« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月に作成された記事

2020年2月12日 (水曜日)

「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」1巻感想(ネタバレ!)。ポンコツスカート、あるいは、ポンスカって呼んでね!w

 結論にして、前提から触れる。ヒロインにして、主人公の、「小日向微笑」ちゃんが、あまりにも、かわい過ぎる!(*´▽`*)

20191010_050536627_ios_20200120130601
 ようやく語れるの、安堵してます。機会が来なくて、しかも先延ばしにも、してました。先生、すみません。私にもいろいろ事情が、ありますのでm(__)m。 (C)Takuma Yokota 2019

 今作で重要なの、すべそれは原作が伊瀬先生、ダンゲロスは原作が、架神先生。しかしポンスカは、原作からして、純然たる、「横田卓馬」作品。とっても、嬉しい。愛を込めて、語れる。
 読み比べると、作風が明らかに、違う。すべそれはかなり、切なくて心がキリキリするマンガ。ダンゲロスは、エログロだけどお笑いで、変態馬鹿マンガw。横田先生にとって、どっちも好きな世界だけど、多分これらを、ゼロからは描けないマンガ家。

 で、ポンスカは、超平和主義。本気で悪いこと、悲しいことは、一切起こらない。キャラクターも、善人しかいない。
 また、ポンスカは「競争」「勝負」の要素がない。主人公が女子なのも、珍しい。今までやってなかったこと、意識してやっている。
 今作、「ダンス」「サッカー」「ギャザリング」みたいな、明確なテーマがない。わかりやすいラブコメではなく、 横田先生らしい。今回も主人公たちが最後に、「カレカノ」になるかは、とっても怪しいw。
 それでもテーマをあえて言うなら…、統悟くん始め、委員会の奇人変人の皆さんを、楽しむ会w。

 今回は、キャラクターを項目にして、語ります。
 サイト紹介、掲載誌、少年シリウスのポンスカサイトマガポケ連載(毎月、課金して読んでます!このエントリ執筆を機に、会員登録、しました!うわー、PCのブラウザで読めるの、めっさ楽しい!w)。pixivコミック連載(今作がきっかけで、スマホにアプリ落とし、課金して、電子単行本、買いました!うわーこれも、PCで読めるの、楽し過ぎ!w)。横田先生ツイッター横田スタッフ公式ツイッター
 あと個人的に、SNS、特にInstagramで、かなりステマしました。…なんか最近、「ステマ」って言葉に変な、悪いイメージついてますがw、あまり気にしてませんw。悪用したD社、それからはてブが、悪いのやw。インスタで、私よりステマしたアカウント、ないと自負しています。一応、私のインスタのリンク

 それからネタバレ記事なんですが、あまりネタバレが、問題にはならない作品。先生にしては珍しく、一話完結だし。なので、「続きを読む」は、使わないとします。
 …主観的判断ではあります。だから、「ネタバレである」と、強調しときます。
 それからスクショは、少し多めに扱う。過度にならないよう気を付けて。萌えられる、あと笑えるカットが、いちいち多い、マンガなのであるw。あんまりストーリーラインで、語っている作品ではない。
 ていうかポンスカ、ハッキリ言うなら「コメディ」です。「ギャグ」でも、あります。
 …正直あんまり、盛り上がってはいない作品なので(先生すみません。だけど黙ってても意味ないんで(^^;))、本エントリを、ステマとしなければ、ならない。
 書いてる途中で「重版された」とアナウンスありました!「電子はかなり売れてる」とも!そういうお知らせは嬉しいので、遠慮なくして下さい、先生!w

 小日向 微笑

 ヒロインにして、主人公。「微笑」と書いて、「ポエム」と読むw、キラキラネーム持ちw。この記事で、基本的に「ポエムちゃん」と呼ぶw。

 女子ですが、横田主人公らしく、とんでもないお人好しのw、善人。先生のマンガって、わたりさんにせよ、ナナセさんにせよ、ヒロインは意外と、したたかなんですが、ポエムちゃんは、とってもチョロいw。それを説明するため、統悟くんとの馴れ初めwから書く。
 作品の題名通り、スカート丈を短めにし、髪も脱色してる("ブリーチ"へのオマージュなのでは、とは、勘繰り過ぎ、でしょうねw)、性格も所謂「ギャル」っぽいポエムちゃんw。非常にいい子なのに、めっさ無理して強がって、「ワル」振っている。ヤムチャしやがってw。
 あと統悟くん曰く、ぱんつもとっても、「ドエロい」らしいw。つかなに見とるか、ヒーローのくせにw。
 風紀委員である統悟くんと、校門のチェックで、度々衝突していた。彼のこと、「気に入らないやつ」と思っていた。

 ところが、統悟くんが補習を一緒に受けたので、(こいつ、風紀委員のくせに、頭悪いのかよ!?)と、ガチ驚きw。
 そうそう、この作品が偉いの、女子の言葉遣いに、嘘が少ない。普通女子は、「女言葉」なんて、全然使わないと、よく私の周囲のリアル女子が、ネタにするw。
 例えばすべそれは、慧美ちゃんが女言葉、使うんですが、それは「フィクション」だからw。女子のリアリティでは、伊瀬先生より、横田先生のが、一枚上手w(伊瀬先生、メンゴw)。
 統悟くん曰く、「僕は頭が固すぎて、勉強に向かない」つまり本当に、「頭が悪い」のではない。こういう客観的な、自己分析が出来る奴、馬鹿ではあり得ない。…本稿筆者と少し、似ているなw。そして…。

 え、え、ええ?ポエムちゃん、なんでそんなにあっさりと無邪気に、統悟くんと、打ち解けてんの!????wwwwwいやでもわかる!高校生って、まだそれが、なんとか可能な、年代!やっぱり横田先生の、青春のリアリティは、スゴい!でもそうだとしても、統悟くん、うらやま過ぎ!w
 そして2人とも、答案を提出。ここで、「桜大門」と呼んでた子の下の名前、「統悟」くんだとわかる、ポエムちゃん。一方統悟くんも、「『びしょう』いや、『ほほえみ』さんですか?」と、毛の先ほどの悪意もなくw、言ってしまう。そして彼女は…。
20190409_015313000_ios
 お前らもう、つき合え!!!!!wwwww(いきなりなにをw)言い淀むところなんて、かわいいとかで表現可能なレベルじゃねーぞ!wwwww出典・マガポケ。(C)Takuma Yokota 2019  

 その後の統悟くん、ナチュラルにw、「ポエムさん」と彼女を、呼ぶようになるw。最初は抵抗していたポエムちゃんも、割とあっさり許すw。
 …統悟くん、実に簡単に、女子を下の名前で、呼ぶようになれるなあ…w。類ちゃんや素子ちゃんには、そんなことしないのに。しかも統悟くん、ポエムちゃんに平気でw「魅力的な容姿を持っている」「とてもかわいい人だ」と容易くw、言ってしまえるw、すんごいタラシw。ここから先は、統悟くんの項で。
 で、その後のまあ、ポエムちゃんの、統悟くんへの参り方、イカれ方が、チョロいことチョロいこと…wwwww。ちょっと褒められ、特別扱いされて、ここまで男子に参る、女子は珍しいのではないかと思う。性別が逆なら、有り得ると思うが。私が偏見、持ってるだけかな?w

 彼女の人間性、「ポエム」という名前を男子にからかわれ、馬鹿にされるトラウマ(笑)(ごめんポエムちゃん。でも、仕方ないでしょw)から、やたら突っ張る、ギャルになった(ちなみに幼少時の仇名が、「ポエちゃん」w)。
 でも根は真面目で賢く(本人曰く、「数学は出来る」)、素直で善良で、多分男子に、慣れていないw。少なくともここまで褒められ、女子として丁重に扱われたこと、恐らくないw。

 だから遊くんの「お姫様抱っこ」(これに女子が憧れるっつーのは、まあ、洒落なんでしょうw)にも心が揺れたり、聖一くんにも…、は、ドン引きしてた、だけかw。
 にしても統悟くんと遊くんに見てしまったドリームw、「ポエム」の名に恥じないw(夢の中で、薔薇のドレスまで、着ていたのだ…w)。
 そして「勘違い、してくれよ」なアプローチ、統悟くんに一生懸命、仕掛けるんだけどw、まるで靡かない、統悟くんw。こちらも、珍しいタイプの、男子。でも彼は…。おおっと、次項でw。

 触れなくてはならないの、めちゃくちゃ、友達想い。統悟くんに、類ちゃんや素子ちゃんのこと、「(好きな男子に)あいつらを、悪い奴らだと、思ってほしくない」と、2人の分まで、謝りすらする。ポエムちゃんたち、悪いこと、全然してないのに。また統悟くんも、そんな誤解をする、男子ではない。
 成り行きで読書にハマったり、寝顔が「お姫様のようにかわいらし(統悟くん、談。ただし彼は、実際の寝顔、見てないw)」かったり、お母さん(この娘にしてこの母ありで、かわい過ぎw)に、「プリチュア」のお弁当作られてしまうの、恥ずかしがったりw(「ママ」と言いかけて、「母親」と言って、しまうなんてもお…(´∀`*)。しかも本気で嫌がっては、全然ないw)。

 書くとわかるが、リアリティ、たっぷりの、かわいさだ。すべそれは、クボマユちゃんや慧美ちゃんのかわいさ、確かにすごいけど、リアリティには欠ける。横田先生、ホント女子の、嘘をつかない。どんな経験と、イメージを持ってるんだろ?不思議だ。
 「チーズインハンバーグ」のくだりなんて、ごく普通のなんでもないやり取りなのに、あのかわいさはなんなのかw。そのスクショは載せません。紙か電子、買って下さいw。

 桜大門 統悟

 副主人公にして、ヒーローと言える。この役割のキャラを「ヒーロー」と呼ぶの、少女マンガ文化に染まってる男子である私w。類ちゃん曰く、「ポエの王子様」wwwww。

 …言っときますが、世のほとんどの男子、筆者も含め、「王子様」とは程遠い連中なのでw、女子の皆さんは、「そんなのはファンタジーだ」と、割り切った方が、賢明ですw。だけどごくまれに、「本物」がいるから、男子も女子も困るw。
 またこういう、「きれいな男子」を好んで描いてしまうから、「横田先生も、きれいな方なのだろう」と思われてw、先生困ってるご様子w。ツイッター読むと、なんとなくわかるw。彼が「ダンゲロス」も描いてる、変態なの、わかってあげた方がいいw。
 「横田先生、ああ見えて変態だ」とは、背すピンの序盤で気づいてましたw。他にどんな作品描いてたかも、少しは知ってましたしw。公人とは大変です(他人事w)。
 ツイッター読んでると「しょうもない人だ」「ついて行けない」と思うこと、しょっちゅうあるw、普通のおじさん、ですよ?wwだけどあの人は、そこがいいんですよ!www
 …マジに言うと、先生って常識たっぷりの、普通人そのもので、あんまり普通ではない私w、学べるところも多い。いつもありがとう、ございます。

 閑話休題。統悟くんが本物かどうかは、まだわからない。でも確かに、女子の扱い、「なっている」男子なのは、事実。ただ別に、聖人君子ではなく、ポエムちゃんのぱんつ見てたり、ムッツリくんではあるw。でもそれを、殊更に隠さない姿勢。
 礼儀正しく、堅物。その分、「正々堂々」にはこだわり、「女子は丁重に大切に、優しく扱う」主義で、実行している。偉いw。前述の通り、ポエムちゃんに「かわいい」「魅力的」と言える男。だが誰にでも言ってるのではなく、彼にとっても、ポエムちゃんは、特別な女子である。しかし統悟くんに、その自覚はないw。

 2話でもう、夜道でポエムちゃんをエスコートする、立派かつ、うらやまな、シチュになる。ポエムちゃん、むしろ身の危険、覚えなかったんだろかw。…感じないだろな、このポンコツ相手ならw。でも彼、ちゃんと車道側を歩いている。
 …男子の皆さん、道を歩いてて、女子や子供やお年寄りがいたら、車道側など、危険な方を歩くのが、基本ですよw。これが出来てない男子、多いからなあ…w。
 それとポエムちゃんが、統悟くんにイカレてしまったw、最大のポイントは、
 「『ポエム』とはあなたに相応しい、かわいい名前だ。親御さんも、一生懸命考えて、つけたのだ」
 
と、彼が、言えてしまったこと。

 ここには、統悟くんだけではなく、横田先生の、人徳も感じる。つまり「親」を軽んじても、蔑ろにしても、疎んでもいない。
 背すピンやシューダンから、先生、揺らいでいない。ツイッターでも、「お母ん」について、よく語るw。私も大した両親、祖父母に恵まれたと、わかり始めてるので、この態度、大変立派と思う。
 …まあ、変な実名をつけられたのは、今でも親を恨んでるけどw。妹と一緒にw。そこからポエムちゃんに共感出来るしw、味方もしたくなるw。

 空気が読めない男子でもあり、これにポエムちゃん困る。しかし「間接キス」しそうになった時の、2人の態度の温度差と来たらw。全然気づいていない統悟くんw、めっさときめいているwポエムちゃん。間接キスごときでここまでイケるの、思春期だけの特権だよ…w。再現度スゲーなーw。
 しかもポエムちゃん、気になってる男子に、唾液つける絶好のチャンスwなのに、耐え切れず、自分でコーヒー飲み干して、舌をちょっと火傷してしまうw。
 …いくらなんでも、人が良過ぎるw。この辺、つっちーやソウちゃんそっくりの、人間性w。
 それと統悟くん、堅物ではあるけど、ものわかりは悪くなく、柔軟性もある。ここも、ポエムちゃんが惹かれる美点。

 優しいのも、彼の良さ。遊くん、聖一くんもそうだけど。ていうか背すピンもシューダンも、男子はみんな、とっても優しかった。…リアル女子の皆さん、そんな男子はレアなのでw、先生のマンガを当たり前と思わないようにw。
 …私?「優し過ぎるのが欠点」と評される男子だけど、自負はないな。欠点なのは、自覚してるし。リアル、ネットどちらでも、キレると怖いのは、わかってるし。それとこんな作品描くことが、横田先生が優しい男子だとの、保証にはならんよw。仮にそうだとしても、甘えるのは禁物よw。

 田崎 類

 ポエムちゃんのマブダチその1。まだあんまりエピソードがないので、妄想wも交えて語る。

 容姿は整っていて、頭も切れる印象の女子。でもどうも、本人はそのこと、あまり誇ってはいないように見える。むしろ、劣等感が深いタイプと思う。ショートや服装が、そう感じさせる。
 個人的に「らき☆すた」の、「毒島みく」ちゃんを、想起させるキャラクター。つかポンスカって、らきすたの匂い、するよね?w「どんだけ」使ってるしね!w

 ポエムちゃん、素子ちゃんと、少なくとも、小学校低学年からの、付き合い。大抵親友とは、小学校から高校にかけて、出来るもの。
 「心配しなくても、とらねーよ、ポエのお気に入り!」
 略奪する気、満々なのですな、わかりますw(多分そーはならんw)。

 あとは統悟くんと、「名探偵と真犯人」ごっこをする。類ちゃんは遊んでるし、いくら統悟くんでも、あれがマジとは思えんw。…「コナン」より「金田一」の、ノリだよね?w
 …少年シリウスは、マガジン系の雑誌です!w横田先生にその自覚、ちゃんとあるのです!wwヤンマガ作家だしな!www

 秋名 素子

 ポエムちゃんのマブダチその2。

 あまり「美少女」という形姿ではない女子。でもそういう子の方が、むしろかわいいw。先生の、お気に入りキャラw。
 見せ場は、遊くんに、お姫様抱っこされてしまうくだりに、決まっているw。しかもそれで、コロッと遊くんに、参ってしまう。チョロい子だねえw。
20190709_005956000_ios_20200120193401
 …これ、惚れるべきは、遊くんの方だろ!かわい過ぎだ!ヽ(`Д´)ノ(なにを怒っているの?w)出典・マガポケ。(C)Takuma Yokota 2019 
 頭も、いい方には見えない(失礼なw)。しかし人間性では、随一の善良さで、普通人担当。今回、奇人変人大会、だからなw。
 ポエムちゃん、類ちゃんと肩を並べて、食い意地張ってるのも、まさに年頃の女子w。私も未だに、よく食うけどね(聞いてねえよw)。

 横田先生、男子に媚びる女子を描かないの、ホント偉いな。すべそれやダンゲロスの女子は媚びてるwけど、原作者が違うからなあ…w。

 出淵 遊

 洒落のきつい名前のキャラその1。元ネタは多分w、実在するアニメーターの「出渕裕」さん。私にとっては、「ロードス島戦記」の人w。

 素子ちゃんの項に貼ったスクショの、「白衣を着ている」って特徴で、こうツッコむ人、多いと思います。「シュタインズ・ゲート」の、オカリンか!wクリスティーナか!w
 つかこうして書いてわかったが、横田先生、オタクのツボ、とことん弁えてるなw。

 特攻服みたいな白衣(そんなもの、存在しないw)着て登場するので、「ヤンキー?」と、ポエムちゃんたちから、勘ぐられる。…ちょっと待て、「廊下を走る」って、わかりやすいルール違反してたの、キミたちなんだがw。それを保健委員の遊くんが注意するの、至極まっとーなんだがw。

 ここも横田先生らしいリアリティで、「子供とは、無謀で危険な真似をするもの」w。私も、ガキんちょの頃、如何に危険な、行動ばかり取ってたかw。今では、信じられんw。高校生ともなると、落ち着き始める奴もいるが、まだまだそうでもない歳w。ポエムちゃんたちも、無論w。

 そこ行くと遊くんや、統悟くん、聖一くんは、割りと慎重派。エントリ書いてると気づくが、ポンスカはどちらかというと、女子が子供、男子が大人として描かれる。
 …普通は逆じゃないのかって?そう思ってしまうの、宮崎アニメの見過ぎ!!!!!wwwww年頃の女子も、十分子供!w

 上のスクショでやってる通り、怪我した、あるいは具合悪くなった女子を、お姫様抱っこして、保健室までエスコートする。どう見ても、計算ではなく、天然でやってるw。それで、素子ちゃんみたいに惚れてしまう女子が多数。
 …こ、困った子だ!w統悟くんより、性質悪い!w

 「コンテンツ」でも、提供してるつもりかw。でも悪意や悪気や、まして下心など、まるでないの、その後の描写で、わかる。次に書く聖一くんもそうだが、ホントに悪い男子、女子が、いないんだよね。

 そうそう忘れちゃいけない、ポエムちゃんとの、めっさエロい、やり取りありw。買えっ!w

 月島 聖一

 洒落のきつい名前のキャラ、その2。元ネタは恐らくw、ジブリアニメ「耳をすませば」の、月島雫と天沢聖司。
 ジブリファン、宮崎ファンにとって、耳すまは他とは違う、ポジションの作品。横田先生にとっても、だと思う(このエントリ、断言が少ないw)。

 図書委員で、随一のイケメン。ポンスカが偉いの、出来事がちゃんと「女子目線」で描かれてること。
 ポエムちゃんが女子主人公なのは、伊達ではないし、先生の女子への理解度、ハッタリではなかったの、証明されている。私も家族、女子が多数派なので、理解多少はある。
 …別に、恵まれてねーよ!(´;ω;`)妹と、お母んだよ!w羨むな!ww
 でも、ポエムちゃん、彼に惹かれない。むしろキモがる。なぜなら…。

20190807_032444000_ios

 そうなのだ…。「女子は甘い言葉に弱い」なんて思い込みは、こんなにも、キモいのだ!wwwww横田先生、女心、わかってんなあ…w。宮崎駿と違って(えw)。出典・マガポケ。(C)Takuma Yokota 2019

 要するに、勘違い男子なのだが、またしても横田先生が偉いの、彼を「痛い、残念な男子」として、描かない。聖一くんは、したたかな、オトコなのであるw。
 カットは引用しないが、聖一くんはズバリ変身キャラw。千兵衛さんかww。うまるちゃんかwww。変身姿は、単行本か連載、読んで下さいw。
 統悟くん曰く、聖一くんは、「図書室(うち)弁慶」。…はい?w要するに、図書室でこそ、本領を発揮する。ポエムちゃんに言わせれば、「水木しげる大先生みたいな姿(言っちゃったw。そしてなぜ太字にしたw)の方が、本性だろ!」だがw。聖一くんが言う、
 「こう見えて内向的」
 全世界の、内向的な少年少女、特に男子へ、謝れ!(# ゚Д゚)wwwww

 ポエムちゃんが聖一くんと絡んだの、読書の面白さに目覚めたから。…高校生として、真っ当過ぎるw。私は彼女ほど、真っ当ではなかったorz(しかし、「読書」だから「メガネ」て、ぷ、ぷふーう!)。
 変身前(後?w)の見た目は、カット通りなので、女子の人気が高い。聖一くんも、遊くん同様、女子に「サービス」をしている節があるw。聖一くんは統悟くんや遊くんと違い、計算して女子に媚びを売っている。
 …むしろ年頃の男子として自然なの、聖一くんの方w。統悟くんや遊くんが、鈍感すぐるw。

 彼のリップサービスに参ってしまう女子も多いはず。そうでなければ、彼はポエムちゃんに、ああいう態度を取らない。ドン引きするポエムちゃんw。それは女子として正しいw。こんな言葉に引っかかってしまう女子は、危ないw。
 でも聖一くん、ポエムちゃんに全然、本気ではない。靡かない女子を嗅ぎ分ける嗅覚あるのかw。あるいは、「桜大門の女に手は出さない」ってことか。

 …統悟くん、聖一くんからも遊くんからも、一目も二目も、置かれている。ああ見えてw人望は、ある方だ。聖一くん、サラッと毒を吐くとこあるけど、あんなもん、「毒」のうちに入らないと、ネットやる人なら感じると、思いますw。
 またポエムちゃん、聖一くんや遊くんを、「仕事はちゃんとできる方」と評価。

 …ちょ、ちょっと待て、いくらなんでも、とんでもなくいい子が、多過ぎるぞ…!wwwww

 書いててわかるのが、横田先生、自分の描いてるキャラ、めっさ好き。女子はもちろん、男子も。メインキャラだけでなく、サブキャラも。いつも連載終わるときの落胆、お察しします(そゆヤなこと、言うなよw)。

 ふー、このエントリも、かなりの時間と、期間かけた。書いてる間にも、色々あったなあ…。
 新型肺炎、感染者と患者の皆さん、安全をお祈りしています。犠牲者への冥福を、祈ります。
 近い内、iPhone11買います。流石に、ProやProMAXを買うほど、酔狂ではないですw。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »