« 久し振りにFFに期待しました。どうやら裏切られなさそう。ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア 2ndインプレッション(ネタバレだらけ) | トップページ | お金がかかった方が面白いとは限らない。逆転裁判5、レイトン教授VS逆転裁判、ダウンロードコンテンツ感想(ネタバレ、DLC以外のネタバレもあるので注意) »

2013年10月 1日 (火曜日)

ここまで「終わり良ければ、すべて良し」を感じた作品はなかった。マンガ「大東京トイボックス」10巻、完結記念感想(ネタバレ満載)

 10/2追記・アマゾンへのリンク

 以前に評したエントリはここ 。それと我ながら語るに落ちる記事なんですがこちら も。

 さて、まずいきなりラストシーンから語ってしまいますが。

 アデナウアー(偽者だったのだが)さん、生きてて良かった~!
 彼のゲーム業界への復讐は非常に哀しいもので、最後には自分で死を選ぼうとするのですが、あそこで死んだら彼の息子と息子が殺した子たちが浮かばれないだけではなく、シンも、何より太陽も報われなかった。彼の偽名、太陽が作ったゲームのスタッフロールに載ってるはずなので。
 太陽の「オレたちのマスターアップだ」の「たち」にはアデさんも入ってるのだ(だからこそカッコいい台詞)。
 彼の最後の復讐はとても深くて切ない。
 「最後にひとつ、お願いがあります。家族を……作ってください。できれば子供も。その家族を大事にしてください。それがわたしの最後の復讐です」
 今回TVドラマ化されるのは東京トイボックスの方なので、それが好評を博して大東京がドラマ化されたらキャストは水谷豊さん希望。慇懃無礼でわざとらしい演技がアデさんに似合ってるはず。

 この「復讐」に真正面から応えた太陽はカッコよかったし、偉いし、正しいと思った。
 つうか月山さんの「2ヵ月だって」にはのけぞった(笑)。太陽と月山さんって、最初から童貞でも処女でもないとわかってましたし、一緒に暮らしてるならそういう関係だと思ってましたが、その割に2人ともとても純情で初心なので、そこまで行ってるとはちょっと意外に思ってしまった(太陽が避妊に手ェ抜いたんだろうけど)。
 個人的には女性がお腹を押さえるポーズで妊娠を暗示する手法は好きではないし、「子供生まれましたEND」も嫌いだったのですが、トイボで初めてそういう演出に納得できました。こういうのは作品、あるいは作り手次第なのだな。
 相変わらず月山さんの秋田弁はかわいすぐる。
 「いつか言ったよね、『アンタはゲームのことだけ考えねば』。アナタは、やるべきことではなく、やりたいことをやりなさい。G3はそういう集団。みんなの『べき』はアタシが全部引き受ける。それがアダシのやりてえことだから」(末尾は誤記ではありません)
 こんな出来た女に社長を引き継いでもらって(「東京」2巻)、妻に出来る太陽は幸せ者。アデさんの復讐に応えるため(負けないため?)にも大事にしなきゃいけないぞ。

 この事も含めて今作のテーマは「ゲーム業界も我々も、いつまでも子供ではいられない」なのだと気付きました。御堂雄頑が「ようするに、怖かったんだよ…我々は」とゲーム業界の未熟さを語り、59話のタイトルが「CHILDHOOD'S END(幼年期の終わり)」なのも、コレはゲーム業界やオタクへの警告と解釈してます。耳が痛い(苦笑)。
 警告と言えば、仙水が太陽を助けた取っておきの手段が「軍事用の回線」なのにはうめ先生の皮肉を感じます。アメリカなんか完全にゲームを軍事に利用してるもんな。「日本は慎まなければいけないよ」とうめ先生は言ってるのだと思います。

 ラスト直前に仙水は刺されちゃった(犯人の名前を忘れましたが、何で彼が仙水刺したのかよく分からない)んですが、重態になった彼を一番案じていたのは太陽だった。そして仙水がソードクロニクルシリーズに隠しながら残していたあのメッセージ、
 「スペシャルサンクス 天川太陽」
 コレは「どれだけ仲違いしてても、俺にとってお前はいつだって、この上なく感謝している、特別な仲間だった」と深読みするのですがどうでしょう(このマンガこういう手法何度も使ってる。エンドロールに名前が載るのがどれ程大きいのかと言いたいのだな)。
 このメッセージを受けて、意識の無い仙水に今回だけは再びソードを作ってやると告げる太陽、伝わっているかどうか、
 「“オレたち”のゲームを作るんだろ!?」
 と泣きながら訴えるのは太陽はほんっっっとうに熱い漢なのだと感激しました。この台詞聞いた(?)直後に仙水の指が動くのがまた。

 そして3年経っていろいろ変わり(TPPってオタク文化的に危ないよねえ…)、太陽と仙水の友情が復活、それで大きいのが仙水がソリダスワークスの社長になったのなら、太陽&G3とソリダスの確執も解消出来たということ。その証拠にスタジオG3からソリダスへ太陽の他にも何人も出向してます。関係ないけど現実の話、坂口さんとスクエニも和解してほしいです。
 天川太陽、星乃夫妻の息子の名が「銀河」なのは安直ではありますが、ギリギリキラキラネームではないと思う。コレも関係ないですが、私と妹が時代を30年程先取りして(笑)キラキラネームを付けられてしまったので、自分の名に比べれば銀河はセーフに見える。会社に託児所を作るって流石仙水だよな。

 見事でした、「うめ」の小沢先生、妹尾先生。東京トイボのドラマも期待してます。大東京ドラマ化のためにも。ここまで傑作だと副読本もほしいですが、駄目ですか幻冬舎さん?

 と、大いに感動した後に、「トイボSP」で下ネタのオンパレードを読むと、「あちゃー」と感じてしまいますが(大笑)。

|

« 久し振りにFFに期待しました。どうやら裏切られなさそう。ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア 2ndインプレッション(ネタバレだらけ) | トップページ | お金がかかった方が面白いとは限らない。逆転裁判5、レイトン教授VS逆転裁判、ダウンロードコンテンツ感想(ネタバレ、DLC以外のネタバレもあるので注意) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまで「終わり良ければ、すべて良し」を感じた作品はなかった。マンガ「大東京トイボックス」10巻、完結記念感想(ネタバレ満載):

« 久し振りにFFに期待しました。どうやら裏切られなさそう。ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア 2ndインプレッション(ネタバレだらけ) | トップページ | お金がかかった方が面白いとは限らない。逆転裁判5、レイトン教授VS逆転裁判、ダウンロードコンテンツ感想(ネタバレ、DLC以外のネタバレもあるので注意) »