« 「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」5巻感想(ネタバレ)。今作は横田先生、チャレンジをしている | トップページ | 「PCエンジンミニ」感想(ネタバレ)。コナミがこんなにPCEを愛してくれると、そして私がこんなに愛してしまうと、思ってもみなかったw »

2021年3月11日 (木曜日)

PCエンジンミニ版「ときめきメモリアル1」感想(ネタバレ)。虹野さんは俺の嫁♡。朝日奈さんも、俺の嫁♡w。PCEミニは、素晴らしいw

 「PCエンジンミニは、ミニ系ハードの最高傑作」とよく、ブログでもSNSでものたまっていますが、ミニに入っているゲームで、最初に本格的に、ハマったのがこれでした。
 何気に、ミニに収録されたゲームの、単品の感想は、初めて書きます。まずタイトルに挙げた、嫁2人の、写真をどうぞ♡。
ImageImage_20210302181401

 ミニにはスクショ機能がないので、スマホのカメラで撮影。このくらいなら問題は少ないと思うので、コナミさん、どうかお許し下さい。「オールクリア」の画面を載せるなんて、血迷った真似はしませんw(しようと思ってましたが、思い止まったw)。(C)Konami Digital Entertainment 
 強いて言うなら、虹野さんが正妻で♡、朝日奈さんが2号♡w。最低w。でもこの作品で、その程度のことを咎めていたらやってられないw。攻略対象の女子キャラが、13人もいますからね…w。
 で、でも、虹野さんと朝日奈さんの魅力は、13人の中で別格ですよ!嫁ならば、どっちか1人を選べ?…選べません!(外道w)

 当ブログ恒例のリンク。ときメモ1の公式サイト。PCEミニ版単独のはないので、PS1の、ゲームアーカイブス版。あ、ときメモシリーズポータルサイトの存在に、初めて気づきましたw。PCEミニ公式サイト。なぜかスムーズに入りにくいサイトなので、注意。コナミ公式サイト
 ときメモシリーズ公式SNS、あるといいなと期待してましたが、ときめきアイドルと、ガールズサイドしかない。残念(´・ω・`)。コナミも沢山ソーシャル垢を持ってるので、この機に気になるの、フォローしました。コナミさん、よろしく。

 …言ってしまいますが実は、ミニ系ハード、特にPCEミニで、コナミを知るまで、コナミのこと、嫌いでした(-_-;)。具体的には、「劇空間プロ野球」の件でスクウェアが困ったこと。
 それにときメモ2で開発した、「キャラクターが声優の声で、プレイヤーの名前を呼んでくれる技術」(よーするに、「EVS」。この技術の名前も、よく知らんかった(^^;))を、独占して他社に提供しないの、「そのくらい、売ってくれればいいのに」と、反発していた。ハドソンを買収したことでも、腹を立てていた。
 あと個人的に、理解がしにくい、会社でもあった。スクエニはRPG、任天堂はアクションと、作風が私的に、わかりやすい会社ですが、コナミの作風を、理解してなかった。

 …すみませんでしたぁーっ!m(__)mm(__)mm(__)m

 野球やハドソンの権利獲得にどんだけお金かけたか、買収のおかげでハドソン文化が守られ、PCEミニを作れたこと、そしてEVS、ラブプラスを遊んだことで、どんだけの苦労と、お金をかけて、そして今でも維持に苦労してるシステムなの、理解できました!あれをそう簡単に、他社に提供なんて、ありえませんよね!
 それと、PCEミニに限らず、ミニファミコン、メガドラミニ、ミニスーファミ、PSクラシック、これらのミニを遊んで、コナミの作風、おぼろげながら、理解できました。まだ、「これがコナミの作風だ!」と断言できる理解度ではありませんが、ときメモシリーズ、グラディウスシリーズ、魂斗羅シリーズ、メタルギアシリーズ、などコナミの諸作品、これらが地続きだったのが、わかり始めました。
 コナミさんは、すごい会社だった。ミニに多く作品を提供したこと、PCEミニを開発販売したことは、少なくとも1人のプレイヤーのコナミのイメージを、激変させました。間違っていない、戦略ですよ!
 …掌返しがひど過ぎる?思いっきり楽しませてくれれば、節操なく寝返る覚悟ぐらいあります!(`・ω・´) 

 さてこの手のゲームで最大の売りなのは、キャラクター、特に異性のキャラでしょう。攻略対象の女子キャラは、13人。それと男子の好雄と、主人公を含めれば、メインキャラは15人。人数が多いので、寸評にて。
 キャラクターの順番が、ゲーム内でもカッチリ決まってないので、ちょっと困る(^^;)。ハードを買う前に購入した、「電撃PCエンジンミニ」の表記を、参考とする。「PCエンジンミニパーフェクトカタログ」も、参考資料ですっ♪
 …名前を打ってみて思うの、「スタッフの愛情がこもった、気合いが入った名前、ばかりだな。それに、多くの名前が、スムーズに変換された。人気作品、なのだな」

 実は記事書いてて、執筆方針が変わって、「ギャルゲーを語るなら、キャラクターを語るのが、やはり楽しいし、ベストな手法」と考え直したので、それで行きます。
 ゲーム自体のすごさも語るつもり、だったんですが、けっこーすごすぎる、ゲームなので、私の手に余ると判断(-_-;)。それに歴史的なゲームなので、熱く語っているサイトは、探せばいくつもあるはず。私が濃く語っても、意味は薄い。
 あと資料を改めて読んで、これには触れなきゃならないと思ったポイント。
 「ときメモシリーズとは、1994/05/27に、PCエンジンからリリースされた、この初代作こそがスタートライン。当時のファミ通で、今作の人気は、すごかった。だから多少の予備知識、当時のファミ通の記憶から、思い出して持っていた」
 キャラクターのネタバレは、一応伏せた方がいいと考えたので、使うつもりがなかった、「続きを読む」を、使います。伊達に去年、私を最も楽しませたゲームで、なかった。

 藤崎詩織

 知ってる人が多いであろう、メインヒロイン。攻略難度が最も高いので、「ラスボス」の異名をとるw。最後に攻略したキャラ、なのだが、ラスボスの名に恥じない、最強の敵(?)だったw。
 ただ個人的に、それほど魅力を感じなかった。文武両道の万能選手で、優等生なんだけど、その分、個性的でなかった。
 ちなみに誕生日と血液型を、プレイヤーが決められるキャラ。主人公との相性など、色々影響するステータス。親近感を作りたいし、めんどくもあるのでw、私の誕生日と血液型を設定した。主人公と、全く同一のw。

 如月美緒

 最初に告白させること、成功したキャラ。実は、如月さんのコト、狙っていなくて、1周目では、誰に告られるか、ドキドキだったw。誰からも告られないと、あまり思ってなかったw。

 紐緒結奈

 かなりの変人の、1人w。中の人も、「こんな女子高校生、いるワケないでしょ!」とご自分でツッコんでいたw。今で言うなら、「厨二病」であるw。
 男子高校生か、もう少しトシの行った女子ならありえなくないけど、JKには、ねえw。攻略難度が、ちょっと高い。

 片桐彩子

 「こういう女子は少ないけど、ごくたまにいるよな」と思える、リアリティあるキャラ。攻略難度が高め。
 実は、私のリアルの、ファーストキスの相手を、思い出させたキャラ。その娘は、片桐さんみたいなタイプじゃなかったんだけど、なぜか思い出した。リアリティ、あるのだ。

 虹野沙希

 一見普通の女子だけど、よく考えると、リアリティがないキャラ。綺麗すぎて、理想的すぎる。だからいーのだし、人気も出たのだがw。
 攻略難度は低い。人気高いの、そのおかげと思うし、俺の嫁認定してる一因w。

 古式ゆかり

 あまり、刺さらなかったキャラ。古式ファンの皆さんゴメン(^^;)。古式家がお金持ちの家なのは、重要ですよねーw。

 清川望

 虹野さんが正妻でw、朝日奈さんが2号ならw、清川さんが3号w。でも2号さんまでと、大きな差があるw。
 今で言う、「ギャップ萌え」w。恋愛でかなりしつこく、ねっとりしたタイプと思うのでw、付き合うのは大変だと思うw。

 鏡魅羅

 今で言う、「ツンデレ」で、6人の弟を持つよき長姉、お化けが怖いw、などのギャップ萌え属性も持つ。
 「タカビー」って言葉が死語じゃなかった時代のキャラw。いや、94年ではもう、死語だったなww。
 当時人気は最下位クラスだったと記憶しているが(^^;)、今なら人気や評価は、まるで異なるキャラとなったのではと思う。

 朝日奈夕子

 一緒に遊んでる分には、とても楽しい女子なのだが、将来のこと、ぜんっぜん考えてない女子なのでw、大人として心配になる(^^;)。
 「カノジョ」にしてる分にはいいが、「妻」にしたなら、夫ががんばらないといけない。そんな甲斐性ある男子は、今も昔も少ないのでw、やっぱり苦労するぞw。
 「2号さん」止まりなのは、そこら辺が原因w。でも攻略難度、低いのが魅力w。

 美樹原愛

 攻略難度が、高い女子の1人。スタイルがスレンダーで、性格が気弱で背も低く、私好みなのだが、あまり刺さらなかった。
 誰もが髪型を「ヘルメット」と呼ぶw。気の毒にw。

 早乙女優美

 メインキャラの中で、唯一、学年が1年下。言動も見た目も、とってもロリっぽくてw、刺さったキャラだった。
 中の人の演技が大変拙いのも、幼さの演出になっていて、コナミのキャスティングは間違ってない。
 ラストで主人公も触れているが、優美ちゃんと結婚まで行ったら、好雄が「兄貴」になるのが、最大最悪の、大問題w。攻略難度が、高い。

 館林見晴

 隠しキャラの1人。ランダムエンカウントでしか登場しないキャラなので、攻略難度が非常に高く、詩織と並ぶもう1人の「ラスボス」。
 …なんだけど、そんなに苦労、しなかった。PCEミニって、クイックセーブがいくらでもできて、CDROMのロード時間もほぼないので、プレイのリロードが、極めて容易で、乱数調整も、思いのまま。だから、館林さんがエンカウントする確率を、上げられた。
 ミニは便利な仕様が沢山あるので、PCE、ときメモ1に限らず、攻略難度はオリジナルより、劇的に下がる。助かっている。…それでも、藤崎詩織の攻略難度は、半端なかったのだがw。
 それはともかく、館林さんは今で言うなら、「ストーカー」でありw、リアルに告られたら、付き合うのを承諾するか、考えるところ。
 かわいいから、許されているw。人気もトップクラスらしいしw。それでいいのかw。

 伊集院レイ

 もう1人の隠しキャラ。攻略難度は、最低w。伊集院に電話を掛けまくれば、落ちるw。
 中の人が女性声優で、見た目も名前も、なので、「女子なのだろう」なんとなく見当つけていたが、ハッキリ「女子なのだ」と知ったのは、PCEミニを、購入した後w。
 当時は、気づいていなかったw。あの頃十代だった私や、当時の男子が女子だと気づくのは難しかったろうと、友人が言っていた。今ではかなりの、人気キャラに出世しているw。
 ラストの主人公の、「伊集院に妹なんていたっけ?」という台詞が、ときメモ1の当時はときメモ2に出てくる、「伊集院メイ」のこと、全然コナミは考えてなかったとわかるw。…いやむしろ、この台詞があったから、メイを思いついたのだなw。
 館林さんと伊集院は、他の女子の動向があまり関係ないのが、楽しかった。むしろ女子の評判が悪い方が、攻略しやすいのでw、爆弾がボンボコ炸裂しても、気にしなくていいw。

 早乙女好雄

 「女好きだけど、いい奴」と説明されたが、ホントにいい奴。主人公が評判最悪の時、けっこー気遣ってくれるし、女子のコトも、とても気遣っている。
 女子にモテる資格ある男子なので、ラストで他の攻略対象女子と付き合うの、許せる。しかし1周目でこいつが虹野さんと付き合うことになったのは、どでかいトラウマw。
 女子の情報に異常に詳しく、3サイズや電話番号、更には誕生日などの個人情報、とんでもなく把握してる。デートスポットにも詳しく、とにかく情報源として、これほどすごい男子はいないw。
 つかなんで好雄は、主人公への女子の好感度がどれくらいかw、「爆弾」が点灯してるか、わかるの?w女子の気持ちを計るスカウターでも、持ってんの?w
 こんな男子が友人にいたら、確かに恋愛に、苦労しないと思うw。あまりにも、便利すぎる。最もリアリティに欠ける、キャラと思うw。

 主人公

 名前、誕生日(星座)、血液型に、私の個人情報を、そのまま使ったw。仇名も、私が幼い頃使われてた、呼び名を使ったw。
 幼い頃の仇名で女子から気安く呼ばれるの、楽し過ぎたw。仇名を気安く呼ぶかどうかにも、各女子の持ち味が、現れるw。

 要するにプレイヤー、特に男子プレイヤーの、分身なんだけど、性格がかなり悪くw、「女子が俺と話したいのは当然だろう」なんてとんでもないこと言ったりw。
 「クソガキ」なんて言葉も吐く。…私にとって、この言葉はかなり、吐いてはならない言葉だ。しかも言われた子供、別に悪事をやらかしてない。
 でも、流石に「悪人」ではない。主人公の、学力や体力、根性や容姿など、色んなものを磨いて、女子を振り向かせるのが、ゲームの趣旨で、目的。
 特に、女子を落とすのに「容姿」を磨くのが、隠しキャラを除けば必須なのは、感心した。男子がかわいい、あるいは美人な女子と付き合いたいなら、女子だってカッコいい、お洒落に気を遣っている男子と付き合いたいのは、トーゼン。
 実際、容姿がひどすぎると、デートに誘えても、待ち合わせで女子は怒って帰ってしまう。この公平さ、ときメモ1は見事です。

| |

« 「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」5巻感想(ネタバレ)。今作は横田先生、チャレンジをしている | トップページ | 「PCエンジンミニ」感想(ネタバレ)。コナミがこんなにPCEを愛してくれると、そして私がこんなに愛してしまうと、思ってもみなかったw »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

思った以上に画質きれいですね。撮影の腕もいいんだと思いますけど。

yukkun20はプレイしたことないです…が、このゲームについてはある程度知っています。なぜならこのゲームが絡んだ有名な訴訟があるので(ときめきメモリアルメモリーカード事件)。
といってもキャラクターについては藤崎詩織(生まれて初めてこの名前打ったけど、うちのPCでも一発変換されたわ…)の名前くらいしか知らず、またギャルゲーって言ってもせいぜいヒロインなんて4~5人でしょと勝手に思い込んでましたけど、13人もいるのを知って驚きました…近年のギャルゲーと比べてもよほどギャルゲーしてますね。

> キャラクターが声優の声で、プレイヤーの名前を呼んでくれる技術
当時はかなり画期的でしたよね。ちゃんとアクセントを付けてくれるんでしたっけ。そういえばこち亀でときメモっぽいゲームに左近寺がはまったのもこれが原因だった記憶がある。

> 女子にモテる資格ある男子なので、ラストで他の攻略対象女子と付き合うの、許せる。
これ結構珍しい仕様なのでは?しかし確かにトラウマを呼びそうだw

恋愛シミュレーションの礎を築いたと言われるだけのことはある、素晴らしい作品だったみたいですね。

投稿: yukkun20 | 2021年3月12日 (金曜日) 午前 01時27分

>yukkun20さん
 コメントありがとうございます。

>思った以上に画質きれいですね。撮影の腕もいいんだと思いますけど。
 どちらも、ありがとうございます。そう、ミニは古いゲームの画質を改善してるのが、売りの1つ。
 最近、スクショだけでなく写真撮影にもハマってるので、多少はスキルやセンスが、ついたかな。

>yukkun20はプレイしたことないです…が、このゲームについてはある程度知っています。なぜならこのゲームが絡んだ有名な訴訟があるので(ときめきメモリアルメモリーカード事件)。
 聞いたことぐらいあるけど、改めてググる。
 なるほど…。訴訟の内容、興味深いけど、前から、「プレステの話だな」と思っていた。
 いや、セーブデータの改竄は、特に外部ストレージを導入してるゲームならありがちだけど、PS1から、その手の話が激しくなった印象。
 PS1は、公式がチートなセーブデータを提供するのも、珍しくなかった。

>といってもキャラクターについては藤崎詩織(生まれて初めてこの名前打ったけど、うちのPCでも一発変換されたわ…)の名前くらいしか知らず、またギャルゲーって言ってもせいぜいヒロインなんて4~5人でしょと勝手に思い込んでましたけど、13人もいるのを知って驚きました…近年のギャルゲーと比べてもよほどギャルゲーしてますね。
 「94年に、ここまでのゲームを作っていたのか」とマジで驚いた。ボリュームから、まるで規格外なので。これを「売れないだろう」と思いながら、大金と多大な労力掛けて作った、コナミの根性に恐れ入る。

>当時はかなり画期的でしたよね。ちゃんとアクセントを付けてくれるんでしたっけ。
 当時はコナミ独自の技術で、今でもコナミ以外、あまり使っていない、技術ですからね。
 ただ大変残念ながら、私はご存じの通り珍名なので、ラブプラスでも、私の名前を呼んでもらうこと、不可能なのだ…(´;ω;`)。
>そういえばこち亀でときメモっぽいゲームに左近寺がはまったのもこれが原因だった記憶がある。
 「左近寺と言えばどきメモ」でしたからねw。秋本先生も、けっこーハマったのかもねw。

>これ結構珍しい仕様なのでは?しかし確かにトラウマを呼びそうだw
 確かにあんまりないだろうねw。意中の女子を取られて「ぎゃー!」なったのが、私だけであるはずないw。ときメモ2以降に、採用されてんのかな?w

>恋愛シミュレーションの礎を築いたと言われるだけのことはある、素晴らしい作品だったみたいですね。
 そもそも「恋愛シミュレーション」というジャンルが、他にあまりないですしおすし。プリメやサクラ大戦は、恋愛シミュレーションと言えないと思う。

投稿: Ivan-Petroski | 2021年3月12日 (金曜日) 午前 11時28分

当時の時代でこのグラフィックは完成度が高いと思うでござる
水着姿を確認しましたが 特に紐緒氏は理系でありながら あの
大人の色気を漂わせるデザインはたまらんですな!(変態)

投稿: sasa | 2021年4月30日 (金曜日) 午後 06時25分

>sasaさん

>当時の時代でこのグラフィックは完成度が高いと思うでござる
 CDROM導入は90年代からといえ(追記修正・間違いだった。昭和から、導入されてた。なんたる先進性)、ファミコン直後のゲーム機がこのレベルだったの、恐るべきこと。

>水着姿を確認しましたが 特に紐緒氏は理系でありながら あの
>大人の色気を漂わせるデザインはたまらんですな!(変態)
 そうそうw、紐緒さんって体力あまりなくて、海やプールもそれほど好きでないのに、水着がすごく大胆なキャップ萌えに、驚くんですよねw。
 まあ女子を海やプールのデートに誘うの、このゲームでやらない人、いませんよね!(*´▽`*)
 片桐さんは、絶対にプール行ってくれないし(なので必ず、海に誘うw)、伊集院は水着イベントが存在しないの、大変残念だッッッッッ!!!!!(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)w
 館林さんの水着は、拝みましたよッッッッッ!!!!!(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)w

投稿: Ivan-Petroski | 2021年4月30日 (金曜日) 午後 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」5巻感想(ネタバレ)。今作は横田先生、チャレンジをしている | トップページ | 「PCエンジンミニ」感想(ネタバレ)。コナミがこんなにPCEを愛してくれると、そして私がこんなに愛してしまうと、思ってもみなかったw »