロリの気もあると?否定はしません(汗)。

 追記8/2・表現をいくつか修正。

| | コメント (2) | トラックバック (0)