« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月に作成された記事

2020年3月23日 (月曜日)

「Xbox Series X」&「PlayStation 5」スペック発表の、感想。他のゲーム機も、からめる。「箱尻」って呼ぶのは、なし?w

 結論から言うと、箱尻への期待値は高まり、PS5への、期待は少し、しぼんだ。

 西川善司さんあたりの、見識にたよりたい気もちはありますが、それではやはりだめなので、収集可能な情報をもとに、自分の頭で、書く。
 それと基本的に、公式が発表している情報を基に、書く。ネットの考察、ましてまとめサイトには、あまり頼らない。専門用語に関しては、すこしリサーチする。

 Xbox Series X(とりあえず、「箱尻」と呼ぶw)

 数値上では、PS5に、完全に勝ってる。まあデータで超えても負けるのが、箱だしぃ…orz。

 まず気になるの、「複数のゲームを、同時に起動が可能」であること。
 箱1やPS4などでも、ゲームとアプリの、同時の起動は、可能。しかし複数のゲームのマルチタスクが、可能なゲーム機は、なかった。
 かなり重要と思う。そもそも複数のゲームのマルチタスク、PCやスマホでは、当たり前。それが「なんでゲーム機では、できないのか。スマホ以下か」と、特に若いゲーマーからは、思われていたと、思う。
 さすがXbox、伊達に箱1で、「据置機で最初に、スリープ機能を導入した」のではない(PS4のスリープ機能は、アプデによる、あと付け)。
 コンパチのレベルも、高い。元祖箱、箱〇、箱1のゲーム、プレイ可能。いいのが、「ほとんどのゲームをプレイできる」なんて、無責任な大言壮語はしていない。
 期待したいのが、今回も過去の箱のゲーム、スクショ、動画の撮影、可能であってほしい。箱1のすごいところ、それを可能とした、こと。箱尻にも、継いでほしい。「旧Xboxのゲームの、品質も向上する」は、箱1も実現してたので、信じる。

 縦置きが可能、というか、縦が基本なのも、重要である。日本など、狭い国の住宅事情に、配慮。箱1やPS4、Wii Uはそこ、鈍感だった、からなあ…。スイッチがまた、縦置きを重視してくれたから、と思う。
 単純なスペック比較では、総じて箱尻がPS5に、優っている。しかしネットの議論読んで、わかったこと、今どきのゲーマー、スペックにそれほど、こだわっていない。
 箱1Xを遊んでいれば、解像度やフレーム数の尊さ、わかるんですが、こだわらない人はこだわらないですし、「PS1からPS2へ」時代の歴然たる差は、もう出せない。
 とはいえ、箱〇や、PS3の末期、「もうグラフィックの進化は、頭打ちとなった」なんてうそぶいてたのが、いかに愚かだったかは、深く反省している(-_-;)。MSさんにソニーさん、すみません。任天堂には詫びない。そう思ってしまったの、かなり任天堂の、せいだから(言いがかりw)。

 個人的な見かたでは、MSさん、「超安価な、高性能ゲーミングPC」というコンセプトで、Xboxを作っているのではと、にらんでいる。
 そもそも触るとわかるけど、箱はWindowsとの共通点、やはり多い。共有できる、モノも。しかし、箱尻と同格の性能の、ゲーム用PCを用意するとなると、30万円でもぜんぜん足りないと、聞いている。
 スマブラの桜井さんが言ってたの、「ゲーム機は、すごくない。ゲーム向きの性能に、特化しているから、そう見えるだけで、コンピュータとしての性能は、すごくない」と。なるほど。
 ゲーム機である以上、10万円はさすがに超えないでしょうw。とはいえゲームマシンとしては、相当高くなるの、想像はつく。
 コントローラのキレのよさも、維持されると期待。「PC、モバイルと、スムーズにペアリングし、切り替わる」と言ってるの、 実はめっさデカい。
 発売時期は、2020年の冬。…はいはい、日本では来年ですなw。あと「VRは、やらない」と言ってるの、今後の推移次第で、変えますよね?w
 こんな早くから、ここまで情報公開してくれたの、感謝です。

 そしてこれを、〆に言わなければならない。MSさんのネーミングセンス、どーなってるのだ?????wwwww

 PlayStation 5(PS5)

 箱尻ほど、アクティブな情報公開は、されてない。しかし重要な情報は、多々ある。

 「PSVR2を出す」とほぼ断言してくれてるの、感謝。PSVR、30年以上のゲーム遍歴で、フェイバリットなハードになったので、その次世代機、期待しないはずはない。
 「PS4との互換実現」も好材料。PS4のゲームにブーストも、ちゃんとかかる。しかしなぜか、世間では「PS1、PS2、PS3との互換も、できるらしい」なんて、ソニーさんがヒトコトも言ってない、憶測が流れて、ソニーさんも困ったと、思われます。
 ただ、「プレイ時間の長い100タイトルで、動作確認」とはむしろ不安を生む。ゲームはプレイ時間が全てではないし、「上位100本」ってアンタねえ…(-_-;)。
 最近のソニー、人気をあまりに、重視し過ぎて、個々のユーザーの、想いを反映してくれない。だから近年のPSは、独自性による面白みに欠ける。PSクラシックは、それでつまらなく、なった(後述)。
 電プレをちゃんと、ブレーンにしてれば…、ってそうか、電プレなくなるんだ。残念。休刊号、予約してます。

 3/19の発表でソニーさんが強調したの、「レイトレーシング」と「3Dオーディオ」という、技術。さすがソニー、オーディオビジュアルに、手を抜かない。
 不覚にも、「リアルタイムレイトレーシング」という技術、これで初めて知った。これからのゲームの、スタンダードと、なるはずです。
 「360 Reality Audio」というソニーの技術、使われるはず。今までの立体音響と、次元が違うし、「古いフォーマットとの互換性がある」のも、とても大きい。今までのつみかさね、ないがしろにしてない。
 発表の内容、明らかに箱尻を意識し、差別化してきた。箱尻は数字でけんか売って来たので、PS5は技術の名前で、応戦した。
 ただその戦略、「MSに見劣りするな」と正直思った。あんだけ期待を引っ張って、情報小出しなのかと。
 発売時期は、2020年の、年末商戦。…はいはい、日本では来年に、なるのですなw。

 これは箱に、圧勝してる点。「プレイステーション」と、「ファミリーコンピュータ」の2つに優る製品名など、ゲーム業界に、存在しない。任天堂は、ファミリーコンピュータを、やめるべきではなかった(-_-;)。

 追記・ロード時間が、SSD搭載で、爆速、なのは、PS5の特徴として、ふれなければならないポイント、でした。箱尻も、SSD搭載ではありますが、 PS5のがずっと、速いらしい。

 Nintendo Switch

 任天堂、「PS4 Proや箱1Xに相当する、性能アップのモデルは、当面出さない」と明言した。Liteも出したし、任天堂らしく、「携帯機」として、売るつもり、なのかも。
 これから恐らく、「ゲームとアプリの同時起動が、不可能」なのが、弱点になると思う。ストレージ容量不足は、解決策あると思う。オンラインストレージとかな。
 「ネットに弱い」のは持ち味となりうる。「ローカル性」を売りにできる。PS4はグローバル化し過ぎて、性規制がひどくなってしまったw。その弱点を、今のスイッチ、うまく突いてるw。

 MS、ソニー、任天堂の三社、基本的な姿勢は、変わってない。しかし世代交代は、力関係を、ガラリと変える可能性が、ある。

 各社のミニ系ハード

 数日前、PCエンジンミニを購入して、驚いた。コナミがもともと、自社の製品ではないPCエンジンに、ここまで愛を、注いでくれるとは。
 LOVEがセガのメガドラミニ、以上かもしれない。事前の動画や、メディア情報で、期待は相当だった。
 実用的意味は全くない、CDROMの読み込み音まで、入れてくれるこだわり。ターボグラフィックスモードへの切り替えも、入れた意図、触ればわかる。
 PCエンジンとはどんなゲーム機なのか、勉強させてもらいまっせ。

 あ、「メガドライブミニW・アジアエディション」購入は、もう決めてまっせw。  もっとお値段、落ち着いてからだけど。つか完全版出すことと、もうこの人気、セガとセガファンは相変わらず、狂ってるなあ…(褒めてますw)。
 SNKの、ネオジオミニやネオジオASP、任天堂のミニファミコン、ミニスーファミ、ミニファミコンジャンプへの、愛も本物だ。

 PSクラシックは、愛がないとは言わないが、他社に比べると、本気度がまるで足りないと、言わざるを得ない(-_-;)。
 問題点の一つが、ソフトがアマゾンや、ゲームアーカイブスを探せば、なんとか手に入るゲーム、ばかりであること。もっとプレミアのついてる、レア物を入れようと思わなかったのか。
 あとそれほどレアじゃないけど、「ガンパレード・マーチ」など、もっと通好みのソフト、入れるべきだった。それから…、おおっと、PSクラシックへのダメ出しコーナーではなかった(-_-;)。
 面白い、製品なのではあると、ソニーの名誉を想って、言っとく。

| | コメント (2)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »