復刻系据置型ゲーム機、所謂「ミニ系ゲーム機」6機種10製品、感想。これらは断じて、「懐古厨」的文脈"のみ"で、語られていい商品ではない!

 私のゲーム遍歴が如何に偏っていて、ゲームの歴史も、わかっていたつもりがわかってなかったこと、痛感させられた、製品群でした。
 それはそうと、当ブログのアクセス累計が、35万を超えました。ありがとうございます。密かに応援して下さっている方、少なくないの、わかっています。

 それでは、自慢させて下さいっ♪
20200801_020407006_ios
 ネオジオASPの、悪目立ちが異常…wwwww。でも好きなゲーム機なので、ハブハブはしたくないのよw。

 タイトルでは、「復刻系据置型ゲーム機」と書いてますが、これはウィキペディアによる呼称に、倣っています。日常的には「ミニ」と呼んでいる。しかし「分類」においてあまりに不適切なので、ウィキに頼りました。このエントリ内では、これらのハードを、基本的に「ミニ」と呼びます。

 各機種ごとに項目立てて、更にバージョン違いは、副項目にして、語ります。ミニそのものの古さ新しさではなく、オリジナルとなったハードの古さ順に、語ります。個人的に、そっちの方が、わかりやすい。
 語れること、語りたいこと、あまりに多いので、絞らなければなりません。むしろ大変だw。

 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ任天堂

 すべてのミニの、原点。CEROはB。まあファミコンだからね。

 実は最初、興味なかったどころか、「なんだ、今さらファミコンの、復刻か。任天堂らしい、時代錯誤だ」と甘く見て、発売日に買わなかった。私は基本、「新しさ」を好み、「古さ」を憎む。
 …ツッコみたい方もいるでしょうけどw、とりあえず我慢して下さいw。「革新派」を自称するところと、「歴史や伝統」にめっちゃこだわるの、私の矛盾の最たるもので、それこそが「私」なのだと思う。
 いったん販売が中止になって、めっちゃ後悔し、ミニスーファミを大慌てで買い、販売再開には、狂喜した。節操のない、転向をしたなと、よくわかってるw。
 ミニスーファミでもう思ってたが、ミニファミコンを触って改めて思った。「これは、ゲームの古典的な歴史を、未来へつなぐための、ハードだ」

 そもそもミニとは、エミュレータを使って、古いゲームを再現したハード。胡乱に思った理由、「エミュレータ」というものに、いい印象がなかったから。今までアジアなど外国が勝手に作っていた、ファミコンなどのパチモンハードの、印象を持っていた。
 今でも、「ファミコンのカセットが遊べます!」「ゲームボーイのカセットが遊べる、新ハードですよ!」なゲーム機が出る。悪いが、一切微塵も、信用や信頼を、しない(#^ω^)。ライセンスなしを信じるなど、馬鹿げている。当然、買うわけがない。
 任天堂も、それはわかっていたと思う。だから…。「公式が作ると、エミュレータはこんなにも、すごいのだ」と証明してみせた。「ミニ」というわかりやすい単語も、一般化させた。流石と思う。
 ミニ開発に重要なのが、「低価格」「それなりの性能」「省電力」の3つなのだという。ミニファミコンは、「10000円前後」「USB給電と、HDMI出力」という、基礎の基礎を固め、他社にも踏襲させること、成功した。ここも流石。

 機能も充実していて、全ては語れない。まず目を引くのが、ソート機能。特に、「オリジナルゲームの、発売年月日順」のソートがあること。
 これでミニが、「ゲームの歴史を語る」製品なのだと、気がついた。なぜかネオジオと、PS1のミニに、年代順のソートがないのは、とっても残念(´・ω・`)。
 も一つ気を引いたのが、画質調整機能。「4:3比率」「ピクセルパーフェクト」「ブラウン管を再現」の3つのモードが、ある。
 個人的に、ブラウン管に魅力をぜんぜん感じない。なんでわざわざ汚い画面で、やらなければならない。偏見を承知で言うが、あれを好きな人は、どうかしていると思う。
 好きだったの、ピクセルパーフェクト。あれが一番、綺麗なので。しかし、ゲームによっては縦長になり、カッコ悪く見えてしまうのも、わかった。なので今ではどのミニも、4:3でプレイしている。

 通常版

 最初のソフトが、「ドンキーコング」なのは、まさにファミコン。当時、1983年。家庭用ゲーム機の歴史の、大きな開花点。
 ソフトラインナップで驚くのが、「コナミ」「テクモ」「テクノスジャパン」の存在感。エニックスやスクウェアは、ファミコン時代は目立たない、会社だった。
 特にテクノスジャパンは、もう後継も、存在しない会社。権利を持ってる会社があるから、復刻できたが。ミニで困難なポイントの一つ、権利問題。もうない会社のゲーム、各社はよくぞ、復刻してくれた。
 今でもよく言われることだが、任天堂のゲーム機のコンセプトは「玩具」だと思うし、ミニファミコンを触ってても、それを感じる。

 好きなソフトはそうだな、まずメジャー過ぎる、「マリオ」「ドラクエ」「FF」は、各ミニで挙げるお気に入りから、基本的に外す。

 で、ミニファミコンでは、「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」だな。「くにおくん」シリーズが、あんなに芸の細かいゲームだったと、長い時間で、忘れていた。

 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

 ある意味、PCEやメガドラを超える、おっさんホイホイw。

 普通のミニファミコンは、女性や、「今どきのお子さんにも、古いゲームを知ってほしい!」意図を感じ、実践できてるが、所謂「ミニファミコンジャンプ」は、30代40代50代の、おっさんだけを狙い撃ちにしているw。
 同じハードでありながら、コンセプトが全然違う。こんなこともできるの、任天堂の凄み。権利のクリアー、大変だったでしょうにw。任天堂さん、集英社さん始め、関係各位の皆様、お疲れ様でした。
 女子高校生だったネット知人が(そんな知人を問題なく持てるのが、ネットの面白さw)、「ファミコンのジャンプゲームは、バンダイのクソゲー大会だった」とナチュラルに認識してたのが、草だった。若い子もそう思ってるんだw。
 マシリトさんも、「『キャラゲーはクソゲー』という認識が広まってしまったのは、ひとえにバンダイのせいだ」と言ってたからなw。「アンタが言うな」でしかないがwwwww。

 好きなゲームは、「キャプテン翼2 スーパーストライカー」。キン肉マンとも迷うけど、当時のジャンプゲームでは、ピカイチだった。
 当時のテクモはすごかったし、キャプ翼も、すごかった。むしろテクモのゲームが、原作より面白かったw。

 PCエンジンミニコナミ

 現時点で、「ミニの最高傑作」と認定してるのは、これ。ミニとしては今のところ、最後発。CEROはD。きわどいエログロ表現、入っている。「なるべく当時の表現を再現」としたコナミに拍手。

 PCEは、初めてファミコンの牙城を脅かした、ライバル。「ライバル…?」とか任天堂は思っていそうだがw、実のところかなり、焦っていたと思う。
 全然経験なかったので、とても新鮮なゲーム機。史上初めて、CDROMを搭載したゲーム機の、凄みを味わっている。
 アニメと音楽、そして声優の次元が、他機種と比べて段違いで、このレベルは、サターンやPS1の登場を、待たなければならなかった。
 とてもオタク臭いゲーム機で、コンセプトは「アニメ」のハードと言える。だが初めて出たときは、「オタク」という言葉すら存在しなかった。早すぎたゲーム機だったと思う。
 ミニとして、機能が最も、充実している。特筆するの、国内版と海外版を、1つのハードに収めてること。これの意義、遊んで確かめてください。
 あと気づいて調べて確かめて、少し驚いたこと。他のすべてのミニ、電力は5Wで済むところ、PCEミニだけは、最大で10W、必要。
 ミニの中でも特別に、豪華な仕様なので、わかるはわかる。というか、ほとんどのミニが、たった5Wで動くの、むしろ驚く。

 そして重要なこと言う。個人的に、ファミコン、スーファミ、PS1は、オリジナルを買って遊んでいた。しかしPCEやメガドラはコレクションとして持っていただけで、プレイの機会はなかった。ネオジオは、持ったことない。
 だから「懐古」という気持ち、PCE、メガドラ、ネオジオのミニでは、全然なくて、とても新鮮な気持ちで、遊んだ。これがどれほど重大だったか、エントリの最後で、詳しく語る。

 お気に入りのゲームは、「ときめきメモリアル(1)」。声優、音楽、アニメと、PCEの持ち味、フルに活かしている。
 またPCEミニを作って売った会社が、ときメモの会社である、コナミ。PCEの元の会社である、ハドソンを買収していたから、権利を活かしたのだろうが、コナミが本来自社の製品ではないPCEに、ここまで愛を注いでくれるとは、思わなかった。
 他のミニでも、コナミのすごさは、余すところなく味わえる。しばらく前にMGSシリーズやラブプラスを遊んでいたこともあり、どちらかというと悪い印象あったコナミが、私にとって好きな会社となった。

 メガドライブミニセガ

 セガの自社への愛情に、改めて驚かされた。CEROはB。…え?wセガハードなのに?wコナミと比べてずいぶん、大人しいなー!w

 メガドラタワーミニ(メガCDとスーパー32Xの、張りぼてw)を出すとか、専用バッグまで出すとか、しかもそれらが、ファンに大人気とか、セガとセガファンは、狂っているw。
 セガは、最初にファンが出来たゲーム会社。任天堂ファンやスクエニファンなど、熱さが目ではないw。スタッフロールと権利表記も、本気の本気であるw。他にここでこだわってるのは、PCEミニくらい。
 触ると気づくの、本体のミニチュアと、コントローラの、クオリティの高さ。実はミニとは、「古いゲーム機のミニチュア」を楽しむハードでもある。またコントローラの出来は、ミニチュアの出来と、ほぼ比例する。
 セガはたくさんハードを出した会社、クオリティ高い。任天堂とSIEは、現役でゲーム機を作ってるので、クオリティは悪くない。SNKは、ゲーム機を出した経験が薄い。コナミは、初めて。だからミニチュアとコントローラは…。お察し下さい(-_-;)。

 通常版

 PCEに似ていて、オタク臭い、ソフトラインナップ。だけどPCEは「女子」成分が多かったが、メガドラは「メカ」の成分、多い。
 実は80年代から、90年代までは、「売れるゲームには、かわいい女子が必須」という常識、確立されていなかったw。だから女子を売りとしてないゲーム、珍しくなかったw。
 セガは、「ゲームはあくまでゲーム」という思想、持ってたと思う。元々の社名が、「サービスゲームズ」、縮めて「セガ」なのがそれの証。
 触れるべきなの、メガドラにはなかった、メガドラミニオリジナルゲームである、移植版「ダライアス」と幻のメガドラ版「テトリス」が収録されている。ファンには刺さりまくるタイトルらしく、発表時絶賛されていた。

 でも個人的にお気に入りのゲームは、「魔導物語1」。アルル・ナジャの原点が語られる。当時のコンパイルは、すごかった。

 アジアエディション

 こんなものが日本向けに出るのも、セガとセガファンの、病気こじらせw。

 「アジア戦略の温度差」も、ミニを見るうえで、着目すべき要素。詳しくは、ネオジオミニのところで語る。
 通常版と別のバージョンであるものの、ミニファミコンジャンプや、ネオジオミニインターナショナル版ほどの、違いはない。
 だけど「ソニック1」「シャイニングフォース2」「ぷよぷよ1」の収録は、大きい。セガはこれらの、1と2のどちらを通常版に収録するか、迷いまくり、ツイッターでアンケート取って、決めた。アジアEDにはこぼれた方を、収録した。

 お気に入りソフトは、「ぷよぷよ(1)」。アルルとモンスターたちの、掛け合いが楽しい。「ぷよぷよなら当たり前では?」と思うかもしれないが、メガドラ版の通には、掛け合いがないのだ。

 ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン任天堂

 私個人が、最初に買ったミニ。CEROはB。まあスーファミ、というか任天堂だしぃ…w。

 目玉ソフトが、開発されていたが発売されなかった、「スターフォックス2」の収録。大きなサプライズで、セガはこれに触発されて、メガドラミニにダライアスとテトリスを入れた。
 スターフォックス1をある程度進めなければ遊べない意地悪仕様だけどw、面白いゲーム。まだ、シューティングが廃れ切ってなかった時代。
 そう、この頃は、シューティングがすごかった。PCEがシューティング全盛期を象徴していて、PCEミニで最も多いジャンルがシューティング。ミニはあらゆるハードが、シューティング重視となっている。
 しかしPCEやメガドラ、そして意外とネオジオが、シューティングを厚遇してくれてるが、任天堂やPS1は、シューティングに比較的塩対応w。ここは一般向けの任天堂やPSと、マニア向けのPCE、セガ、ネオジオの方向性の違い。
 任天堂もシューティングでは儲けたのに、恩知らずw。PS1では、かなり廃れていたがw。リプレイ機能と、それを活かしたマイプレイデモは、他のミニにない機能。

 好きなゲーム、「スーパーマリオRPG」。マリオは挙げないのではなかったか?これはマリオシリーズでも、屈指の異端作なので、特別w。任天堂とスクウェアの大喧嘩をリアタイで覚えてる奴にとっては、感慨深いタイトルw。

 ネオジオミニSNK

 SNKの「ネオジオは、他社のゲーム機とは違うぜ!」なこじらせたプライドが、よくわかるw。CEROはC。ネオジオらしい、線引きと思うw。

 本体にモニタと、レバーとボタンがついてて、携帯機としても使えるが、まあ普通は、携帯機として使わないw。試しに出先でやったことあったが、レバーとボタンがカチャカチャうるさく、迷惑この上なかったw。
 またUSB給電やHDMI出力などを、ミニファミコンから踏襲してるが、規格が他のミニと違って、互換性がないw。それは本来不便なんだけど、その独自性で、無理矢理自室のテレビの前の一画に、陣取ってしまったw。なんたる強引さw。
 だがそこがいいw。去年のベストゲーム機だったw。

 アジア版

 まず驚いたのが、「女子のかわいさの、レベルの高さ」であるw。

 SNKのゲームがコミケで人気高かったのは、妹がコミケへ行っていたので知っていたが、腐女子人気と誤解していた。いやそれもあるのだが、女子キャラの萌えも、すごかったのだ。
 近年、「年齢規制に引っかかり、スマブラに出られなかった」のがネタとなったw、不知火舞は、実は文字通りのお笑い系ネタキャラでw、それほど萌えられる、キャラではないw。
 むしろ萌えられるのは、KOFなら麻宮アテナ、龍虎ならユリ・サカザキ、餓狼ならブルー・マリー、サムスピならチャムチャムと、まあかわいい女子の、バリエーション多いこと多いこと…w。
 個人的には、月華の一条あかりや、餓狼MOWの双葉ほたるが萌え。我ながら、マニアックであざとい趣味w。

 アジア版は、格ゲーが売り。カプコンとは、まるで異なる、革新的な格ゲーがたくさん遊べる。また「アジア版」という通り、中華圏や韓国など、アジアでの人気が高く、ミニもそれらの市場をも狙ってる。これもネオジオの、独自性。
 任天堂を除くミニには言語設定があり、そこを見るとPCEとPS1は、欧米重視。セガとネオジオは、西洋も東洋も。アジア重視のハードには、ハングル、簡体字・繁体字が、ちゃんとある。中国語表記には2種類あると覚えた方、今どきはいると思うw(第一どのミニも、「MADE IN CHINA」w)。
 だからかつては韓国の外資がSNKのオーナーだったし、今は中国系の、メーカーである。異存はSNK自身にもあったろうが、それらが出資してくれなければ、ネオジオの歴史は終わっていて、ミニもあり得なかったので、外資には感謝しなければならない。

 ネオジオのコンセプトを私なりに言うと、「少年マンガ」。格ゲーが多いのも、女子のかわいさも腐女子萌えもw。
 「るろ剣」の和月先生が、「格ゲーがバトルマンガに与えた影響は、とんでもなかった」とインタビューに答えてらしたのが、この考えのヒントとなっている。
 「サムスピ」や「月華」がるろ剣と"相互に"与えた影響、すごかったとプレイして初めてわかった。女子のかわいさももちろん、ネオジオとるろ剣の、持ち味なのであるw。

 好きなゲーム、「ティンクルスタースプライツ」w。めっちゃアニメ臭い(しかも90年代のw)、萌え萌え美少女ゲームw。
 今でさえ、40過ぎの男がこれ好きなのどうかと思うのにw、当時の男子の恥ずかしさ、今の私をはるかに凌ぐだろうw。「萌え」という言葉すらなかった時代、早すぎたゲームだったw。キャラだけでなく、ゲームシステムも、すごいのよ?w

 インターナショナル版

 INT版を思い切って買ってみて、「私は、日本人はネオジオの、一面しか見ていなかった」と、唸らされた。

 英語が基本であり、ハードには日本語設定が、存在しない。ソフトによっては日本語設定がある。メニュー画面が、アジア版とは全然違うと、思わなかった。
 パッケージも英語であり、なんとCEROの記載がない。パッケージが、カッコいいかカッコ悪いかも、ミニを品評する、ポイントw。
 パッケージのカッコ良さ、PCEとメガドラ、PS1が優れていて、任天堂はまあまあ。ネオジオは…。まあw。あくまで主観的な、美的感覚による、品評w。
 格ゲーが売りの、ゲーム機とは言えない。アクション、シューティング、アクションシューティング、スポーツにパズルと、一般的に「ネオジオ」と聞いて思いつくより、はるかに多彩なゲームが遊べる。
 アジア版はメインコンテンツが、KOFだがINT版は、メタルスラッグ。これが面白く、女子もかわいいのだw。そして「アクションシューティング」が一大ジャンルだったことにも、気づく。
 ミニはシューティング全盛期を再現していると書いたが、アクションシューティングも、全盛期だった。むしろなぜこれほど面白いジャンルがすっかり廃れて、RPGが天下を取ったのか、不思議に思える。
 ミニは、それを検証するための、歴史的資料に、なりうる。特にネオジオミニINT版は、資料的価値が大きい。日本で知られていないゲームが、いくらでも遊べるのだ。

 お気に入りは、「ショックトルーパーズ セカンドスカッド」。アジア版にもあるだろ?仕方ないだろ!ルルがめっちゃ、かわいいんだからさ!wアジア版のお気に入りは、アジア版にしかないゲームなんだし!w
 ネオジオミニは、クリスマス版と、サムスピ版もあるけど、そこまで道楽は、出来なかったw。

 アーケードスティックプロ

 ネオジオミニの亜種で、ミニ中、一番変なハードと、断言できるw。そもそも全然、小さくない(エントリ冒頭の写真、参照w)。だからこそ、とても好きw。

 ネオジオミニの、アケコンとして使えるw、ネット対応してないのに、PCからのUSB経由で、DLCとして落とせるゲームがあるw(しかもアンロック式っぽいw)。
 極めつけが、走査線モードがある上、線を縦や、斜めにも走らせられるw。低画質モードも、ここまでこだわってくれれば、称賛ものw。スペックはミニの中でも、最高。画面のきれいさ、ネオジオミニと、まるで違う。
 一時期、「ミニなのに、ソースコードを公開してないのじゃないか?」と言われてた。今では解決してる問題。でもネットで尾を引いてるw。DLCがあったの、原因じゃないかなw。
 でもDLCは、とても通好みの、助かるラインナップ。ミニのアジア版や、INT版にはないゲームを狙って収録してる。クリスマス版にあるゲームが、かなり多いのよw。餓狼1なんて、今遊ぶ機会、なかなかない。無料なので、ご安心をw。本体がそもそも、高いのですがw。

 好きなゲームは、ネオジオミニにもあるけど、「餓狼 MARK OF THE WOLVES」。あれからロックやテリー、そしてカインは、どーなるの!?続き、作って!w

 プレイステーション クラシックSIE

 ミニの中でも、批判は多い方。しかし決して、駄作ではない。CEROはD。バイオハザードDCとMGS1で重くなったw。でもこの2作がないと、確かに「PS」ではないw。

 まず長所として挙げられるの、「クイックセーブと、仮想メモリーカードへのセーブが、完全独立している」こと。
 他のミニでは、セーブデータは、クイックセーブが優先され、仮想セーブは、下位のセーブ。仮想セーブした後にクイックセーブしないと、セーブできないミニもある。
 PSCはむしろ、仮想メモカを重視してる。クイックセーブを上書きしても、仮想セーブには関係ない。「クイックセーブファイルが、1つしかない」ことが責められがちだが、これはとても、ありがたい。
 世間で言われてる通り、PSの発想、「家電」なのだと思う。仮想メモカの仕様に、それが反映されてる。でも出来れば、仮想メモカを1ソフトに2枚、据えてくれれば、もっと助かったのだが…w。特にアーク1・2は…(-_-;)。

 短所として挙げるの、画像があまり、綺麗ではない(^^;)。ミニファミコンと比べてもだorz。どーもミニの画面のきれいさとは、元となったハードのスペックや、ミニの解像度そのものが、必ずしも決めるのではないらしい。
 全体的に、古いゲームのチューニングやブラッシュアップ、あまり丁寧にはしてない(-_-;)。しかしソフトラインナップ、前は不満だったが、今では悪くないと、思っている。下手にスクウェアを、厚遇しなくててよかった。
 ここで言うと、PSC、ミニファミコン、ミニスーファミには、ある程度の懐かしさを感じる。けど初見のゲームが、とても多い。反省した。私はPSやファミコンの、ほんの一面しか、見ていなかったと。だから新鮮さも、かなり感じるのだ。

 お気に入りは、「スーパーパズルファイター2X」。カプコンキャラが、楽しいっ♪デビロット姫までいるw。ファミ通さん、パズルゲームとして斬新かどうかは、パズルゲーム初心者にとっては、どうでもいいこと、ですよ?(#^ω^)

 総評・私が好きなのは、「レトロゲーム」ではなく「ミニ」なのだ。ゲームの歴史は、浅くない

 もいちど、自慢させて下さいっ♪
20200803_090725182_ios
 ミニに一体、全部でいくらかけたのか?聞くなw。すごいプレミアがついてる、本もある。あんな値段つけるとは、転売ヤーも恥知らずなw。

 さて、私にとってミニとは、必ずしも「懐古厨」として、楽しんだ製品たちではなかった。その感覚が、皆無だったのではない。しかし、ミニを買った皆さんに問いたい。
 「全機種合わせて、350本を軽く超え、かぶったタイトルをまとめても、250本はゲームがある。それらすべてを、『懐かしい』と思った客、どれだけいるのか?」
 …6機種、10台も買った大馬鹿は、そこまでいないに、違いないけどw。プチブルの戯言w。
 「未知のゲームとの出会いの場」として、これほど機能してくれた製品群はなかなかない。PCE、メガドラ、ネオジオは知らないゲームばかりだったし、ファミコンやスーファミ、PS1すら、実は未知のゲームの方が、多かった。
 これはミニが、「沢山のゲームの詰め合わせ」であるから。「おもちゃ箱」みたいな感覚。個人的に、Wiiにあったバーチャルコンソール、PS3からあったゲームアーカイブスを、多少は利用していたが、ここまで楽しめなかったし、古いゲームに、それほどの興味、持っていなかった。
 VCやGAのサービスが終わってしまったの、「古いゲームに興味ある人、それほど多くはない」証拠だと思うし、ハッキリ言うと、ミニもそれほど、大ヒットしてるのでは全然ない。任天堂以外は、勝てていないと感じている。

 気づいたことを言う。「私は、ソフトよりハードに、興味を持つゲーマー」。DL販売にあまり興味なかったのに、ゲーム機のミニチュアに、夢中となった。
 また私は、ゲーマーとして進歩派の、自負がある。だからPSVRや、XboxOneXなどのマイナーなハードを、買っているし、飾りではなく、実際にハマっている。明確にこう思っている。「ゲームの『過去』ではなく『未来』を見たいのだ」。
 だけどミニをやると、「古いゲームの方が、むしろ斬新で新鮮だ!」と感じること、しょっちゅうだった。こうも思う。今のゲームの礎、80年代、90年代に、築かれていた。
 ミニで最も古いゲームは、ファミコンの83年の「ドンキーコング」。ゲーセン版は、さらに古い。最も新しいのは、ネオジオ2004年の、「サムライスピリッツ零SPECIAL」。ゲームの21年史が、詰まっている。

 誤解してる人、多いと思うのだが、例えばFFシリーズ、初代作のFF1と、最新作のFF15を「ただ」比べると、「共通点、全然ない」と感じると思う。だけど、全てのナンバリングシリーズをやってるとわかる。「1から15まで、確かに地続きに、つながっているシリーズだ」と。
 これはマリオや、ドラクエにも言える。ドラクエなどの方が、別物感は薄いが、「初代作と最新作では、まるで違う」と感じるだろう。しかし地続きなのだ。
 マリオが、かなり入っているし、ドラクエはミニファミコンジャンプに1が(ちなみに「ファミコンジャンプ2 最強の7人」は、堀井さんと中村さんが作った、ドラクエの亜種。だけど堀井さん、ジャンプを意外と、わかってなかった(-_-;))、FFは3と6と7を収録。またスクウェアのRPGは、FFの兄弟分と言える。 
 PCEとメガドラとネオジオの敗北、「マリオとドラクエと、FFがなかったから」と見も蓋もなく言うが、敗因はそうなる。もっとも今どきのゲームは、国民的シリーズが必ずしももう、主導権を握っていないけど。
 それにネオジオは、ゲーセンでMVSを勝たせるためのハードであって、アクションやRPGに、大した期待をしてもされても、いなかった。
 追記・当時、エニックスやスクウェアの他にも各社が、「FFを倒して、更にドラクエをも、倒そう」という志を持って、RPGを作っていたのは、触れなければならなかった。天外魔境も、ファンタシースターも、勝つつもりでいた。RPG戦国時代とは、すごかった。
 また、ドラクエやFFが勝てたのは、かなりの部分が、「運」である。実は任天堂やPSが勝てたのも、かなり運だと、多くのミニをプレイすれば、わかる。

 そろそろ結論にかかろう。ミニとは、ゲームの過去を振り返るハードでは、確かにある。しかし懐かしむためだけではない。ゲームの未来の、ためにある。私はそう、確信している。
 苛立つのは、私のようにミニを見てる人、1人も見たことがなく、みなさん「懐かしい」「久しぶりに遊んだ」という感想しか聞かない。それは私が感じてることと、大いに違うし、それだけがミニの存在意義では、ないと思うのだが。
 まあ、PCEミニのキャッチコピーからして、「ゲームに夢中だった大人たちへ」だから、メーカーもイマイチ、わかっていないのだが…。私は現在進行形で、ゲームに夢中だし、子どもたちにこそ、ミニを遊んでほしい。
 独善的なのは、わかっている。今の子たちがミニを遊んで、面白いかと、そんなことないと思うw。我々に、昭和のマンガやアニメが物足りないのだから、それは当たり前w。
 だけど思うのだ。「ゲームなどサブカルチャーにも『基礎教養』というものがある」と。

 私なりに、ガロ初期の劇画や、24年組の少女マンガを読んだ。1stガンダムや、全盛期のヤマトも、少しは見た。正直、今の審美眼で見ると微妙。だが触れてよかったと思う。過去の作品を理解すると、今の作品への理解度、劇的に上がる。ヤマトやガンダムを見なければ、エヴァは理解できないし、その後のアニメが、「どんな系譜や、文脈の上に成り立っているのか」が、見えない。
 ぶっちゃけ、手塚とトキワ荘と、少年ジャンプだけで、マンガの歴史を語られるのや、手塚とジブリと、ディズニーだけで、アニメを語るなど、お話にならんのだ。アニメもマンガも、そこまで浅く、狭くなどない。
 そしてゲームも、任天堂とPS、スクエニだけで、語られるなどあってはならない。これは私の反省でもある。セガやXboxに触れただけで、ゲームの敗北者の歴史、わかったつもりでいた。ハドソンやNEC、SNKという、「名誉ある敗者」を知らずに、歴史を知ったつもりでいた。おそらくは、PCFXや3DO、ピピンも、素晴らしいハードだったのだと思う。

 かつて「ヒカルの碁」で(これも、もう古いけどw)、主人公の進藤ヒカルが最終回で、「遠い過去と、遠い未来を、つなぐために、俺はここにいる」と語った。当時、あまり意味がわかってなかった私w。この名言、ミニにこそ相応しいと、思う。
 キン肉マンのネプチューンマンも、「未来の超人たちのために、俺たちが捨て石となる番だ!」とネプチューン・メッセージを吠えた。タクティクスオウガでも、プランシー神父が、「大義のための礎となれ、お前は未来への道を、指し示すだけでいい」と、息子のデニムに、言い遺して死んだ。
 な、なんだみんな、そゆコト、ちゃんと言ってたんじゃないか!w

 ミニも、未来のための、礎となれるはずの、製品。しかし…。自分にも言うのだが、「のちの世のための、捨て石となる」つもりがないやつ、年寄りはもとより、若いやつにも、なんと多いコトか(-_-;)。
 「のちの世に、遺産を残そう」な志が、年寄りにないのは、明白だし、また若者も、「まだ生まれていない世代」のための、蓄財をしているとは、思えない。近視眼的に、見ている。
 私も貯蓄が出来てるとは言えないが、負の遺産を残さないようにとは、思っている。死んだ後、残された家族や、そして肝心なのは、見ず知らずの赤の他人に、迷惑を掛けたくない。だから、一所懸命、断捨離をしているし、これからのために、家事を覚えている。やれることから、やらなくては。
 な、なんか、中年のボヤキに、なってきたなw。みなさん、ゴミをあんまり捨てずに、資源の使い過ぎは、控えて、戦争は、しないようにしましょうw。これはゲームも同じです。イメージは無限じゃないし、廃棄物はきちんと正しく処理し、ゲームが戦争に加担するようなら、黙っていては、いけませんw。戦争は娯楽の、敵です。

 ゲームを、永続可能な、文化にしましょう。産業として発展しただけで、満足してはいけません。さーて、ゲームギアミクロと、アストロシティミニを、買うぞ!w予約済み!w

| | コメント (1)

2020年7月14日 (火曜日)

マンガ版「ダンゲロス1969」全5巻感想(ネタばれ…、ではないなw)。正直、我ながらけっこうトンデモないw、異説を書いて、しまったw

 宣言してからだいぶたってしまいましたが、ようやく書きます。私が今まで書いたダンゲロスのエントリ、ネット上で案外、注目されてるみたいなのでw、今回も手抜きはなるべく控えて、愛を込めて(難しい、作品ですがw)書きます。

 原作公式サイトマンガ版公式サイト公式フェイスブック
 原作者、架神恭介先生公式サイト架神先生ピクシブファンボックス架神先生ツイッター架神先生フェイスブック
 作画、横田卓馬先生ツイッター横田スタッフツイッター横田スタッフフェイスブック
 …この作品、「横田卓馬先生が、コミカライズしたから」注目して、読むのであって、そうでなければ、見向きもしてない(^^;)。しかし横田先生、架神先生と、SNSでつきあい持ってみると、また違った印象を、持つw。

 過去の記事で、「横田先生のお嫁さんがダンゲロス読んだとき、どんな反応したのか」なんて邪推をしましたがw、いま思ってるの、「むしろ嫁さんの勧めで、ダンゲロスを描き始めたのでは?」と勘ぐっているw。
 いや、奥さんのこと、わずかながら、知ったんですよ。なかなかタダモノではない、人みたいですねw。ここのところも、ちょっと意外だった。他人のことなど、なかなかわかりませんよねえ…w。
 「横田先生は、架神先生に、家族を人質に取られて、ダンゲロスを描いている」なんて冗談も、言われてますが、いやいや…w。

 気になるところ、項目として、ピックアップして書く。参考に、当ブログの、戦闘破壊学園ダンゲロス・全8巻感想ダンゲロス1969・1巻感想

 ド変態のようで、実は意外と普通な、魔人のみなさん。そしてこの作品を描く、先生たちの普通(厨二)さw

 「えっ!?」って思う人も、いるかもしんない。しかし考えてみてほしい、あの人たち、そんなに理解に苦しむ、「異常者」たちなのか。

 主人公のユキミや、岩波文子は、ごく普通の、少年少女、だった。ド正義は、前作の彼の息子同様、マトモな方。白金さんも、良識的。
 一方小竹さんや、阿鼻さんは、めっさヤバい。魔人公安のみなさんも、変態ばっかり。公安刑事が、女子高生652人を一斉に列車内でレ○プした挙句、圧死ってなんだよw。
 しかし読むとわかる。彼ら彼女らの変態性、魔人能力に、よってきたる、モノなのだ。
 ダンゲロスは、能力者の人間性以前に、能力そのものが、変態。だから、能力に引きずられて、能力者も変態となる。
 でもだからと言って、能力者がノットギルティとは、思っていない。能力者の能力に、持ち主の願望が、ある程度は表れている。そう考えると、ユキミや岩波はやはり、ピュアな善人だし、まるだし刑事や食○刑事は、変態が本性w。
 しかしぶっちゃけてしまうと、人間とは、男子に限らず、そもそも変態w。

 魔人能力の多くが、人間の欲望を、満たすもの。「いい女を独り占めしたい」「うまいもんをたらふく食いたい」「気に入らないやつを、ぶっ殺したい」これら、人としてごく普通の、欲求なのだ。
 エロいものが多いが、人間にとって性欲は、最重要。女子でもw。しかしここまで性、それも幼稚なものにwこだわるの、架神先生も横田先生も、見事な厨二マインドw。
 すべそれも見事な厨二だし、横田先生、とことん厨二が売りで、ビジネスパートナーにも、そういう作家を選ぶのだと、ようやく気づきましたわw。
 だからホームグラウンドも、ヤンマガやジャンプ、なのだなw。そう考えると、理解しやすい人だw。…先生、シュタインズ・ゲート、少なくとも見てましたよね?(だから、主観を押しつけんなw)
 そして「厨二」とはまさに、「普通」なのであるw。

 架神先生の著書、宗教に関するもの、多いみたいですが、すみません、読んでません。まあそれは置いといてw、私見を述べると、聖書とは、そもそも厨二w。すべそれのエントリでも、言ったことw。
 最近、ネオジオミニやメガドラミニ、PCEミニを遊んで、「やたら、中学生が書いたような、シナリオが多いなー」と思たw。架神先生も、メガドラミニで似たこと、思っていた。
 ここで気をつけてほしいのは、「『中学生が書いたような』は、別に貶しではない」ことと、「『中学生が書いた作品』と『中学生が書いたような作品』は、ぜんぜん違う」こと。この気づきは割と最近で、けっこうデカかった。
 大の大人も、また子どもも、「中学生が書いたような作品」は大好きw。FFもそうだw。そして「中学生が書いた作品」は、そもそも商品に、なりえない。仮にも商業として成り立ってる作品とは、比べるのが間違っている。

 ちと脱線してしまいましたが、厨二カラーの強い作品を描く、横田先生、架神先生、またすべそれの、伊瀬先生も、極めて普通の作家。
 これは大絶賛と、受け取ってください。「私は、ごく普通の、厨二作品を、求めていた」と、気づけたのですからw。

 …まあでも、ダンゲロスを読んで、横田先生に失望してしまう読者の気持ちは、わかるなw。背すピンやシューダンの後で、あれ読むとねえw。横田スタッフさんのツイッター、ダンゲロスに移行した途端、フォロワーが減ったそうですw。
 ダンゲロスが素直に受け入れられるとは、横田先生も思ってなかったと、信じていますw。

 「学生運動」というネタの、普通(厨二)さ。「オタク」とそれほど、変わりがないw。そして宗教や人類とは、厨二であるw

 ここは、学生運動をしていた親父を持つ私なら、かなり語れるポイント。そしてこんなネタを選ぶのもまた、架神先生、横田先生、そして私の、厨二こじらせw。

 親父は、「団塊の世代」より少し、年下。父は、学生運動に参加してたこと、恥じてはいないが、誇ってもいない。子どものころから、しょっちゅう子守唄みたいにw聞かされていた。「運動家とは、とんでもない連中ばっかりだった」と。
 父は学生運動家の中で、はぐれもので、違和感ばかり抱いていた。そしてそれは、その後の社会人生活でも、同じだった。世の中にどうしてもなじめない、違和感を持ち続ける人間。そこは私も妹も、継いでしまっている特性。
 要するに、「超厨二の家系」なのであるw。おそらく、架神先生や横田先生より、性質悪くこじらせたw。それは、祖父の戦争体験も、影響している。さすがにそれは、語るワケにいかんw。

 ぶっちゃけ全共闘とは、厨二だったのだと思う。今の「オタク」とそれほど違わない、流行り。オタク世代の人、全共闘の左翼に反発する人多く、団塊ジジイもよくオタクをDisりますが、語っていることを見ると文脈が異なるだけで、言いたいことは、たいして違って、いないw。
 オタク第一世代も、もう還暦を超えた。全然新しくなく、若くなんかいない。ヤマトもガンダムも、エヴァすらもう、クラシックなのだ。
 だいたい親父が、60年の年季ある、マンガマニア。そう団塊とは、初めてマンガに目覚めた世代だった。学生運動も、マンガの影響、モロに受けていた。報道や記録を読めばわかるはずだし、手塚先生も、学生運動にあるていどの、シンパシーあった。
 そして父がああでなければ、私はゲームオタクに、妹はアニメオタクに、なっていなかった。オタクとは団塊の、息子娘と言える。

 でじっさい、読むと気づくの、運動家のみなさん、「今の若者と変わらない、ごく普通の、厨二をこじらせた若者」として描かれてるの、好印象。
 そしてこのエントリに、かかって初めて気づいた。「『マルキシズム』の臭いを脱臭しているの、極めて上手い、仕掛けだ」
 私は親父の話や、吉本隆明の本を読んで、それなりにマルキシズムを、知っている。あ、「カール・マルクス」その人の本は、読んでませんw。すみませんw。エンゲルス?誰それ?w私自身、歳に似合わず、まあ左翼であり、ずいぶん偏ってると、自覚している。
 しかしだからこそわかる。「こじらせた、共産主義の主張は、今の子からすれば、異世界だ」…割とレフトに染まってる、私でさえ、明確にそう感じる。いま朝日や毎日が、あまり「左翼」と名乗らず「リベラル」と名乗るの、感性があまりに、異質だから、なんだよね。
 だから、魔人のみなさんに、マルキシズムの臭いがしてたら、読者は親近感、覚えにくかったと思う。その臭いを抜いたの、架神先生、横田先生、正解です。

 架神先生、普段のお仕事では宗教の問題を論じている。読んでないのでそれは語れないけど、「キリスト教」と「共産主義」の共通性は、わかっている。先生もある程度、そうだと思う。多少は宗教かじってるから、わかるよ。「宗教は、マルキシズムよりさらに、異世界だ」とw。
 イエスも釈迦も、ムハンマドも、まあ反社会的な、とんでもないやつら、ばっかw。ぼかしながらぶっちゃけてしまうが、90年代中盤に、日本を揺るがした、例のあの宗教と、あの教祖、正直、イエスや釈迦と、なにもかも根本的に違うとは、思っていないw。
 ここでまた、思いついてしまった。「イエスや釈迦は、『シュタインズ・ゲート』の岡部倫太郎と、同類だった」説w。
 シュタゲの主人公、岡部倫太郎は、幼馴染の椎名まゆりのため(要するに、かわいい女の子のためw)、真名w「鳳凰院凶真」を思いつき、演じ、そしていつしか引っ込みが、つかなくなってしまったw。ここで思った。「イエスや釈迦も、オカリンが『凶真』を演じたのとそれほど違わない、動機やいきさつで、『キリスト』『仏陀』を演じたのでは、ないか?」w
 2000年前のことなので、想像するしかなく、断言は不可能。でもそう考えると、イエスや釈迦とは、オカリンみたいに、面白い、「こじらせ中二病教祖」だったのではないかw。そしてマルクスも、それを目指していて、架神先生や横田先生は、そんな厨二をこじらせた連中に、親近感持ち、興味を持ったのでは、「ダンゲロス」シリーズとは、そんな動機で、描かれている作品、なのではと。

 …まあ相当強引だしw、無理あるのはわかってるw。あくまで私なりの、深読みによる、苦しい解釈の、ひとつですw。

 「女神転生リスペクト」という昔(「戦闘破壊学園ダンゲロス」の、当ブログエントリ)の読み、それほど外れて、いない?

 まずは、こちらをご覧くださいっ♪

20200703_101803197_ios
 このキャラの見た目、メガテンの悪魔っぽい!(そうか?w)ぽいでしょ!?w
 …とゆーかこのスクショを張り付けるのに、とんでもない手間暇、かかったワケだがw。私はまだまだ、電子をわかってないな…w(つーかただ一枚、上げるスクショが、よりによってこれなのかよ、私…wwwww)。(C)Takuma Yokota/Kyosuke Cagami 2020

 それは半分、洒落として、だけど読むと思う。「やはりこれ、メガテンリスペクトだ」つか、架神先生が今まさに、真4Fを遊んでる件w。
 前項で、イエスと釈迦の話、書いたけど、メガテン遊んでる人ならわかる、メシア教とは、キリスト教がモデルで、ガイア教とは、仏教がモデル。真メガ1で、ロウサイドのラスボスがミカエル、カオスサイドのラスボスがアスラ王なので、言い訳は不可能w。
 メガテンで、一神教の「秩序」の代表者が、YHVH。多神教の神々の代表者(とも、言い切れないんだが)で、「混沌」の当主が、ルシファー。
 そして気づくのだ。魔人公安のみなさんが、ロウサイドで、魔人解放運動のみなさんが、カオスサイド。
 「秩序」なのでまとまりあり、統率取れてるのが、魔人公安で、解放運動家は、派閥や組織が、バラバラなので、まとまりなくて、裏切り者も、いくらでもいる。「混沌」である。

 メガテンのルシファーも、例えば「悪魔」と「多神教の神々」のまとまりが取れず、苦労してるし、しかもありがちなこととして、ルシファー様、困ったことに「混沌」が勝った後のビジョン、あまりないw。だから真メガ1でカオスが勝っても、ビジョンがないのでw、結局真メガ2で、ロウが、世界を制するとw、まあ身も蓋もない展開w。
 そしてまあ、1969のプロ魔連リーダー、ド正義克也(戦闘破壊学園に出る、息子のド正義卓也とは、発想や行動原理、かなり違うとも、気づく)や、革マジリーダー、小竹真央も、見事にビジョン、あるようで全然ないよねw。
 いしいひさいちのマンガでも、「運動家とは要するにほとんどが、暴れたかっただけの、連中だ」という描写、されてるからな。主人公のユキミも要は、文子の仇を討ちたいだけなので、理想とか特に、ないw。

 …この程度の連中が、勝てるワケないだろw。でも面白いのは、「混沌」だよね!wwwww

 表紙の絵と装丁が、きれい!

 気づいてない方も、おられると思いますが、横田ダンゲロスシリーズで、重要なポイント。

 先生、気合い入れて描いてますし、実は「装丁や表紙の美しさ」ならば、横田作品で最高なのが、「ダンゲロス1969」。
 注意すると気づく。「裏表紙に、バーコードがついていない!」ことに。これは同じ講談社の、純然たる横田マンガ、「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」でも同様。
 実は30年ほど前に、「本にも、バーコードをつけなくてはならない」慣例が生まれた。装丁家の反発は、ものすごかった。しかし経済的合理性には勝てず、バーコードは導入された。
 そのルール、絶対ではなかった。講談社さん、装丁家のため、がんばっておられる。好印象。ここは紙を買ってないと、気づきにくいと思う。

 *

 あまりにも、時間と労力を、浪費したので、ここらで切り上げます。こ、こんな汚物マンガwにも、私は愛を込められて、しまうのだなw。
 …単にダンゲロスをダシに、ウザったい自分語りと、妄想をひけらかしたに、過ぎない?そうとも言うw。まあでも、noteでしたのならちょっと問題だけど、ブログは「わたくし」の度合いが高いので、許してw。
 「ネットやSNSの、公私の区別」という、難しくて重要な問題からは、逃げてないつもりよ?wだいいち、こんな変なエントリになったの、「ダンゲロス」がとっても、変な作品だから、ですからね!?架神先生!横田先生!(責w任w転w嫁w)

 次回更新は、来月のつもり。約束はしませんが、横田マンガネタではないはずw。そろそろ、復刻系ゲーム機について、腰を据えて語りたいと、思う。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月曜日)

「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」3巻感想"前編"(ネタバレ)。す、すみません、いろいろ計算が、狂ってしまって…(-_-;)

 予定になかったんですが、すべそれ3巻の感想は、前後編に、わけて公開としました。いろいろすみません。でもこうしないと、完成までのモチベを保てないこと、気づいたので…。
 ベストではなく、ベターを選ばなければならないこと、あります。でもかんがえてみれば、伊瀬先生、横田先生は、ベストを尽くしつつ、毎月ベターを選んで、なんとか連載している。それがどれほどえらいか、ほんのわずか理解しました。ベストを目指していた私は、甘ったれだった(-_-;)。猛省、です。

 掲載雑誌、少年エースすべそれサイト。カドカワ運営の、無料連載、コミックウォーカーすべそれサイト
 ほかにも、無料連載サイト、アプリは多々あります。伊瀬先生、横田先生は、よくニコニコ静画を、勧めるのですが、すみません個人的に、ニコニコは、苦手で…(^^;)。
 でも慧美ちゃんと、クボマユちゃんの、セクシーイラストは、ファン必見w。…く、クボマユちゃん!まだあきらめるには、早いトシ!w牛乳のんで!www慧美ちゃんのスタイルが、中二女子として、異常なの!wwwww(ネタについては、いろいろ言えることあるけど、とんでもなく濃い、トークになるので、やめておくw)
 あとポンコツスカートとの、コラボキャンペーンも、開催してました。で、結果出ました。おもしろくて、私もリクエスト、したかったんだけど、弾幕がどうしても、好きになれない。だから上の、「だっちゅーの」リクエストにも、不参加(設定をOFFにすればいいと、かんたんに言うな!マイシスター!マイフレンド!その無神経さ、ニコニコが嫌われる一因!ヽ(`Д´)ノ)。

 横田卓馬先生ご本人のツイッター(いつもご迷惑、かけております)。横田広報スタッフツイッター(お世話になっています)。横田スタッフフェイスブック
 伊瀬勝良先生ツイッター(毎日読んでいます)。伊瀬先生note(先生のおかげで、ノートの存在を知り、始めました。楽しんでいます)。
 原作ゲーム、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト。MTG日本公式の、ツイッターフェイスブックYouTubeニコニコTwitch

 手前みそながら、すべそれ1巻感想2巻感想。当ブログが設けた、「横田卓馬」カテゴリ。

20191128_053950438_ios_20200309100101
 3巻は、ぶっちゃけ、クボマユちゃんこと、諏訪原八雲ちゃんの、ターンです(左側の子)。かわいすぎ♡。元日のエントリでも書きましたが、横田マンガの女子のなかで、もっともかわいい女子と、認定。(C)Katsura Ise 2019 (C)Takuma Yokota 2019 TM & (C)2019 Wizards of the Coast LLC, A sabsidiary of Hasbro, Inc. in the USA and other countries.
 ただし、私が魅力をかんじてて、好きな横田女子の座、最高は七瀬晶なの、かわってません。だてに「さん」づけして、愛したwのではない。八雲ちゃんがその牙城をくずすかは、今後の展開に、かかっている。
 そしてこの感想前編では、クボマユちゃんにかんして、語れない。3巻いちばんの見どころと思っていて、タイトルにも掲げてたんですが、とりやめ。もうしわけない…。

 にしても激動でした。世の中も、そうなんですが、ダンゲロス1969、「第一部」の最終5巻が、リリースされたり、それにまったくの予想外として、ポンコツスカートの2巻が、すべそれ4巻より先に、発売された。先生や広報スタッフさんのツイッターだけにたよらず、リサーチ、しとくんだったorz。
 ポンスカ2巻、面白かったです。ぜひともかたらせて、いただき…、たいの、ですが…。感想は断念しました。すみません。横田先生がぜんぜんやすまず、がんばっているのに、不出来なファンで、申し訳ないm(__)m。
 書いてる途中で、すべそれ4巻も、発売。語りたかったの、ですが、こちらも感想書くの、断念を決めました。すみません。さらにポンスカ3巻のリリースも、せまっている。これの感想は書く機会、なんとかあるかもしんない。

 個人的にすこし意識してるの、漢字をへらし、ひらがなを、ふやしている。
 noteにあった(始めたの、マジで伊瀬先生の、おかげです)、文章の書きかたのコツ、「段落や改行」「句読点」「誤字脱字をへらす」「原稿を読みかえす」は、意識してたんですが、「ひらがなを多用した方が、おだやかな印象を、あたえる」は、盲点でした。
 なので、意識してます。漢字をへらすと、頭わるく、見えちゃうんですがw、「私は、漢字をつかって、『頭のよさ』を演出していた」とも気づいた。ほんとに賢い文章は、ひらがなでも、十分かしこいよねw。そゆことの虚栄、やめやめ!w

 それから反省してること、私は、伊瀬勝良先生のこと、アマく見ていた。
 実は、2巻のエントリ書いて、伊瀬先生から反応もらって、それはもちろん、ありがたいんですが、内容はもっと、ありがたかった。どんなのかと、私なりの解釈をかくと、
 「横田先生ばっかり、ひいきされて愛されてるの、ずるい!お話考えたの、ぼくなのに!」
 という、いじらし過ぎる、嫉妬としか思えない、リプでして…w。
 これは本当に、嬉しくてありがたくて、しかたなかった。横田先生への愛が、認められたこと。そして原作者の嫉妬を呼び起こす力が、私の文章にあったと、解釈可能な、こと。いじらしさが、愛しく、かわいいとすら、思ってしまったw。
 私の思い込みでしかない、可能性も大きいんですが、まあ私から思い込みを取ったら、こんなブログ、書いてないのでw。それにそれは、原作者やマンガ家も、たいして違わないw。自意識をこじらせまくったのが、クリエイター、ですからw。
 また伊瀬先生の、この反応からは、「クリエイターも、ごくふつうの人間だ」と、当たり前の、事実をはだでかんじる。横田先生も、ダンゲロスの架神先生も、そゆことに、気づかせてくれるクリエイター。私には新鮮な、感覚。

 ここでひとつ、断っておきたいんですが、私の書くブログは、あくまで私の「解釈」に過ぎないこと、理解しています。
 むしろ横田先生としては、私のブログに「『先生のこと、わかっていますよ』感が、押しつけがましい」と思ってるかもですが、私が先生のことわかってないの、わかっていますからね?ツイッター読んで、価値観や感性の違いに、困惑した。でもそれは、いいこと。
 「わからない」を実感として、「わかる」のが、わかる。別に先生のことだけでなく。ネット、SNSで学べるもの、思いのほか、多い。日々是勉強。一生、そうなはず。
 てゆーか、これ書いてるうちに、「ホントに私は、横田先生のこと、理解できない」と、思い知った。別の人間であるなら、そんなのは当たり前なんですが、あんまりわかってなかった(^^;)。勝手に理想化するなどと、バカなマネすら、していた。Ivanというオトコ、未成熟な面と、老成した面の、ふり幅、はげしすぎるとは、自覚して、います(-_-;)。

 1巻、2巻同様、エピソード順に、語ります。10話までです。MTG Wikiさん、今回も、勉強させて、もらいまっせw。

» 続きを読む

| | コメント (3)

2020年5月23日 (土曜日)

「ラストラビリンス」感想(ネタバレ)。開発者もプレイヤーも、これほどド変態になれるゲーム、生まれてはじめてです(褒めてますw)。

 すべそれ3巻の記事、ちょっとスランプで、つまっています。でもあきらめてはいないので、もう少しお待ち、下さい。「あきらめなければ、大抵はなんとかなる」を、42年生きて、学んでいます。
 明かしてしまうと、実は当ブログ、「最低でも、月に1回は、更新する」自分ルールを課して、運営して、います。そうでないと、私も読者も、つまらないはず、なので。
 で、3ヶ月かけてクリアと、トロコンしたこのゲーム、ネタにします。私はまだまだ、VRに本気です。

 ラストラビリンス、日本公式サイト公式ツイッターフェイスブックインスタ。プロデューサーの、高橋宏典さんツイッターフェイスブック(めちゃくちゃ面白い人なんだ、これが!SNSを「100%宣伝」と割り切ってるのも、好感大!)。デベロッパーの、あまた社さん公式サイトツイッターフェイスブックYouTubeチャンネルディスコード(「コアなゲームオタク」を自認する人は、入ってアプリを落とした方がいい、SNS)。

 ラスラビとの出会い

 VRコンテンツの情報収集は、怠ってないので、存在には早くから、気づきました。
 なんども言っているように、私はVRに萌えを求めてるので、ラスラビも、「おおー、かわいい女子が、出るのだな」と、惹かれていた。これも好きなVRゲームである、「星の欠片の物語、ひとかけら版」に似てるらしい、というのも、食指をそそった。

 大きなきっかけ、Vジャンプの、26年続いている、名物長寿ゲームマンガ、「犬マユゲでいこう」(これを「まだ続いてたの!?」と失礼なこと、思う人多いw。単行本、1冊も欠けずに買ってます、石塚2祐子先生w)で取り上げられたこと。
 これが石塚さんらしく、めちゃちめゃエッジの利いた、鋭い紹介マンガで…w。先生、VRゲームは初めてだったそうですが、誰にとっても最大の懸念である、VR酔いはなかったそうで、よかったです。でも同行したマンガ家と、編集者に(すみません、名前忘れました(-_-;))同意です、「絶対CERO『D』だろ」とw。いや、「Z」にされても、ぜんぜんおかしくなかったw。

 まあ一番デカかったのは、PS4での、無料体験版配信。あれをお試しでプレイして、
 「これは、私好みの、ゲームだ!製品版も面白いに、違いないし、公式さんにもコンタクトとって、買う前からステマしてしまおう!」
 と、青田買いw。ゲームの審美眼には自信あるので、外れているとは、あまり思ってなかった。正解、でした。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年4月25日 (土曜日)

「ファイナルファンタジー7リメイク」ファーストインプレッション(ネタバレ)。待てこれ、『ファイナルファンタジーシリーズ最高傑作』なのか!?(*´▽`*)

 FF7R、あまり期待値は高くなくて、予約もわりと、遅かったんですが、予想と期待を、大きく超えています。北瀬さんたち、スクエニの底力、見せてもらって、います。気になるポイント、項目立てて、挙げます。公式サイト
 今こうしてブログ書いてる期間も、FF7R、やってます。またオリジナルやインターナショナルの、FF7の本を棚から引っ張り出したり、解体真書やアルティマニア、「コンピレーションFF7」タイトルの本も、取り出した。紛失した本は、買い直した。
 …私って、FF7がこんなにも、好き、だったのかw。

 まず、記念写真、上げる。
20200410_001117600_ios
 関連書籍も、買っていた。左後ろのスペシャルブックは、ズバリトートバッグの、オマケw。当てが外れた人は怒ってますがw、私は承知で買って、バッグを実際に使ってる。マイバッグ制度、始まったので、ちょうどよかった。ありがとうございます。使うの、ちょっと恥ずかしいデザインですがw。
 右前の、ポストカードブック、たいへんクオリティ、高い。今までのスクエニの、ポストカードブックとは、なんだったのかとw。気合いが、違う。
 右後ろのワールドプレビューも、良著。野島さん、外伝小説、泣きそうでした。関連本読んだだけで、ティファがもう…(´∀`*)。すべて版元はスクエニ。本気度は感じてた。
 あとゲームソフトは、見ての通りパッケージ版。キャッシュレスで、買ったぜ( ̄▽ ̄)。
 (C) 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION: (C) 1997 YOSHITAKA AMANO

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月曜日)

「Xbox Series X」&「PlayStation 5」スペック発表の、感想。他のゲーム機も、からめる。「箱尻」って呼ぶのは、なし?w

 結論から言うと、箱尻への期待値は高まり、PS5への、期待は少し、しぼんだ。

 西川善司さんあたりの、見識にたよりたい気もちはありますが、それではやはりだめなので、収集可能な情報をもとに、自分の頭で、書く。
 それと基本的に、公式が発表している情報を基に、書く。ネットの考察、ましてまとめサイトには、あまり頼らない。専門用語に関しては、すこしリサーチする。

 Xbox Series X(とりあえず、「箱尻」と呼ぶw)

 数値上では、PS5に、完全に勝ってる。まあデータで超えても負けるのが、箱だしぃ…orz。

 まず気になるの、「複数のゲームを、同時に起動が可能」であること。
 箱1やPS4などでも、ゲームとアプリの、同時の起動は、可能。しかし複数のゲームのマルチタスクが、可能なゲーム機は、なかった。
 かなり重要と思う。そもそも複数のゲームのマルチタスク、PCやスマホでは、当たり前。それが「なんでゲーム機では、できないのか。スマホ以下か」と、特に若いゲーマーからは、思われていたと、思う。
 さすがXbox、伊達に箱1で、「据置機で最初に、スリープ機能を導入した」のではない(PS4のスリープ機能は、アプデによる、あと付け)。
 コンパチのレベルも、高い。元祖箱、箱〇、箱1のゲーム、プレイ可能。いいのが、「ほとんどのゲームをプレイできる」なんて、無責任な大言壮語はしていない。
 期待したいのが、今回も過去の箱のゲーム、スクショ、動画の撮影、可能であってほしい。箱1のすごいところ、それを可能とした、こと。箱尻にも、継いでほしい。「旧Xboxのゲームの、品質も向上する」は、箱1も実現してたので、信じる。

 縦置きが可能、というか、縦が基本なのも、重要である。日本など、狭い国の住宅事情に、配慮。箱1やPS4、Wii Uはそこ、鈍感だった、からなあ…。スイッチがまた、縦置きを重視してくれたから、と思う。
 単純なスペック比較では、総じて箱尻がPS5に、優っている。しかしネットの議論読んで、わかったこと、今どきのゲーマー、スペックにそれほど、こだわっていない。
 箱1Xを遊んでいれば、解像度やフレーム数の尊さ、わかるんですが、こだわらない人はこだわらないですし、「PS1からPS2へ」時代の歴然たる差は、もう出せない。
 とはいえ、箱〇や、PS3の末期、「もうグラフィックの進化は、頭打ちとなった」なんてうそぶいてたのが、いかに愚かだったかは、深く反省している(-_-;)。MSさんにソニーさん、すみません。任天堂には詫びない。そう思ってしまったの、かなり任天堂の、せいだから(言いがかりw)。

 個人的な見かたでは、MSさん、「超安価な、高性能ゲーミングPC」というコンセプトで、Xboxを作っているのではと、にらんでいる。
 そもそも触るとわかるけど、箱はWindowsとの共通点、やはり多い。共有できる、モノも。しかし、箱尻と同格の性能の、ゲーム用PCを用意するとなると、30万円でもぜんぜん足りないと、聞いている。
 スマブラの桜井さんが言ってたの、「ゲーム機は、すごくない。ゲーム向きの性能に、特化しているから、そう見えるだけで、コンピュータとしての性能は、すごくない」と。なるほど。
 ゲーム機である以上、10万円はさすがに超えないでしょうw。とはいえゲームマシンとしては、相当高くなるの、想像はつく。
 コントローラのキレのよさも、維持されると期待。「PC、モバイルと、スムーズにペアリングし、切り替わる」と言ってるの、 実はめっさデカい。
 発売時期は、2020年の冬。…はいはい、日本では来年ですなw。あと「VRは、やらない」と言ってるの、今後の推移次第で、変えますよね?w
 こんな早くから、ここまで情報公開してくれたの、感謝です。

 そしてこれを、〆に言わなければならない。MSさんのネーミングセンス、どーなってるのだ?????wwwww

 PlayStation 5(PS5)

 箱尻ほど、アクティブな情報公開は、されてない。しかし重要な情報は、多々ある。

 「PSVR2を出す」とほぼ断言してくれてるの、感謝。PSVR、30年以上のゲーム遍歴で、フェイバリットなハードになったので、その次世代機、期待しないはずはない。
 「PS4との互換実現」も好材料。PS4のゲームにブーストも、ちゃんとかかる。しかしなぜか、世間では「PS1、PS2、PS3との互換も、できるらしい」なんて、ソニーさんがヒトコトも言ってない、憶測が流れて、ソニーさんも困ったと、思われます。
 ただ、「プレイ時間の長い100タイトルで、動作確認」とはむしろ不安を生む。ゲームはプレイ時間が全てではないし、「上位100本」ってアンタねえ…(-_-;)。
 最近のソニー、人気をあまりに、重視し過ぎて、個々のユーザーの、想いを反映してくれない。だから近年のPSは、独自性による面白みに欠ける。PSクラシックは、それでつまらなく、なった(後述)。
 電プレをちゃんと、ブレーンにしてれば…、ってそうか、電プレなくなるんだ。残念。休刊号、予約してます。

 3/19の発表でソニーさんが強調したの、「レイトレーシング」と「3Dオーディオ」という、技術。さすがソニー、オーディオビジュアルに、手を抜かない。
 不覚にも、「リアルタイムレイトレーシング」という技術、これで初めて知った。これからのゲームの、スタンダードと、なるはずです。
 「360 Reality Audio」というソニーの技術、使われるはず。今までの立体音響と、次元が違うし、「古いフォーマットとの互換性がある」のも、とても大きい。今までのつみかさね、ないがしろにしてない。
 発表の内容、明らかに箱尻を意識し、差別化してきた。箱尻は数字でけんか売って来たので、PS5は技術の名前で、応戦した。
 ただその戦略、「MSに見劣りするな」と正直思った。あんだけ期待を引っ張って、情報小出しなのかと。
 発売時期は、2020年の、年末商戦。…はいはい、日本では来年に、なるのですなw。

 これは箱に、圧勝してる点。「プレイステーション」と、「ファミリーコンピュータ」の2つに優る製品名など、ゲーム業界に、存在しない。任天堂は、ファミリーコンピュータを、やめるべきではなかった(-_-;)。

 追記・ロード時間が、SSD搭載で、爆速、なのは、PS5の特徴として、ふれなければならないポイント、でした。箱尻も、SSD搭載ではありますが、 PS5のがずっと、速いらしい。

 Nintendo Switch

 任天堂、「PS4 Proや箱1Xに相当する、性能アップのモデルは、当面出さない」と明言した。Liteも出したし、任天堂らしく、「携帯機」として、売るつもり、なのかも。
 これから恐らく、「ゲームとアプリの同時起動が、不可能」なのが、弱点になると思う。ストレージ容量不足は、解決策あると思う。オンラインストレージとかな。
 「ネットに弱い」のは持ち味となりうる。「ローカル性」を売りにできる。PS4はグローバル化し過ぎて、性規制がひどくなってしまったw。その弱点を、今のスイッチ、うまく突いてるw。

 MS、ソニー、任天堂の三社、基本的な姿勢は、変わってない。しかし世代交代は、力関係を、ガラリと変える可能性が、ある。

 各社のミニ系ハード

 数日前、PCエンジンミニを購入して、驚いた。コナミがもともと、自社の製品ではないPCエンジンに、ここまで愛を、注いでくれるとは。
 LOVEがセガのメガドラミニ、以上かもしれない。事前の動画や、メディア情報で、期待は相当だった。
 実用的意味は全くない、CDROMの読み込み音まで、入れてくれるこだわり。ターボグラフィックスモードへの切り替えも、入れた意図、触ればわかる。
 PCエンジンとはどんなゲーム機なのか、勉強させてもらいまっせ。

 あ、「メガドライブミニW・アジアエディション」購入は、もう決めてまっせw。  もっとお値段、落ち着いてからだけど。つか完全版出すことと、もうこの人気、セガとセガファンは相変わらず、狂ってるなあ…(褒めてますw)。
 SNKの、ネオジオミニやネオジオASP、任天堂のミニファミコン、ミニスーファミ、ミニファミコンジャンプへの、愛も本物だ。

 PSクラシックは、愛がないとは言わないが、他社に比べると、本気度がまるで足りないと、言わざるを得ない(-_-;)。
 問題点の一つが、ソフトがアマゾンや、ゲームアーカイブスを探せば、なんとか手に入るゲーム、ばかりであること。もっとプレミアのついてる、レア物を入れようと思わなかったのか。
 あとそれほどレアじゃないけど、「ガンパレード・マーチ」など、もっと通好みのソフト、入れるべきだった。それから…、おおっと、PSクラシックへのダメ出しコーナーではなかった(-_-;)。
 面白い、製品なのではあると、ソニーの名誉を想って、言っとく。

| | コメント (2)

2020年2月12日 (水曜日)

「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」1巻感想(ネタバレ!)。ポンコツスカート、あるいは、ポンスカって呼んでね!w

 結論にして、前提から触れる。ヒロインにして、主人公の、「小日向微笑」ちゃんが、あまりにも、かわい過ぎる!(*´▽`*)

20191010_050536627_ios_20200120130601
 ようやく語れるの、安堵してます。機会が来なくて、しかも先延ばしにも、してました。先生、すみません。私にもいろいろ事情が、ありますのでm(__)m。 (C)Takuma Yokota 2019

 今作で重要なの、すべそれは原作が伊瀬先生、ダンゲロスは原作が、架神先生。しかしポンスカは、原作からして、純然たる、「横田卓馬」作品。とっても、嬉しい。愛を込めて、語れる。
 読み比べると、作風が明らかに、違う。すべそれはかなり、切なくて心がキリキリするマンガ。ダンゲロスは、エログロだけどお笑いで、変態馬鹿マンガw。横田先生にとって、どっちも好きな世界だけど、多分これらを、ゼロからは描けないマンガ家。

 で、ポンスカは、超平和主義。本気で悪いこと、悲しいことは、一切起こらない。キャラクターも、善人しかいない。
 また、ポンスカは「競争」「勝負」の要素がない。主人公が女子なのも、珍しい。今までやってなかったこと、意識してやっている。
 今作、「ダンス」「サッカー」「ギャザリング」みたいな、明確なテーマがない。わかりやすいラブコメではなく、 横田先生らしい。今回も主人公たちが最後に、「カレカノ」になるかは、とっても怪しいw。
 それでもテーマをあえて言うなら…、統悟くん始め、委員会の奇人変人の皆さんを、楽しむ会w。

 今回は、キャラクターを項目にして、語ります。
 サイト紹介、掲載誌、少年シリウスのポンスカサイトマガポケ連載(毎月、課金して読んでます!このエントリ執筆を機に、会員登録、しました!うわー、PCのブラウザで読めるの、めっさ楽しい!w)。pixivコミック連載(今作がきっかけで、スマホにアプリ落とし、課金して、電子単行本、買いました!うわーこれも、PCで読めるの、楽し過ぎ!w)。横田先生ツイッター横田スタッフ公式ツイッター
 あと個人的に、SNS、特にInstagramで、かなりステマしました。…なんか最近、「ステマ」って言葉に変な、悪いイメージついてますがw、あまり気にしてませんw。悪用したD社、それからはてブが、悪いのやw。インスタで、私よりステマしたアカウント、ないと自負しています。一応、私のインスタのリンク

 それからネタバレ記事なんですが、あまりネタバレが、問題にはならない作品。先生にしては珍しく、一話完結だし。なので、「続きを読む」は、使わないとします。
 …主観的判断ではあります。だから、「ネタバレである」と、強調しときます。
 それからスクショは、少し多めに扱う。過度にならないよう気を付けて。萌えられる、あと笑えるカットが、いちいち多い、マンガなのであるw。あんまりストーリーラインで、語っている作品ではない。
 ていうかポンスカ、ハッキリ言うなら「コメディ」です。「ギャグ」でも、あります。
 …正直あんまり、盛り上がってはいない作品なので(先生すみません。だけど黙ってても意味ないんで(^^;))、本エントリを、ステマとしなければ、ならない。
 書いてる途中で「重版された」とアナウンスありました!「電子はかなり売れてる」とも!そういうお知らせは嬉しいので、遠慮なくして下さい、先生!w

 小日向 微笑

 ヒロインにして、主人公。「微笑」と書いて、「ポエム」と読むw、キラキラネーム持ちw。この記事で、基本的に「ポエムちゃん」と呼ぶw。

 女子ですが、横田主人公らしく、とんでもないお人好しのw、善人。先生のマンガって、わたりさんにせよ、ナナセさんにせよ、ヒロインは意外と、したたかなんですが、ポエムちゃんは、とってもチョロいw。それを説明するため、統悟くんとの馴れ初めwから書く。
 作品の題名通り、スカート丈を短めにし、髪も脱色してる("ブリーチ"へのオマージュなのでは、とは、勘繰り過ぎ、でしょうねw)、性格も所謂「ギャル」っぽいポエムちゃんw。非常にいい子なのに、めっさ無理して強がって、「ワル」振っている。ヤムチャしやがってw。
 あと統悟くん曰く、ぱんつもとっても、「ドエロい」らしいw。つかなに見とるか、ヒーローのくせにw。
 風紀委員である統悟くんと、校門のチェックで、度々衝突していた。彼のこと、「気に入らないやつ」と思っていた。

 ところが、統悟くんが補習を一緒に受けたので、(こいつ、風紀委員のくせに、頭悪いのかよ!?)と、ガチ驚きw。
 そうそう、この作品が偉いの、女子の言葉遣いに、嘘が少ない。普通女子は、「女言葉」なんて、全然使わないと、よく私の周囲のリアル女子が、ネタにするw。
 例えばすべそれは、慧美ちゃんが女言葉、使うんですが、それは「フィクション」だからw。女子のリアリティでは、伊瀬先生より、横田先生のが、一枚上手w(伊瀬先生、メンゴw)。
 統悟くん曰く、「僕は頭が固すぎて、勉強に向かない」つまり本当に、「頭が悪い」のではない。こういう客観的な、自己分析が出来る奴、馬鹿ではあり得ない。…本稿筆者と少し、似ているなw。そして…。

 え、え、ええ?ポエムちゃん、なんでそんなにあっさりと無邪気に、統悟くんと、打ち解けてんの!????wwwwwいやでもわかる!高校生って、まだそれが、なんとか可能な、年代!やっぱり横田先生の、青春のリアリティは、スゴい!でもそうだとしても、統悟くん、うらやま過ぎ!w
 そして2人とも、答案を提出。ここで、「桜大門」と呼んでた子の下の名前、「統悟」くんだとわかる、ポエムちゃん。一方統悟くんも、「『びしょう』いや、『ほほえみ』さんですか?」と、毛の先ほどの悪意もなくw、言ってしまう。そして彼女は…。
20190409_015313000_ios
 お前らもう、つき合え!!!!!wwwww(いきなりなにをw)言い淀むところなんて、かわいいとかで表現可能なレベルじゃねーぞ!wwwww出典・マガポケ。(C)Takuma Yokota 2019  

 その後の統悟くん、ナチュラルにw、「ポエムさん」と彼女を、呼ぶようになるw。最初は抵抗していたポエムちゃんも、割とあっさり許すw。
 …統悟くん、実に簡単に、女子を下の名前で、呼ぶようになれるなあ…w。類ちゃんや素子ちゃんには、そんなことしないのに。しかも統悟くん、ポエムちゃんに平気でw「魅力的な容姿を持っている」「とてもかわいい人だ」と容易くw、言ってしまえるw、すんごいタラシw。ここから先は、統悟くんの項で。
 で、その後のまあ、ポエムちゃんの、統悟くんへの参り方、イカれ方が、チョロいことチョロいこと…wwwww。ちょっと褒められ、特別扱いされて、ここまで男子に参る、女子は珍しいのではないかと思う。性別が逆なら、有り得ると思うが。私が偏見、持ってるだけかな?w

 彼女の人間性、「ポエム」という名前を男子にからかわれ、馬鹿にされるトラウマ(笑)(ごめんポエムちゃん。でも、仕方ないでしょw)から、やたら突っ張る、ギャルになった(ちなみに幼少時の仇名が、「ポエちゃん」w)。
 でも根は真面目で賢く(本人曰く、「数学は出来る」)、素直で善良で、多分男子に、慣れていないw。少なくともここまで褒められ、女子として丁重に扱われたこと、恐らくないw。

 だから遊くんの「お姫様抱っこ」(これに女子が憧れるっつーのは、まあ、洒落なんでしょうw)にも心が揺れたり、聖一くんにも…、は、ドン引きしてた、だけかw。
 にしても統悟くんと遊くんに見てしまったドリームw、「ポエム」の名に恥じないw(夢の中で、薔薇のドレスまで、着ていたのだ…w)。
 そして「勘違い、してくれよ」なアプローチ、統悟くんに一生懸命、仕掛けるんだけどw、まるで靡かない、統悟くんw。こちらも、珍しいタイプの、男子。でも彼は…。おおっと、次項でw。

 触れなくてはならないの、めちゃくちゃ、友達想い。統悟くんに、類ちゃんや素子ちゃんのこと、「(好きな男子に)あいつらを、悪い奴らだと、思ってほしくない」と、2人の分まで、謝りすらする。ポエムちゃんたち、悪いこと、全然してないのに。また統悟くんも、そんな誤解をする、男子ではない。
 成り行きで読書にハマったり、寝顔が「お姫様のようにかわいらし(統悟くん、談。ただし彼は、実際の寝顔、見てないw)」かったり、お母さん(この娘にしてこの母ありで、かわい過ぎw)に、「プリチュア」のお弁当作られてしまうの、恥ずかしがったりw(「ママ」と言いかけて、「母親」と言って、しまうなんてもお…(´∀`*)。しかも本気で嫌がっては、全然ないw)。

 書くとわかるが、リアリティ、たっぷりの、かわいさだ。すべそれは、クボマユちゃんや慧美ちゃんのかわいさ、確かにすごいけど、リアリティには欠ける。横田先生、ホント女子の、嘘をつかない。どんな経験と、イメージを持ってるんだろ?不思議だ。
 「チーズインハンバーグ」のくだりなんて、ごく普通のなんでもないやり取りなのに、あのかわいさはなんなのかw。そのスクショは載せません。紙か電子、買って下さいw。

 桜大門 統悟

 副主人公にして、ヒーローと言える。この役割のキャラを「ヒーロー」と呼ぶの、少女マンガ文化に染まってる男子である私w。類ちゃん曰く、「ポエの王子様」wwwww。

 …言っときますが、世のほとんどの男子、筆者も含め、「王子様」とは程遠い連中なのでw、女子の皆さんは、「そんなのはファンタジーだ」と、割り切った方が、賢明ですw。だけどごくまれに、「本物」がいるから、男子も女子も困るw。
 またこういう、「きれいな男子」を好んで描いてしまうから、「横田先生も、きれいな方なのだろう」と思われてw、先生困ってるご様子w。ツイッター読むと、なんとなくわかるw。彼が「ダンゲロス」も描いてる、変態なの、わかってあげた方がいいw。
 「横田先生、ああ見えて変態だ」とは、背すピンの序盤で気づいてましたw。他にどんな作品描いてたかも、少しは知ってましたしw。公人とは大変です(他人事w)。
 ツイッター読んでると「しょうもない人だ」「ついて行けない」と思うこと、しょっちゅうあるw、普通のおじさん、ですよ?wwだけどあの人は、そこがいいんですよ!www
 …マジに言うと、先生って常識たっぷりの、普通人そのもので、あんまり普通ではない私w、学べるところも多い。いつもありがとう、ございます。

 閑話休題。統悟くんが本物かどうかは、まだわからない。でも確かに、女子の扱い、「なっている」男子なのは、事実。ただ別に、聖人君子ではなく、ポエムちゃんのぱんつ見てたり、ムッツリくんではあるw。でもそれを、殊更に隠さない姿勢。
 礼儀正しく、堅物。その分、「正々堂々」にはこだわり、「女子は丁重に大切に、優しく扱う」主義で、実行している。偉いw。前述の通り、ポエムちゃんに「かわいい」「魅力的」と言える男。だが誰にでも言ってるのではなく、彼にとっても、ポエムちゃんは、特別な女子である。しかし統悟くんに、その自覚はないw。

 2話でもう、夜道でポエムちゃんをエスコートする、立派かつ、うらやまな、シチュになる。ポエムちゃん、むしろ身の危険、覚えなかったんだろかw。…感じないだろな、このポンコツ相手ならw。でも彼、ちゃんと車道側を歩いている。
 …男子の皆さん、道を歩いてて、女子や子供やお年寄りがいたら、車道側など、危険な方を歩くのが、基本ですよw。これが出来てない男子、多いからなあ…w。
 それとポエムちゃんが、統悟くんにイカレてしまったw、最大のポイントは、
 「『ポエム』とはあなたに相応しい、かわいい名前だ。親御さんも、一生懸命考えて、つけたのだ」
 
と、彼が、言えてしまったこと。

 ここには、統悟くんだけではなく、横田先生の、人徳も感じる。つまり「親」を軽んじても、蔑ろにしても、疎んでもいない。
 背すピンやシューダンから、先生、揺らいでいない。ツイッターでも、「お母ん」について、よく語るw。私も大した両親、祖父母に恵まれたと、わかり始めてるので、この態度、大変立派と思う。
 …まあ、変な実名をつけられたのは、今でも親を恨んでるけどw。妹と一緒にw。そこからポエムちゃんに共感出来るしw、味方もしたくなるw。

 空気が読めない男子でもあり、これにポエムちゃん困る。しかし「間接キス」しそうになった時の、2人の態度の温度差と来たらw。全然気づいていない統悟くんw、めっさときめいているwポエムちゃん。間接キスごときでここまでイケるの、思春期だけの特権だよ…w。再現度スゲーなーw。
 しかもポエムちゃん、気になってる男子に、唾液つける絶好のチャンスwなのに、耐え切れず、自分でコーヒー飲み干して、舌をちょっと火傷してしまうw。
 …いくらなんでも、人が良過ぎるw。この辺、つっちーやソウちゃんそっくりの、人間性w。
 それと統悟くん、堅物ではあるけど、ものわかりは悪くなく、柔軟性もある。ここも、ポエムちゃんが惹かれる美点。

 優しいのも、彼の良さ。遊くん、聖一くんもそうだけど。ていうか背すピンもシューダンも、男子はみんな、とっても優しかった。…リアル女子の皆さん、そんな男子はレアなのでw、先生のマンガを当たり前と思わないようにw。
 …私?「優し過ぎるのが欠点」と評される男子だけど、自負はないな。欠点なのは、自覚してるし。リアル、ネットどちらでも、キレると怖いのは、わかってるし。それとこんな作品描くことが、横田先生が優しい男子だとの、保証にはならんよw。仮にそうだとしても、甘えるのは禁物よw。

 田崎 類

 ポエムちゃんのマブダチその1。まだあんまりエピソードがないので、妄想wも交えて語る。

 容姿は整っていて、頭も切れる印象の女子。でもどうも、本人はそのこと、あまり誇ってはいないように見える。むしろ、劣等感が深いタイプと思う。ショートや服装が、そう感じさせる。
 個人的に「らき☆すた」の、「毒島みく」ちゃんを、想起させるキャラクター。つかポンスカって、らきすたの匂い、するよね?w「どんだけ」使ってるしね!w

 ポエムちゃん、素子ちゃんと、少なくとも、小学校低学年からの、付き合い。大抵親友とは、小学校から高校にかけて、出来るもの。
 「心配しなくても、とらねーよ、ポエのお気に入り!」
 略奪する気、満々なのですな、わかりますw(多分そーはならんw)。

 あとは統悟くんと、「名探偵と真犯人」ごっこをする。類ちゃんは遊んでるし、いくら統悟くんでも、あれがマジとは思えんw。…「コナン」より「金田一」の、ノリだよね?w
 …少年シリウスは、マガジン系の雑誌です!w横田先生にその自覚、ちゃんとあるのです!wwヤンマガ作家だしな!www

 秋名 素子

 ポエムちゃんのマブダチその2。

 あまり「美少女」という形姿ではない女子。でもそういう子の方が、むしろかわいいw。先生の、お気に入りキャラw。
 見せ場は、遊くんに、お姫様抱っこされてしまうくだりに、決まっているw。しかもそれで、コロッと遊くんに、参ってしまう。チョロい子だねえw。
20190709_005956000_ios_20200120193401
 …これ、惚れるべきは、遊くんの方だろ!かわい過ぎだ!ヽ(`Д´)ノ(なにを怒っているの?w)出典・マガポケ。(C)Takuma Yokota 2019 
 頭も、いい方には見えない(失礼なw)。しかし人間性では、随一の善良さで、普通人担当。今回、奇人変人大会、だからなw。
 ポエムちゃん、類ちゃんと肩を並べて、食い意地張ってるのも、まさに年頃の女子w。私も未だに、よく食うけどね(聞いてねえよw)。

 横田先生、男子に媚びる女子を描かないの、ホント偉いな。すべそれやダンゲロスの女子は媚びてるwけど、原作者が違うからなあ…w。

 出淵 遊

 洒落のきつい名前のキャラその1。元ネタは多分w、実在するアニメーターの「出渕裕」さん。私にとっては、「ロードス島戦記」の人w。

 素子ちゃんの項に貼ったスクショの、「白衣を着ている」って特徴で、こうツッコむ人、多いと思います。「シュタインズ・ゲート」の、オカリンか!wクリスティーナか!w
 つかこうして書いてわかったが、横田先生、オタクのツボ、とことん弁えてるなw。

 特攻服みたいな白衣(そんなもの、存在しないw)着て登場するので、「ヤンキー?」と、ポエムちゃんたちから、勘ぐられる。…ちょっと待て、「廊下を走る」って、わかりやすいルール違反してたの、キミたちなんだがw。それを保健委員の遊くんが注意するの、至極まっとーなんだがw。

 ここも横田先生らしいリアリティで、「子供とは、無謀で危険な真似をするもの」w。私も、ガキんちょの頃、如何に危険な、行動ばかり取ってたかw。今では、信じられんw。高校生ともなると、落ち着き始める奴もいるが、まだまだそうでもない歳w。ポエムちゃんたちも、無論w。

 そこ行くと遊くんや、統悟くん、聖一くんは、割りと慎重派。エントリ書いてると気づくが、ポンスカはどちらかというと、女子が子供、男子が大人として描かれる。
 …普通は逆じゃないのかって?そう思ってしまうの、宮崎アニメの見過ぎ!!!!!wwwww年頃の女子も、十分子供!w

 上のスクショでやってる通り、怪我した、あるいは具合悪くなった女子を、お姫様抱っこして、保健室までエスコートする。どう見ても、計算ではなく、天然でやってるw。それで、素子ちゃんみたいに惚れてしまう女子が多数。
 …こ、困った子だ!w統悟くんより、性質悪い!w

 「コンテンツ」でも、提供してるつもりかw。でも悪意や悪気や、まして下心など、まるでないの、その後の描写で、わかる。次に書く聖一くんもそうだが、ホントに悪い男子、女子が、いないんだよね。

 そうそう忘れちゃいけない、ポエムちゃんとの、めっさエロい、やり取りありw。買えっ!w

 月島 聖一

 洒落のきつい名前のキャラ、その2。元ネタは恐らくw、ジブリアニメ「耳をすませば」の、月島雫と天沢聖司。
 ジブリファン、宮崎ファンにとって、耳すまは他とは違う、ポジションの作品。横田先生にとっても、だと思う(このエントリ、断言が少ないw)。

 図書委員で、随一のイケメン。ポンスカが偉いの、出来事がちゃんと「女子目線」で描かれてること。
 ポエムちゃんが女子主人公なのは、伊達ではないし、先生の女子への理解度、ハッタリではなかったの、証明されている。私も家族、女子が多数派なので、理解多少はある。
 …別に、恵まれてねーよ!(´;ω;`)妹と、お母んだよ!w羨むな!ww
 でも、ポエムちゃん、彼に惹かれない。むしろキモがる。なぜなら…。

20190807_032444000_ios

 そうなのだ…。「女子は甘い言葉に弱い」なんて思い込みは、こんなにも、キモいのだ!wwwww横田先生、女心、わかってんなあ…w。宮崎駿と違って(えw)。出典・マガポケ。(C)Takuma Yokota 2019

 要するに、勘違い男子なのだが、またしても横田先生が偉いの、彼を「痛い、残念な男子」として、描かない。聖一くんは、したたかな、オトコなのであるw。
 カットは引用しないが、聖一くんはズバリ変身キャラw。千兵衛さんかww。うまるちゃんかwww。変身姿は、単行本か連載、読んで下さいw。
 統悟くん曰く、聖一くんは、「図書室(うち)弁慶」。…はい?w要するに、図書室でこそ、本領を発揮する。ポエムちゃんに言わせれば、「水木しげる大先生みたいな姿(言っちゃったw。そしてなぜ太字にしたw)の方が、本性だろ!」だがw。聖一くんが言う、
 「こう見えて内向的」
 全世界の、内向的な少年少女、特に男子へ、謝れ!(# ゚Д゚)wwwww

 ポエムちゃんが聖一くんと絡んだの、読書の面白さに目覚めたから。…高校生として、真っ当過ぎるw。私は彼女ほど、真っ当ではなかったorz(しかし、「読書」だから「メガネ」て、ぷ、ぷふーう!)。
 変身前(後?w)の見た目は、カット通りなので、女子の人気が高い。聖一くんも、遊くん同様、女子に「サービス」をしている節があるw。聖一くんは統悟くんや遊くんと違い、計算して女子に媚びを売っている。
 …むしろ年頃の男子として自然なの、聖一くんの方w。統悟くんや遊くんが、鈍感すぐるw。

 彼のリップサービスに参ってしまう女子も多いはず。そうでなければ、彼はポエムちゃんに、ああいう態度を取らない。ドン引きするポエムちゃんw。それは女子として正しいw。こんな言葉に引っかかってしまう女子は、危ないw。
 でも聖一くん、ポエムちゃんに全然、本気ではない。靡かない女子を嗅ぎ分ける嗅覚あるのかw。あるいは、「桜大門の女に手は出さない」ってことか。

 …統悟くん、聖一くんからも遊くんからも、一目も二目も、置かれている。ああ見えてw人望は、ある方だ。聖一くん、サラッと毒を吐くとこあるけど、あんなもん、「毒」のうちに入らないと、ネットやる人なら感じると、思いますw。
 またポエムちゃん、聖一くんや遊くんを、「仕事はちゃんとできる方」と評価。

 …ちょ、ちょっと待て、いくらなんでも、とんでもなくいい子が、多過ぎるぞ…!wwwww

 書いててわかるのが、横田先生、自分の描いてるキャラ、めっさ好き。女子はもちろん、男子も。メインキャラだけでなく、サブキャラも。いつも連載終わるときの落胆、お察しします(そゆヤなこと、言うなよw)。

 ふー、このエントリも、かなりの時間と、期間かけた。書いてる間にも、色々あったなあ…。
 新型肺炎、感染者と患者の皆さん、安全をお祈りしています。犠牲者への冥福を、祈ります。
 近い内、iPhone11買います。流石に、ProやProMAXを買うほど、酔狂ではないですw。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火曜日)

30万アクセス、ありがとうございます。近況として、ネトゲネタを2つ、扱う

 少ないながらいる、ファンの皆さんと、通りすがりで読んで下さる、ずっと多くの皆さんの、おかげです。重ねて、ありがとうございます。…多分、ヒットの1/10は、自分で稼いでるん、だけどねw。

 タイトル通り、ネトゲネタ、扱います。大きな買い物、2つもしてしまった(-_-;)。

 まず、ネトゲネタの1。ちょっと言いにくいことですが、PSO1から始めて20年、ようやく、ネトゲの醍醐味を、理解し始め、ました…w。
 きっかけは、これらの本。
 「ファンタシースターオンライン2 ファッションカタログ」。2012年版から、2019年版まで。ここまで長く続くとは、電撃もセガも、嬉しい誤算と思う。PSO2公式サイト
20200109_093557801_ios
 既刊5冊を、一気買い、してしまいました…。馬鹿かw。
 (C)SEGA(C)Sony Computer Entertainment Inc.(C)Sony Interactive Entertainment Inc.(C)KADOKAWA CORPORATION 2015(C)KADOKAWA CORPORATION 2016(C)KADOKAWA CORPORATION 2017(C)KADOKAWA CORPORATION 2018(C)2019 KADOKAWA Game linkage Inc.
 (権利表記、不完全ですが、ご容赦頂きたい…(-_-;)。冊数多いのも理由ですが、コラボがすごいので、全てをカバーするの、困難なのです。本の権利は、問題少ないはずです)
 (追記・頭の中の誰かがw、「怠けず、やれ!」と言ったのでw、やりました。これで本そのものの、権利表記は、完璧のはずです)

 ネトゲのファッションカタログ、買うのはこれが初めてでは、全然なく、FF11から14、ドラクエ10のも、買って、今でも持ってます。ちょっと気が向いて、それらを読んでて、ふと思った。
 「ネトゲ、というかゲームの衣食住に、気を配った方がいいか?リアルのそれらにも、気が付くように、なるかもだしw」
 今までPSO2の本、あまり買ってなかった。私はネトゲ好きである前に、FFファン、ドラクエファンなので。
 でも初めて遊んだオンラインRPGが、PSO1で、そこからネトゲに入っている。和製ネトゲのパイオニアで、言うなれば、「ネトゲのドラクエ1」というべき代物。
 だから2も、普通は買わないw(基本無料ゲームなので、普通はDLして遊ぶ)、PSVitaのパッケージ版、それからPS4のパッケージ版を買って、あとスイッチのクラウド版も落として、ちびちび遊んでいる。ログボ落としは、毎日欠かしてない。スマホのコンパニオンアプリ、「es」も、もちろん、活用してる。好きではあるので、買ってみた。

 な、な、な、なんじゃこりゃあー!スクエニMMOなんぞwとは、ファッションとキャラクタークリエイトの次元が全然ち・がーう!

 キャラクリのレベルが非常に高いのは、一応わかっていた。最初にキャラを作った時、ほぼイメージ通りの、キャラが作れたので(渋くてカッコいい、ジジイw。老人を作れるゲームでは大体、そうしてるw)。

 またゲームとは別に、キャラクリのみを楽しめる、アプリもあり、それですごさは、知っていた。イケメン、美少女、ロリショタw、男の娘w、おっさんに熟女、おじいさんと、ほとんどのタイプが、作れる(でも、おばあさんは、いないんだよねーw。なんでかなーw)。
 とにかく作れるキャラが、多彩。ムネの大きさも、設定可能w。老若男女問わず、全方位の好みに、応えられる。
 総責任者の酒井智史プロデューサー、「キャラクリでは、国内最高峰を、目指した」と言ってて、有言実行出来てると、認められます。

 FF11やドラクエ10は、まるで追い付いてない。特にドラクエは、「鳥山キャラに見えること」がちょっとした枷と、なってる。FF14なら、拮抗できる。萌えキャラのあざとさなら、負けてない。しかし…。コスチュームにどデカい差が、あるのだ。
 そもそも大元のきっかけが、ドラクエ10に、スクール水着とセーラー服があると、気づいたことw。もしやと思い、FF11と14のカタログも見た。…ビキニはあるが、スク水はない。少し考えて、理由が分かった。
 「FFオンラインは、グローバル展開のゲームだから、あざとい萌え衣装、あんまり出来ないんだ」
 日本とは、Hな表現に緩い国w。特に若い子に対する、「そういう目」にw。欧米は、そういうのに厳しい。アジアは割と寛容。中東も、意外と。
 だからハッキリ言ってしまえば、「女子校生」に対する萌えw、スク水、セーラー、ブルマー、そういう衣装、FFでは難しい。ドラクエ10は、日本と、アジアでわずかに。だから可能。
 またドラクエにもブルマはない。体操着は短パン。ちょっとわかる、気がする。ドラクエも女子の目は、気にしている。セーラーやスク水は許せても、ブルマは許せない。そういう女子、多いと思う。
 つかさっきから、なんの話をしとるか、俺w。

 でもここまで言えば、察し付く人、いると思います。そう、ブルマー、スクール水着、セーラー服、PSO2には、全部ある!(なぜ太字にしたw)
 これに気づいて、やっと、PSO2が欧米展開、してない理由が、わかった。これらに限らず、PSO2は萌えが、あまりにあざとい。ロリはもとよりw、ショタも際どいしw、大体、両性ともに、「局部を隠しただけ」のインナーも、あるのだw。
 そう肝心なこと、大抵の衣装に、下着、肌着、上着の設定がある。最初からあった仕様ではなく、追加したらしい。こんなのは、スクエニにはない。
 当然w、こだわりまくりw。特に下着、デザイナーの1人が、「ぱんつを褒めてもらえたのが、嬉しかった」と、すごい発言してて…w。バスタオルとか、泡を纏ってるだけとか、あざと過ぎw。勘違いするな、両性ともに、ある!w
 …まあこの「PSO2ファッションカタログ」のシリーズで、女子を優先して取り上げてるの、男子目線なのは、明らかですがw。これを問い詰められても、「レディファーストですよ」って逃げるに、違いないw。
 おおっとPSO2を、語り過ぎたw。

 要するに何が言いたいか。私は今まで、冒険し、バトルをこなし、ストーリーを進めるのが、ネトゲのメインコンテンツと、見做していた。しかしPSO2始め、ネトゲのファッションカタログを読み漁って、そうではないと気づいた。それらだけが、ネトゲの肝ではないと。
 PSO2の酒井P、「ゲーム自体と、キャラの見た目が、等価な作品だ」と定義してる。嘘ではないの、読むとわかる。スクエニはそこまで、徹底してない。スクエニのネトゲは、強くなるとコスチュームの選択肢が増えるが、PSO2は、見た目と強さが、一切関係ない。
 …まあぶっちゃけ、リアルマネーがモノを言うw。恐らく課金要素の、最大のもの。スクエニにもそういう衣装は、あるが。セガと思想が、まるで違う。

 スクエニでモノを言うの、ギルやゴールド、クエストもそうだが、なにより「クラフト」が、肝心。ここでまた気づく。
 「ネトゲでは、『クラフト』と『ギャザリング』が、大変重要だ」
 わからない人が、多いと思う。クラフトとは、素材を掛け合わせ、武器や防具、道具を作る、「製作」。ギャザリングとは、カードゲームの話じゃなく、平原や洞窟、海の中から、木材や鉱石、肉や魚を調達する、「採集」。それらが、職業やスキルとして、システムにある。
 FF14の吉田Pが上手いこと言ってて、「採集は第一次産業、製作は第二次。戦闘は第三次産業。一次から二次、三次へ物が渡り、そしてお金が逆に流れる。これで『経済』が成り立つのが、ネトゲだ」(意訳しました)
 そう、ネトゲとは、ゲーム内で「経済」が成立している。前から、「ネトゲのプロデューサーやディレクターは、絶対経済学の本を読んで、勉強している」と、踏んでいた。それがまた、裏付けられた。ファッションに興味を持って、ようやく肌で経済を感じたのだ。
 …ん?これって「現実」と、ほとんど同じなのでは?

 そう、今回は「衣」の視点から気づき、それを語ったが、ネトゲでは、「食住」も、生命線と言える、とっても重要なファクター。当然それらも、「ギャザラー」が素材を収穫し、「クラフター」が、それらでせっせと作って、生まれるのである。そしてそれは、我々が生きる現実、そのもの。
 少し話がずれるが、私は自分が、自己顕示欲が強い人間なの、よくわかっている。欲深だと思う。しかし今回、不思議に思った。「なぜ私は、見た目を見せびらかすのに、こだわらないのか」。PSO2のおかげで、それに気づいた。
 実はPSO1は、衣装にそれほど、こだわってないゲームだった。食住の要素は、ない。ただし「見た目と強さが関係ない」は、確立されてた。
 そしてFF11が、「ゲームで衣装にこだわる」を日本でやった、最初のゲームの1つと思う。食住にもこだわりまくった、スクエニネトゲのベース中のベース。ドラクエ10もFF14も、FF11がなければ、なかった。
 また私は割と、フィクションのリアリティにこだわる消費者。なにもかもリアルであれ、ではなく、「ここで思いっ切り嘘をつくなら、ここでは本当のこと、言ってほしい」主義。そしてネトゲとは、私のそういう欲求に、応えてくれるゲームジャンル。だから私は、ネトゲが大好きだ。それが改めて、わかった。

 語れることまだまだいくらでもあるけど、ここまでにしとくw。いつも取り留めなくて済みませんw。あと今回も、加筆はすると、思いますw。

 さて大分かかったがw、ネトゲネタその2。「元祖ネトゲ」フランチャイズの、最新作。日本語版!(非常に重要なコト)
 「ディアブロ3」。「ファイナルファンタジー ロスト・ストレンジャー」の5巻も、ついでに。ディアブロ3公式サイト
20200112_085156497_ios_20200114105301
 ディアブロこそ、世界で初めて商業ベースで成り立った、オンラインゲーム。一応言いますが、右のゲーム。
 左のは、同じ日にゾンアマ(「うまるちゃん」、大好きw)から届いたFFマンガ、「FFLS」。FFファンでも、これをちゃんと買って読んでる人、コアだと思うw。面白いけど、ドラクエのマンガに比べると、見劣りするのは否めません。ここに載せるのも、正直「ついで」です(^^;)。水瀬先生、亀屋先生、すみませんm(__)m。
 (C)2020 Hazuki Minase (C)2020 Itsuki Kameya (C)2020 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Riserved.
 (C)2014 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Diablo, Reaper of Souls, Ultimate Evil Edition, Blizzard, and Blizzard Entertainment are trademarks or registered trademarks of Blizzard Entertainment, Inc., in the U.S. and/or other countries. All other trademarks referenced herein are the properties of their respective owners.(コピペ使わざるを、得んかったw。アメリカって国はw)

 実はまだ、1回しかプレイしてないw。シリーズ作は、カプコンから出た、ディアブロ2の日本語版をやっていたが、今のPCと相性が悪く、プレイを諦めた。で、ディアブロ3に興味を、持っていた。で、こないだ、よせばいいのにw、思いついて検索したら…。
 「え、ええっ!?3の日本語版って、PS3とPS4しかなくて、PCにはないの!?しかも、スクエニが出した日本語版、生産終了!?ぎゃー!在庫が、残り少ないー!今買わないと、後悔するー!ポチッとなー!」
 我ながら、チョ、チョロすぎる…w。
 このせいで、1月に買うつもりだった、VRゲーム3本、来月にして諦めた。どーしてくれる、スクエニとBlizzard。w。
 「中古を買えばいいのでは?」と思う皆さん、ネトゲとは、ソフトではなく、「プレイする権利」を買うと表現した方が適切、中古では、権利は発生しない。ネトゲの常識。覚えとくようにw。
 にしても、ディアブロの最新作を、ローカライズして、販売するとか、スクエニはすっかり、日本でネトゲの伝道師と、立派に相成りましたねえ…w。

 プレイした感想は、普通に「ディアブロ」です。まだホンの出だしなので、あまり語れない。しかし言えることとして、
 「ファンタジーの本場は、1にイギリス、2にアメリカ。日本は、正統派のファンタジーとは、言えない。特にゲームは、アメリカ」
 ファンタジー観は、人によって違いますが、私はバタ臭いゲーム、意外と遊んでるので、ファンタジーゲームの本場はアメリカって感性と価値観、育ってる。すべそれで知ったMTGが、アメリカのゲームなのも、それを補強しました。遊戯王なんて、目じゃないんだなとw。
 あとついでに言うなら、マンガ、アニメ、ゲーム、ラノベなどの、サブカルチャーの元祖も、アメリカと考えてます。「ウォルト・ディズニー」がいなかったら、なにも生まれていなかった。

 とにかくグロくて、血生臭い作風。イギリスは「指輪物語」、日本は「グイン・サーガ」が、ヒロイック・ファンタジー作品のオリジンと言えて、アメリカは「英雄コナン」。実はコナンを、ちゃんと読んだことはおろか、映像作品を見たことない。にわかw。シュワちゃんの映画くらい、見たいんですが。情報がなかなか…(-_-;)。未来少年や名探偵を、見てる場合じゃないんだよなあ…(追記・TV放送を前提とした話をしてると、気づいてなかったw。レンタルはもちろん、動画を見る習慣、あまりない。VR動画は大好物だがw。テレビも、捨てたもんじゃないよ。録画勢だけどw)。
 コナンのライバルとされる、「エルリック・サーガ」は読んだけど、あれはイギリス作品。だからアメリカの古典ファンタジーは…。おおっと脱線失礼w。
 そゆわけで、日本製のネトゲとは、価値観、感性、まるで違う。「悪魔」や「死者」への考え方も。多分聖書が、バックボーンになってる。だからデスペナルティのキツさは、日本製とは比較にならない。1度でも死ねば、キャラがロストするモードすらある。緊張感が、全然違う。これでも昔よりは、大分ヌルくなった。
 そもそもドラクエがデスペナをあり得ないほど軽くしたのが、JRPGが隆盛した理由の根源なんだけど、それで失われたものも、実は多い。

 おおっと(よく使うこれ、「ウィザードリィ」リスペクトw)、そろそろ限界。日本のみんな!ネトゲやって、下さいね!w

| | コメント (1)

2020年1月 1日 (水曜日)

あけましておめでとうございます。Ivanは今年も、横田卓馬先生に、本気です!(「知ってた」ゆーなw)

 今年もよろしく、お願いします。まず、これを貼ります。


 私がインスタやってること、存じてなかったブログ読者、多いと思います。横田先生のステマなど、やってます。シューダン、今でも心が温かくなるマンガで、宝です。こうして見ると、キャラ配置、考え抜かれてるなあ…。

 新年のブログの予定。まず、横田先生の最新作、「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(略称「ポンコツスカート」。更に「ポンスカ」w。)」1巻のエントリを、書きます。…結構、あざといタイトルだよねw。新聞で「JK」は犯罪用語、扱いw。先生、新聞は読まんな?w
 ポンコツスカートは、シナリオも横田先生なのが、重要。なので最も、横田先生らしい、作品。あまり勢いを感じないタイトルなので、ファンが応援しなければ、ならない。微笑ちゃんも素子ちゃんも類ちゃんも、鈴句ちゃんも、かわい過ぎるのだ…(´∀`*)。

 で、次のエントリが、「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。(略称、「すべそれ」)」3巻の、記事。実は、横田先生の本を、紙だけでも30巻、電子を含めれば、もっと買って読んでいますが、ズバリ、最高傑作、でした!刺さりまくった!
 新キャラ(?)「クボマユ」ちゃんは、横田マンガで、最もかわいいキャラと、認定しました!言ってしまうと、無理矢理に、〇してしまいたいくらい、かわい過ぎ過ぎ過ぎで!!!!!ぼかーもーっ!ぼかーもーっ!(もちつけw)
 原作の伊瀬先生の、筆力を感じました!伊瀬先生、今までの記事で、ないがしろにしていて、大変申し訳、ありませんでした!今度のエントリでは、可能な限り、伊瀬先生を、立てます!

 でもって、その次が、「ダンゲロス1969」の、5巻の記事!実はこれ、連載終わっちゃった…(´;ω;`)。今までやってた横田マンガでは、愛が少ないマンガでしたが、やっぱり悲しい!好みではないけど、面白い作品ではあったから、ちゃんと買って、読んでた!
 つか、私のブログって、グーグル先生的に、「ダンゲロスを一番愛したブログ」な扱いを、受けてるな?wあんなヨゴレマンガw、そんなつもりは、ぜんっぜんなかったんだがw。シューダン愛を評価されてるのは、素直に嬉しいんだけど。実は、不本意w。
 でも今度出る5巻で、一先ず完結。横田先生、「続きはなんとしても描く」とおっしゃってますが、自分でも厳しいこと言ってるの、わかってると思います。ていうかこんな変態マンガに本気なの、先生の本性ですねえ…w。これでおしまいの可能性高いので、「1969」総括のブログ書きます。架神先生も、尊重して、書きます。

 というワケで、横田卓馬先生に、更に本気で、ブログを書きます。しかし実は…。先生の弱点にも、気づいちゃったん、です(-_-;)。それはズバリ、
 「横田卓馬のマンガには、『萌え』はふんだんにあるが、『燃え』が全っ然、足りない…!」
 このエントリ、シューダンのカットのインスタ記事の、埋め込みから始めてます。シューダンって、サッカーマンガ。爽やかな、青春マンガで、ヒロインのナナセさんの、かわいさ♡が最大の、売り。しかし残念ながら…。「熱血スポーツマンガ」では、全然ない。
 2巻のラストで、副主人公のロクが、「ナナセがみんなのハートに、火を入れた」と心で呟く。 しかしあのくだりで、私は「ハートに火が」付かなかった(-_-;)。他にも「燃えないぞ?」と思った読者、多かったと、思う。

 横田マンガで、一番燃えられたの、「背すじをピンと」の、「土井垣&綾辻ペアVS咲本&永島ペアの、ダンスの高校日本一を決める、最終決戦」が、まさに心に火が付く展開だった。そして土井垣と綾辻の優勝に、「よかった…。本当に、よかった。おめでとう!」と涙出来た、名勝負だった。
 しかし今になって思う、「これ、主人公に、させるべき試合では、なかったか?」。
 わかってます、ナンセンスだと。背すピンは、ありがちでない主人公、先輩、ライバルを描いた、今までになかった、スポーツマンガ。それはシューダンも、同じ。横田卓馬とは、王道のマンガ家では、ない。バクマンで言うところの、「邪道な王道」を突くしかない。無理に王道マンガを描いても上手く行かないし、それをやろうとすれば、先生の持ち味も、死んでしまう。

 でも横田卓馬とは、「勝負」を好んで描くマンガ家でもある。すべそれはゲームマンガ、マインドスポーツマンガだし、ダンゲロスも超能力バトルマンガ。だからこそ、「読者がどれだけ、試合に燃えられるか」「勝負に心が、熱くなるか」それに、こだわってほしい。
 特にすべそれにおいて、それは作品の成否を分けるポイントとすら、思う。あるいはそこは、伊瀬先生にも、大きくかかっている。
 …伊瀬先生、横田先生のこと、よろしくお願い、します。

 それで、なんでこんなことに、気づいちゃったかというと…。MXでやっている、「機動武闘伝Gガンダム」の、あまりの熱血振りに、圧倒されたから、なんですよw。サイ・サイシーも、シュバルツも、東方不敗も、あまりに熱くて、血が滾りまくって…。
 横田先生からすれば、「あんな、熱血の歴史的超名作と、比べられても困ります!」ですよねw。先生、今回は、大変失礼、致しました!m(__)m

 にしても今回の年末年始は、楽しめている。恒例のネトゲ年越し、いつも以上に本気になれたし、SNS年越しも、力入った。埋め込んだインスタ記事も、その成果。
 そしてオタクの年末年始は、アニメに決まってんだろ!wムヒョロジの無料一挙放送、楽しんだし、グレンラガンの紅蓮編も螺巌編も、面白かった!フェイトの大晦日SP、見なかったワケなかろう!ブログ仕上げたら、またアニメ観るんだっ!紅白?ガキ使?知るかっ!w
 しかも明日は、「スター・ウォーズEP9」見に行くんだッ!年嵩のオタにとっては、たまらんコンテンツ、なんだッ!wたった今も、Spotifyで、ガンダムや水木一郎アニキの曲、流してるんだーっ!w

 43歳になる年、更にオタクをこじらせるw、「Ivanはゲームの話しか出来ない」を改めて、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2019年12月31日 (火曜日)

2019年、おしまい。いつもあんまり、しない話、します

 今年も、色々ありました。

 横田卓馬先生のツイッター公開で、LOVEが度を越してしまいましたw。反省していますm(__)m。彼については、元日の更新で触れます。
 坂口博信さんへの愛が、足りなくなっていたかとも、反省していますw。私はトゥーマッチに、なりがちなのです。精神障害者に、ありがちなコトだったりします。
 別に免罪符として言うつもりはないです。すみません、でした。鋭い読者なら、お二人のカテゴリが、このブログにあると、気づいてると思いますw。
 そして私には、もう一人、特別なクリエイターがいます。「少女マンガの母」、萩尾望都、大先生です。

 私にとって横田先生は、「隣に寄り添ってくれる、天才」。坂口さんは、「こんな作品を、作ってみたかった。いや今でも、作ってみたい」と思わせる、天才。でもって萩尾先生は、「人類史上最高の、天才の中の、大天才」
 20年前、入院中の外出で、書店に「萩尾望都作品集・第1期、第2期」の、コレクションボックスを、見つけて、「た、宝だっ!」と、直感してしまったw。父の蔵書で、少しは読んで、惹かれてた。そこに爆弾2つw、ぶっこまれた。それが運の尽き、でしたw。

 彼女については、あまり語れません。先生はあまりにも高みを飛んでいるので、私ごときには、到底。先日連載終了した、「王妃マルゴ」、最終回は読んでないですが、面白かったです。最終巻、楽しみにしてる。
 しかしそれ以上に、ファンにとって、近年超衝撃の、トピックが、「ポーの一族、続編連載開始」!
D_qvmumu8aa7_oc_20191231130901
 新作、2巻目にあたる単行本。まさか、今の絵柄でまたエドガーとアランを、しかもカラーで、拝めるとは…(*´▽`*)。(C)Hagio Moto 2019
 …し、し、し、新作の単行本、読み返して、たった今、気づいたーっ!「11人いる!」のアニメムックが、復刻されていた、だとー!即刻、ポチったー!wコンビニで振り込んだーー!!ww今年最後の、買い物ーーー!!!www

 まあそれはともかくw、多少不安は、ありました。先生ももう、70歳で、若い頃に比べれば、衰える。神様みたいに想ってる方ですが、やはり人間なのです。人を神格化するなど、やってはならないこと。
 かつて書かれた小説「ピアリス」(最近の先生、マンガ以外のお仕事、増やしています)の表紙見て、「20年前の50歳代と比べても、こんなにも活きが、違うのか」と、驚きました。
 でも、読んで思った。「先生はやはり、最高の天才だ」。

 まず重要なのが「アランがめっさかわいい♡」コトですw。いえいえ、とっても大事なポイントw。先生、ポーにおいて、アランへの萌えが重要だと、忘れてなかったw。個人的には、メリーベルよりかわいい、真のヒロインw。
 そもそも、元々のシリーズの最後で、エドガーはアランを喪い、とうの昔に、妹のメリーベルも喪って、「ああ、エドガーはこれから、愛する者が誰もいなく、孤独に永遠を、生きるのだ」と、読者はみんな、切ない気持ちでラストシーンを読んだ。
 だから新シリーズのスタートが、「エドガーがアランを蘇生させようと、試みる」のは、驚きました。アランが生き返ってくれれば、嬉しいですし、それに達観したような少年であるエドガー、しかし彼は、人生投げて、なかった。希望を見つけようと、足掻いている。これは、今までなかった、原作者にしか書けない、新しいエドガー像。

 ニューカマーも存外魅力的で、ダイモンなんて、「これから」に期待させてくれるキャラです。あと先生、メリーベルの再登場、過去の話でもいいので、やってほしいです。エドガー、アラン、メリーベル。この三人が、核の作品、ですから。あと気づくのが、
 「先生、歴史考証をキチンとされておられるな。つか、かつてのポーは、歴史や文化の考証、いい加減だったんだなw。気づいて、なかったぜw」
 初の史実を基にした時代劇、「王妃マルゴ」を描かれたことが、大きく影響されたのだと、思います。

 近年のフィクション、考証や設定、リアリティにこだわる傾向が、生まれました。それにマンガ家が、「うるさいこと言わないでくれ、想像力が縛られてしまう。自由じゃなくなる」とぼやいている向きも、あります。しかし言いますが、それは、違う。
 まず前提として、人間の想像力とは、「自由」とは程遠い。生まれながらにして、束縛、限界だらけ。また生まれた時代、国の文化によっても、縛られる。「想像力の翼」とは嘘っぱちで、むしろ「鎖」がないと、想像できない生物、それが人間。
 私は、「マンガ家の想像力」と「学者の知恵」は、甘く見ないように、している。しかし全面的には信頼してない。限界だらけであると、知ってるから。9.11と3.11が、それを証明した。知恵や想像力とは人間の「可能性」であると同時に「限界」を示している。そう考えている。
 だからもうみんな、気づいている。「想像では現実に、絶対に勝てない」と。近年の傾向は、それなのだと思う。

 あともう、「フリーダムなのが面白い」とは古くなってると思う。緻密な伏線の張り方や回収。精密な設定。リアリティにこだわった、作品づくり。そういう作品こそ、面白い時代に、なってます。「テキトー」はもう、受けないのです。「ポプテピピック」だってあれは、計算され尽くしてますよ…。
 だから萩尾先生、「今までのやり方では、勝てない。いや、生き残れない」とわかって、自己改革しておられる。サボタージュなど、していない。
 追記・また肝心を書き忘れてましたが(-_-;)、萩尾先生の想像力は、マンガ家どころか人類全体の中でも、トップクラス。しかし、先生でさえ、3.11の震災と、原発の現実に愕然とし、「日本は滅びる」とまで、思った。…やはり先生も、人間なのだ。限界は、大きい。

 それから今年、宝塚の魅力にも、気づきました。先生原作の、「アメリカン・パイ」の舞台の無料放送見て、感動しました。迂闊にも、これを見るまで、有料のCSチャンネル、「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の存在に、気づいていませんでした。
 そもそも宝塚とディズニーこそ、手塚治虫に影響与えた、二大ジャンル。個人的にディズニー、特に「ウォルト・ディズニー」その人の再評価は、始めていたんですが(「ディズニー・チャンネル」の存在にも、気づきました。これも、大きかった、です)、宝塚は、チェックを怠ってました。というか、重要性が、わかってなかった。一つ言うと、アニメ声優の原点は、宝塚です。見て、わかりました。
 萩尾ファンなら、そして日本のサブカルチャーが好きなら、宝塚くらい、見なければ。大きなことに気づけたと、思います。

 そしてこれを言わなければ。「萩尾望都作品目録」さん、いつもご迷惑ばかりお掛けして、申し訳ありませんm(__)m。寛大な対応、常に感謝しています。
 不出来な中年男ですが、萩尾望都先生への愛は、疑われてないと、信じていても、よろしいでしょうか。先生はネット活動をされてないので、あなたの存在と活動は、ネットのファンの、灯火です。

 ただのいち萩尾ファンの、語りになってしまったw。まあこんなものでしょうw。それでは皆さん、よいお年を。来年も、よろしく。

| | コメント (0)

«第4回、Ivan的ゲーム・オブ・ザ・イヤー、2019年。私はハードが大好きなオトコだと、今更気づいた