« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月に作成された記事

2020年9月25日 (金曜日)

「東京トイボクシーズ」ファーストインプレッション(ネタバレ)。安曇野蓮は、紛れもなく、天川太陽の、正統後継者

 すべそれ3巻エントリ、停滞してますが、長期戦のつもりなので、しばしお待ちください(-_-;)。なんで時間がかかるのか。MTGの、勉強をして、書いてるから。90年代の時事ネタも。リサーチしないと、語れない作品。
 で、今月なんとか、ブログを更新したいので、ネタを「東京トイボクシーズ」にしました。期待してるマンガですし、「トイボックス」シリーズが、好きなので。過去にレビューも書いた。こちら
 「ゲームネタマンガ」として、すべそれに似ている。しかしすべそれはノスタルジーだけど、トイボクシーズは、最先端。

 まずは公式のリンク。公式サイト(作品そのものを、読めます)。公式ツイッターうめ先生公式サイトうめ先生ツイッター。作画担当妹尾先生ツイッター。小沢先生と、夫婦でマンガ家ユニットしてらしてるの、素敵です。
20200611_092338073_ios_20200923093401
 主人公、安曇野蓮。カッコいい。男前。でも実は…。ここから先は、続きを読むで。(C)UME 2020,Printed in Japan

 作品を語る前に、前提として、語るべきこと。

 「eスポーツ」とは、なんぞ?

 近年の、ゲームの潮流である、eスポーツ。「それは、なんなのか?」な方は、多い。軽く、レクチャー。参考に、リサーチしたが、荒れてる話題だな、予想通りw。

 コンピュータゲーム、つまりビデオゲームを、スポーツとして認め、競技大会を開き、プレイヤーがごはんを食べられる、生業にしよう、という動き。正直オールドゲーマーとして、違和感がないといえば嘘になる。それは劇中で、楠木さんも、語っていた。後述。
 個人的に一時期、eスポーツのテレビ番組に、ハマっていた。今では冷めてしまった(^^;)。動画ではなく、テレビって時点で、限界あったのかも。しかしeスポーツは、テレビも相手にしないと、これから発展できない。
 実は普通のスポーツに、全然興味がないw。マインドスポーツにもw。格闘技は多少見るけど。eスポーツは、それなりに熱中していた。いろんな競技(ゲーム)の試合を見て、いろんな選手を見た。スポーツとは選手によって、まるで持ち味が違うと、初めてわかった。
 ちょっと提言しますが、スポーツの世界は、eスポーツを、「スポーツの入り口になり得るもの」として、見てほしい。少なくとも私は、eスポーツで、スポーツを多少、理解した。
 どの大会か忘れてしまいましたけど、「ぷよぷよテトリス」の決勝戦が、熱くて胸に、刺さった。勝敗を分ける差、1/10000も、なかった。感動した。そんな激戦を拝めた幸運に感謝した。

 私がeスポーツを支持する理由、ゲームだからだけじゃなくて、国籍、年齢、性別、障害の存在などの壁を、超えられる可能性がある、スポーツだから。それは窪ノ内さんが、賭けた理由でもあった。こちらも後述。

続きを読む "「東京トイボクシーズ」ファーストインプレッション(ネタバレ)。安曇野蓮は、紛れもなく、天川太陽の、正統後継者"

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »