カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2020年1月14日 (火曜日)

30万アクセス、ありがとうございます。近況として、ネトゲネタを2つ、扱う

 少ないながらいる、ファンの皆さんと、通りすがりで読んで下さる、ずっと多くの皆さんの、おかげです。重ねて、ありがとうございます。…多分、ヒットの1/10は、自分で稼いでるん、だけどねw。

 タイトル通り、ネトゲネタ、扱います。大きな買い物、2つもしてしまった(-_-;)。

 まず、ネトゲネタの1。ちょっと言いにくいことですが、PSO1から始めて20年、ようやく、ネトゲの醍醐味を、理解し始め、ました…w。
 きっかけは、これらの本。
 「ファンタシースターオンライン2 ファッションカタログ」。2012年版から、2019年版まで。ここまで長く続くとは、電撃もセガも、嬉しい誤算と思う。PSO2公式サイト
20200109_093557801_ios
 既刊5冊を、一気買い、してしまいました…。馬鹿かw。
 (C)SEGA(C)Sony Computer Entertainment Inc.(C)Sony Interactive Entertainment Inc.(C)KADOKAWA CORPORATION 2015(C)KADOKAWA CORPORATION 2016(C)KADOKAWA CORPORATION 2017(C)KADOKAWA CORPORATION 2018(C)2019 KADOKAWA Game linkage Inc.
 (権利表記、不完全ですが、ご容赦頂きたい…(-_-;)。冊数多いのも理由ですが、コラボがすごいので、全てをカバーするの、困難なのです。本の権利は、問題少ないはずです)
 (追記・頭の中の誰かがw、「怠けず、やれ!」と言ったのでw、やりました。これで本そのものの、権利表記は、完璧のはずです)

 ネトゲのファッションカタログ、買うのはこれが初めてでは、全然なく、FF11から14、ドラクエ10のも、買って、今でも持ってます。ちょっと気が向いて、それらを読んでて、ふと思った。
 「ネトゲ、というかゲームの衣食住に、気を配った方がいいか?リアルのそれらにも、気が付くように、なるかもだしw」
 今までPSO2の本、あまり買ってなかった。私はネトゲ好きである前に、FFファン、ドラクエファンなので。
 でも初めて遊んだオンラインRPGが、PSO1で、そこからネトゲに入っている。和製ネトゲのパイオニアで、言うなれば、「ネトゲのドラクエ1」というべき代物。
 だから2も、普通は買わないw(基本無料ゲームなので、普通はDLして遊ぶ)、PSVitaのパッケージ版、それからPS4のパッケージ版を買って、あとスイッチのクラウド版も落として、ちびちび遊んでいる。ログボ落としは、毎日欠かしてない。スマホのコンパニオンアプリ、「es」も、もちろん、活用してる。好きではあるので、買ってみた。

 な、な、な、なんじゃこりゃあー!スクエニMMOなんぞwとは、ファッションとキャラクタークリエイトの次元が全然ち・がーう!

 キャラクリのレベルが非常に高いのは、一応わかっていた。最初にキャラを作った時、ほほイメージ通りの、キャラが作れたので(渋くてカッコいい、ジジイw。老人を作れるゲームでは大体、そうしてるw)。
 またゲームとは別に、キャラクリのみを楽しめる、アプリもあり、それですごさは、知っていた。イケメン、美少女、ロリショタw、男の娘w、おっさんに熟女、おじいさんと、ほとんどのタイプが、作れる(でも、おばあさんは、いないんだよねーw。なんでかなーw)。
 とにかく作れるキャラが、多彩。ムネの大きさも、設定可能w。老若男女問わず、全方位の好みに、応えられる。
 総責任者の酒井智史プロデューサー、「キャラクリでは、国内最高峰を、目指した」と言ってて、有言実行出来てると、認められます。

 FF11やドラクエ10は、まるで追い付いてない。特にドラクエは、「鳥山キャラに見えること」がちょっとした枷と、なってる。FF14なら、拮抗できる。萌えキャラのあざとさなら、負けてない。しかし…。コスチュームにどデカい差が、あるのだ。
 そもそも大元のきっかけが、ドラクエ10に、スクール水着とセーラー服があると、気づいたことw。もしやと思い、FF11と14のカタログも見た。…ビキニはあるが、スク水はない。少し考えて、理由が分かった。
 「FFオンラインは、グローバル展開のゲームだから、あざとい萌え衣装、あんまり出来ないんだ」
 日本とは、Hな表現に緩い国w。特に若い子に対する、「そういう目」にw。欧米は、そういうのに厳しい。アジアは割と寛容。中東も、意外と。
 だからハッキリ言ってしまえば、「女子校生」に対する萌えw、スク水、セーラー、ブルマー、そういう衣装、FFでは難しい。ドラクエ10は、日本と、アジアでわずかに。だから可能。
 またドラクエにもブルマはない。体操着は短パン。ちょっとわかる、気がする。ドラクエも女子の目は、気にしている。セーラーやスク水は許せても、ブルマは許せない。そういう女子、多いと思う。
 つかさっきから、なんの話をしとるか、俺w。

 でもここまで言えば、察し付く人、いると思います。そう、ブルマー、スクール水着、セーラー服、PSO2には、全部ある!(なぜ太字にしたw)
 これに気づいて、やっと、PSO2が欧米展開、してない理由が、わかった。これらに限らず、PSO2は萌えが、あまりにあざとい。ロリはもとよりw、ショタも際どいしw、大体、両性ともに、「局部を隠しただけ」のインナーも、あるのだw。
 そう肝心なこと、大抵の衣装に、下着、肌着、上着の設定がある。最初からあった仕様ではなく、追加したらしい。こんなのは、スクエニにはない。
 当然w、こだわりまくりw。特に下着、デザイナーの1人が、「ぱんつを褒めてもらえたのが、嬉しかった」と、すごい発言してて…w。バスタオルとか、泡を纏ってるだけとか、あざと過ぎw。勘違いするな、両性ともに、ある!w
 …まあこの「PSO2ファッションカタログ」のシリーズで、女子を優先して取り上げてるの、男子目線なのは、明らかですがw。これを問い詰められても、「レディファーストですよ」って逃げるに、違いないw。
 おおっとPSO2を、語り過ぎたw。

 要するに何が言いたいか。私は今まで、冒険し、バトルをこなし、ストーリーを進めるのが、ネトゲのメインコンテンツと、見做していた。しかしPSO2始め、ネトゲのファッションカタログを読み漁って、そうではないと気づいた。それらだけが、ネトゲの肝ではないと。
 PSO2の酒井P、「ゲーム自体と、キャラの見た目が、等価な作品だ」と定義してる。嘘ではないの、読むとわかる。スクエニはそこまで、徹底してない。スクエニのネトゲは、強くなるとコスチュームの選択肢が増えるが、PSO2は、見た目と強さが、一切関係ない。
 …まあぶっちゃけ、リアルマネーがモノを言うw。恐らく課金要素の、最大のもの。スクエニにもそういう衣装は、あるが。セガと思想が、まるで違う。

 スクエニでモノを言うの、ギルやゴールド、クエストもそうだが、なにより「クラフト」が、肝心。ここでまた気づく。
 「ネトゲでは、『クラフト』と『ギャザリング』が、大変重要だ」
 わからない人が、多いと思う。クラフトとは、素材を掛け合わせ、武器や防具、道具を作る、「製作」。ギャザリングとは、カードゲームの話じゃなく、平原や洞窟、海の中から、木材や鉱石、肉や魚を調達する、「採集」。それらが、職業やスキルとして、システムにある。
 FF14の吉田Pが上手いこと言ってて、「採集は第一次産業、製作は第二次。戦闘は第三次産業。一次から二次、三次へ物が渡り、そしてお金が逆に流れる。これで『経済』が成り立つのが、ネトゲだ」(意訳しました)
 そう、ネトゲとは、ゲーム内で「経済」が成立している。前から、「ネトゲのプロデューサーやディレクターは、絶対経済学の本を読んで、勉強している」と、踏んでいた。それがまた、裏付けられた。ファッションに興味を持って、ようやく肌で経済を感じたのだ。
 …ん?これって「現実」と、ほとんど同じなのでは?

 そう、今回は「衣」の視点から気づき、それを語ったが、ネトゲでは、「食住」も、生命線と言える、とっても重要なファクター。当然それらも、「ギャザラー」が素材を収穫し、「クラフター」が、それらでせっせと作って、生まれるのである。そしてそれは、我々が生きる現実、そのもの。
 少し話がずれるが、私は自分が、自己顕示欲が強い人間なの、よくわかっている。欲深だと思う。しかし今回、不思議に思った。「なぜ私は、見た目を見せびらかすのに、こだわらないのか」。PSO2のおかげで、それに気づいた。
 実はPSO1は、衣装にそれほど、こだわってないゲームだった。食住の要素は、ない。ただし「見た目と強さが関係ない」は、確立されてた。
 そしてFF11が、「ゲームで衣装にこだわる」を日本でやった、最初のゲームの1つと思う。食住にもこだわりまくった、スクエニネトゲのベース中のベース。ドラクエ10もFF14も、FF11がなければ、なかった。
 また私は割と、フィクションのリアリティにこだわる消費者。なにもかもリアルであれ、ではなく、「ここで思いっ切り嘘をつくなら、ここでは本当のこと、言ってほしい」主義。そしてネトゲとは、私のそういう欲求に、応えてくれるゲームジャンル。だから私は、ネトゲが大好きだ。それが改めて、わかった。

 語れることまだまだいくらでもあるけど、ここまでにしとくw。いつも取り留めなくて済みませんw。あと今回も、加筆はすると、思いますw。

 さて大分かかったがw、ネトゲネタその2。「元祖ネトゲ」フランチャイズの、最新作。日本語版!(非常に重要なコト)
 「ディアブロ3」。「ファイナルファンタジー ロスト・ストレンジャー」の5巻も、ついでに。ディアブロ3公式サイト
20200112_085156497_ios_20200114105301
 ディアブロこそ、世界で初めて商業ベースで成り立った、オンラインゲーム。一応言いますが、右のゲーム。
 左のは、同じ日にゾンアマ(「うまるちゃん」、大好きw)から届いたFFマンガ、「FFLS」。FFファンでも、これをちゃんと買って読んでる人、コアだと思うw。面白いけど、ドラクエのマンガに比べると、見劣りするのは否めません。ここに載せるのも、正直「ついで」です(^^;)。水瀬先生、亀屋先生、すみませんm(__)m。
 (C)2020 Hazuki Minase (C)2020 Itsuki Kameya (C)2020 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Riserved.
 (C)2014 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Diablo, Reaper of Souls, Ultimate Evil Edition, Blizzard, and Blizzard Entertainment are trademarks or registered trademarks of Blizzard Entertainment, Inc., in the U.S. and/or other countries. All other trademarks referenced herein are the properties of their respective owners.(コピペ使わざるを、得んかったw。アメリカって国はw)

 実はまだ、1回しかプレイしてないw。シリーズ作は、カプコンから出た、ディアブロ2の日本語版をやっていたが、今のPCと相性が悪く、プレイを諦めた。で、ディアブロ3に興味を、持っていた。で、こないだ、よせばいいのにw、思いついて検索したら…。
 「え、ええっ!?3の日本語版って、PS3とPS4しかなくて、PCにはないの!?しかも、スクエニが出した日本語版、生産終了!?ぎゃー!在庫が、残り少ないー!今買わないと、後悔するー!ポチッとなー!」
 我ながら、チョ、チョロすぎる…w。
 このせいで、1月に買うつもりだった、VRゲーム3本、来月にして諦めた。どーしてくれる、スクエニとBlizzard。w。
 「中古を買えばいいのでは?」と思う皆さん、ネトゲとは、ソフトではなく、「プレイする権利」を買うと表現した方が適切、中古では、権利は発生しない。ネトゲの常識。覚えとくようにw。
 にしても、ディアブロの最新作を、ローカライズして、販売するとか、スクエニはすっかり、日本でネトゲの伝道師と、立派に相成りましたねえ…w。

 プレイした感想は、普通に「ディアブロ」です。まだホンの出だしなので、あまり語れない。しかし言えることとして、
 「ファンタジーの本場は、1にイギリス、2にアメリカ。日本は、正統派のファンタジーとは、言えない。特にゲームは、アメリカ」
 ファンタジー観は、人によって違いますが、私はバタ臭いゲーム、意外と遊んでるので、ファンタジーゲームの本場はアメリカって感性と価値観、育ってる。すべそれで知ったMTGが、アメリカのゲームなのも、それを補強しました。遊戯王なんて、目じゃないんだなとw。
 あとついでに言うなら、マンガ、アニメ、ゲーム、ラノベなどの、サブカルチャーの元祖も、アメリカと考えてます。「ウォルト・ディズニー」がいなかったら、なにも生まれていなかった。

 とにかくグロくて、血生臭い作風。イギリスは「指輪物語」、日本は「グイン・サーガ」が、ヒロイック・ファンタジー作品のオリジンと言えて、アメリカは「英雄コナン」。実はコナンを、ちゃんと読んだことはおろか、映像作品を見たことない。にわかw。シュワちゃんの映画くらい、見たいんですが。情報がなかなか…(-_-;)。未来少年や名探偵を、見てる場合じゃないんだよなあ…(追記・TV放送を前提とした話をしてると、気づいてなかったw。レンタルはもちろん、動画を見る習慣、あまりない。VR動画は大好物だがw。テレビも、捨てたもんじゃないよ。録画勢だけどw)。
 コナンのライバルとされる、「エルリック・サーガ」は読んだけど、あれはイギリス作品。だからアメリカの古典ファンタジーは…。おおっと脱線失礼w。
 そゆわけで、日本製のネトゲとは、価値観、感性、まるで違う。「悪魔」や「死者」への考え方も。多分聖書が、バックボーンになってる。だからデスペナルティのキツさは、日本製とは比較にならない。1度でも死ねば、キャラがロストするモードすらある。緊張感が、全然違う。これでも昔よりは、大分ヌルくなった。
 そもそもドラクエがデスペナをあり得ないほど軽くしたのが、JRPGが隆盛した理由の根源なんだけど、それで失われたものも、実は多い。

 おおっと(よく使うこれ、「ウィザードリィ」リスペクトw)、そろそろ限界。日本のみんな!ネトゲやって、下さいね!w

| | コメント (1)

2018年9月26日 (水曜日)

「星界の戦旗6 帝国の雷鳴」感想(ネタバレ)。熟年夫婦レベルの愛を育んでたラフィール殿下とジント!そして2人が与り知らぬところでドゥヒールの苦労w

 エントリの題からしてなかなかのネタバレですがw、星界シリーズ5年ぶりの新作です。これを「割と早かったな」思てしまった私はよく調教されたファンw(4から5は9年待ちましたから)。戦旗5感想公式サイト「星界の紋章」のコミカライズもよろしく!キャラを語るスタイルで(人名が長い作品なので大変だw)。

続きを読む "「星界の戦旗6 帝国の雷鳴」感想(ネタバレ)。熟年夫婦レベルの愛を育んでたラフィール殿下とジント!そして2人が与り知らぬところでドゥヒールの苦労w"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日曜日)

「ダンゲロス1969」1巻感想(ネタバレ)。…こらぁ!架神ぃ!横田ぁ!また感想に困るマンガ描くなや!w

 面白いマンガでした。いちいち伏せ字を入れなければ私のプライドが傷つくw。でもなんとか書きます。作風が作風なので、あまり愛は込められませんがw。

続きを読む "「ダンゲロス1969」1巻感想(ネタバレ)。…こらぁ!架神ぃ!横田ぁ!また感想に困るマンガ描くなや!w"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土曜日)

マンガ版「戦闘破壊学園ダンゲロス」全8巻、感想(ネタバレ)。こらぁ!横田ぁ!書けない内容多すぎるわ!w

 衝撃作でしたが、横田先生の知らなかった一面が拝め、読んでよかったと思えたマンガです。原作公式サイトマンガ版公式サイト横田先生公式サイト横田公式ツイッター

 追記・原作者の架神恭介先生、取り上げなくてすみません!マンガ版は横田卓馬作品という印象が強かったので、あえて架神先生の名を挙げませんでしたが、ツイッターで取り上げて下さった以上、紹介します。架神先生公式サイト架神先生ツイッター

続きを読む "マンガ版「戦闘破壊学園ダンゲロス」全8巻、感想(ネタバレ)。こらぁ!横田ぁ!書けない内容多すぎるわ!w"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火曜日)

年を取るごとにこだわりがなくなり、寛容になる(私だけか?人によるな)

 昔、評論家の呉智英(くれともふさ、あるいは、ごちえい)氏の本を愛読してたのですが、彼から学んだことに「言葉を大切に」があります。
 呉氏の場合、若者の言葉が乱れてるのがけしからんと言うより、偉そうな学者や大新聞、政治家が語るに落ちる言葉の勘違いをしてるのをあげつらって攻撃してました。特に嫌ったのは自分を本来よりカッコよく、正しく見せようとの意図がある誤用で、「すべからく」がまさにいい例。そういう卑しい間違いを嫌う人です。

 さて私の大好きなゲーム業界を見ると、これは相当言葉遣いがおかし過ぎる世界(笑)、神様ではないのに「クリエイター」、目次でもないのに「コンテンツ」。「IP」って「シリーズ」と言えば済むんじゃね?とか、任天堂の岩田前社長は「ハードルが高い」を「敷居が高い」と勘違いしてた始末。
 呉氏の教えもあってゲーム業界のそういうところを嫌っていて、かたくなに「クリエイター」を使ってなかった私ですが…。あら、今では平気で使っている(笑)。

 なんでなのか理屈で説明出来んのですが、記事のタイトル通り、トシ食うとこだわりがなくなるもんかも…と言いたいのですけど、私に知の何たるかを吹き込んだ呉氏はこだわりが増して今ではかなりの偏屈になってます(笑)。
 私の方は心境が「どーでもいいや!」となってしまって「コンテンツ」「クリエイター」は平気で使ってます。「IP」はまだ使いたくない。
 そう言えば好きなマンガの「じゃリン子チエ」に「わからん言葉つこてる時はだまそとしてる時やぞ」という名言がありまして、それも言葉へのこだわりを強くしてた一因ですが、私、もしかしたら、「だまされても構わないんじゃね?」と思い始めたのかもしれません(笑)。

 一応、エントリの趣旨上草を生やさないように気をつけました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水曜日)

不眠症ですが、それに乗じて(グイン・サーガのネタバレあり)

 グイン・サーガ続編をついに読み始めました。

 まずは外伝23「星降る草原」から。著者は久美沙織さんです(続編グインには作者が何人もいて、久美先生はその一人)。読む前はスカールが主人公かと思ってましたが、どうやらスカール誕生秘話ですね。100頁ほど読みました。
 久美先生はゲーマー読者として「小説ドラクエ」「MOTHER」ノベライズの印象が強いですが、やはりその頃の雰囲気あって、栗本大先生との違和感は否めません。しかし充分面白い小説になってます。続編だからって栗本さんのコピーでは駄目なので、これはこれでいい。

 あと正編136「イリスの炎」買ったのですが、拾い読みしたらまたとんでもない展開で…。ネタバレなので続きを読むで。

 追記・グインやFF11のおかげでファンタジーへの興味(情熱?)が少し蘇ってるかも。奇想天外で幻想的な美しい風景を表現出来てこそのファンタジーなのだよ!

続きを読む "不眠症ですが、それに乗じて(グイン・サーガのネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水曜日)

テラバトルのアイテムコード目当てに

 ファミ通AppとVジャンプ買ってしまいました(坂口さんに魂売ってます)。
 で、ただそれだけではつまらないので一応読む。

 ファミ通Appは…自分が如何にスマゲに疎いか思い知りました(とっくにわかってましたが)。私がプレイするなら、スクエニものとセガゲになるだろう(すでにいくつか落としてはいる)。

 Vジャンプ…思ったより楽しめました。TDQですぎやま先生のお話が聞けたし(ドラクエの紹介はしっかりしてるな…)、DB復活のFとDQ10のマンガよかったし、石塚さんとえのきどさんの連載はやはり面白い。TBの記事も役に立つ。DQ10とDQ無双のアイテムコードも付いてるし、これは当たりでした。

 あと、DQ6のオケサントラとグルグル2の既刊3巻をポチりました。あさってが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水曜日)

電撃App美少女キャラ総選挙

 なるムックを買ってしまいました…(こちら)。

 理由は、信じてくんなくてもいいですが、テラバトルのDLCが付録にあったからと、TBのアマゾンたんが総選挙にエントリーしてて、17位に入ったから。17位はちと微妙ですが、並み居る萌えキャラの皆さんが51人いる中から選ばれたのは大健闘かと。

 「かわいいおにゃのこに見惚れるのは男の性!」と自分に言いきかせて、他のキャラも見ましたが…。うーん、どれもこれもそれほどフックしない…クロエ・ルメールはちょっとキますが。
 キャラというモノは見た目や台詞だけで出来てるのではなく、バックボーンがあってこそなので、それを理解できないと萌えようがないんだお。そしてゲーキャラの背骨を知るにはプレイをするのが一番で、そうでなければ予備知識をかなり仕入れないといけないわけで。
 この本はそれを仕入れるための本だろうって?しかし51人分の記事を読む根性が今の俺にはない…(汗)。ランキング上位キャラの記事だけ読むのもなんだかなだし。

 アマゾンたんの記事が読めたので、これでいいのだ!(まさかのバカボンパパオチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日曜日)

【近況】久々の電プレ

 電撃プレイステーションを買いました。目当てはテラバトルのDLCですが、数年ぶりに読むとなかなか面白い。
 ただ、私には記事にも読者投稿にもおふざけが少なすぎるのが普段買わない理由。「そこがいいのだ」と以前言われましたけど。
 特にここがよかったのは、「一番『コイツ悪だな』と思ったキャラクター」アンケート。5位までの結果を言うと、

 1位・「幻水2」のルカ・ブライト
 2位・「FF6」のケフカ 3位・「TOD2」のバルバトス・ゲーティア
 4位・「バイオ」シリーズのアルバート・ウェスカー 5位・「ダンロン」シリーズのモノクマ

 ケフカはFF6を最初に出したハードがPSなら1位になったと思う。それほど極悪。バルバトスってそこまでワルだったか。モノクマも悪そのものですなー。
 圏外に「FFT」のアルガスが入ってたのに吹いた。コイツを仲間にしてなければラムザとディリータが仲違いしなくて済んだのにwww。本来2位の「ネタバレが過ぎるので載せられなかったキャラ」が気になる(PSオンリーだからブレデフォのあれではない)。
 「『悪役』には大体3パターンがいるよね。悪なりの正義を持つのと、破壊と無を望むのと、快楽で殺人とかするのと」
 悪なりの正義がテーマのタクティクスオウガという傑作もあるけど、カタルシスがほしいなら快楽型の絶対悪をぶちのめすのがスカッとします。FFは世界を支配したいヤツと無にしたいヤツと、ラスボスに2派閥があります。

 ポリタンのマンガも面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火曜日)

【近況】グインサーガ続編は(135巻のネタバレ)(これから近況はエントリに書きます)

 激動の展開になってそうです。

続きを読む "【近況】グインサーガ続編は(135巻のネタバレ)(これから近況はエントリに書きます)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)